情報セキュリティスペシャリストとは?試験概要と対策方法のまとめ

「情報セキュリティスペシャリスト」という資格については、聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。しかしそれがどういう資格なのかきちんと説明できる人は少ないのではないかと思います。今回は、「情報セキュリティスペシャリスト」とは何か、また試験概要と対策についてまとめました。

情報セキュリティスペシャリストとは

サイバーセキュリティ対策の専門家

情報セキュリティスペシャリストは、最新のセキュリティに関する知識・技能を備えた、高度かつ実践的人材に関する国家資格です。試験の対象者には、情報セキュリティの専門家としての知識と技術が問われます。暗号化技術、サイバー攻撃への対策など情報セキュリティに関する一般知識に加え、セキュアプログラミングやネットワークなどの要素技術も問われます。

現在は廃止されている?

「情報処理安全確保支援士」になった

この情報セキュリティスペシャリストの資格は、2016年10月21日に実施された情報処理技術者試験規則改正によって廃止されました。現在は「情報処理安全確保支援士」という資格があり、これが情報セキュリティスペシャリストをベースとしたものになっています。

情報処理安全確保支援士は情報セキュリティスペシャリストからほとんど変更のない移行であるため、ITSS(ITスキル標準)も同じくレベル4です。国内のセキュリティに関連する試験の中では最難関とされています。

資格取得のメリット

資格名称が使用できる

現代社会ではコンピューターの普及に伴い便利になった反面、サイバー攻撃などの問題が絶えず発生しています。そのため、今後もセキュリティへの需要は高まっていくと予測されています。企業にとっても「セキュリティ=信用」の時代になってきているため「情報処理安全確保支援士」の肩書があるだけで、多くのIT企業において優遇されると考えられます。

高度な知識やスキルが証明できる

「情報処理安全確保支援士」は国家資格であり、これを保有しているということは、高度な知識とスキルを持っていることの証明となります。コンピューターセキュリティについては一般企業だけでなく国や地方公共団体などでも需要が高まり、資格の認知度もより上がっていくと予測されます。自分の能力を適切に伝えるための有効な手段となるでしょう。

最新知識やスキルが身につく

IT業界は変化の速い業界です。数年前に主流だった知識や考え方が、現在はあまり通用しない、ということもよくあります。そのため、「情報処理安全確保支援士」の資格保有者は資格を取得して終わりではなく、講習受講の義務があります。定期的に講習を受講することで、最新の知識・スキルを身につけて活かすことができるのです。

情報処理安全確保支援士試験の概要

受験の流れ

受験を希望する場合は、「IPA 情報処理推進機構」ホームページよりインターネット経由で申し込みができます。(願書を郵送するなどの方法もあります)受験資格や年齢制限もありません。ただし、受験日程によって申込期間が決まっていますので、申し込みの際にはご注意ください。受験票は試験月の初め頃に発送されます。

受験料は5,700円です。振り込み手数料、郵送料は各自負担となります。合格発表については、春期は6月の下旬、秋期は12月下旬となっており、試験日の約2ヶ月後です。発表当日の正午に「IPA 情報処理推進機構」ホームページ上で公開されます。

試験日程

試験は1年を通して2回開催されます。例年、4月の第3日曜日と10月の第3日曜日に試験が行われます。自分の予定や学習のペースに合わせて、どちらを受験するか考えましょう。仮に合格できなかった場合も、次の試験日までは6ヶ月もありますので、それに備えて学習しなおすこともできます。気を落とさずに次のステップへと繋げていきましょう。

難易度

国内の情報セキュリティ関連資格の中では最難関とされています。合格率は13~15%程度のため、7人中1人が合格するという計算になります。数回の受験を経て合格する方も珍しくありません。

しかし情報処理技術者試験の9つある高度区分の中では最も合格しやすいと言われています。
試験が年2回開催されていることも大きな理由ですが、午後試験は読解力次第で正しい解答を導き出せることがあるという理由もあります。しっかりと勉強すれば、合格も夢ではありません。

受験勉強の方法

応用情報技術者試験の知識は必要

情報処理安全確保支援士の試験を受ける際の前提として、応用情報技術者試験合格レベルの知識は必要です。この資格を保有していない方はまずここから始めましょう。一見すると遠回りに見えるかもしれませんが、情報処理技術者試験はすべて少なからず関連していますので、すべての学習が活かされます。焦らず、着実に学習しましょう。

必要なグッズを集める

合格したい、という気持ちだけでは、実現できずに終わってしまいます。合格に向けて必要なものを準備しましょう。何よりもまずは学習するための参考書が必要です。また、実践に慣れるために過去問題集もあるとよいでしょう。インターネット上にも問題や解答、解説を載せているサイトがありますので、参考にしてみてください。

現状のレベルをチェック

学習のための準備ができたら、まずは実際に過去問を解いて現在の自分の実力を把握しましょう。はじめに実力を知ることで、今後の学習の計画が立てやすくなります。たとえば、あまり問題が解けず理解が足りない部分は時間数を多めに学習する、はじめから合格点に達するほど解けている部分は学習量を軽くするなど、自分に合わせて調整していきましょう。

参考書を使って勉強

実際に過去問を解いてみた結果、得点率が7割以下だった分野は、理解が足りていない分野です。参考書を使って基礎から学習しましょう。自分ではわかっていると思っても、意外とわかっていないものです。また7割以上の得点だったとしても、もし不安があるようであれば、その不安を解消するためにも参考書を通して学習しなおすことも有効です。

過去問を使って勉強

過去問を解いた際の得点率が7割以上の場合は、前述したとおり参考書を使って学習しなおすことも悪くありません。しかし時間が限られている場合は、過去問演習をメインとして欠けている内容を復習していく方法を取るのが良いでしょう。そうすることで効率良く学習でき、限られた時間の中で着実に得点を伸ばすことができます。

まとめ

「情報セキュリティスペシャリスト」に代わる「情報処理安全確保支援士」の資格について、ご理解いただけましたでしょうか。資格の取得を目指すのであれば、必要な材料をそろえ、効率よく学習していくことが重要です。この記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る