コンテクスト(コンテキスト)とは?意味やテクストとの違い等を解説

コンテクスト(コンテキスト)という言葉をご存知でしょうか?概念的な意味を持ち、ビジネスシーンやIT用語としても使用されることの多い言葉です。この記事では、コンテクストについて、そしてその関連用語等をご紹介します。

コンテクストとは?

英語表記にすると「context」

コンテクストを英語表記すると「context」になり、文脈や前後関係、事情といった意味になります。概念としては、何かしらのものや実体を指す言葉ではなく、前後関係から意味を読み取ることや、状況・環境に依存して意味をなすようなものと言えるでしょう。

コンテキストと読む場合もある

contextをコンテキストと読む場合もありますが、意味はほとんど同じものです。細かな違いを挙げるとすれば、テキストが文章等の文字情報そのものを指すことに対し、テクストは文章の特性等、より大まかな意味を指す言葉といったところでしょう。

コンテクスト(コンテキスト)の意味

意味は文脈、又は前後関係、状況

コンテクスト(コンテキスト)の意味は文脈、前後関係、状況といったものになります。何か特定のものを指すわけではなく、脈絡や背景情報といった曖昧なものを意味する言葉であり、「空気を読む」という時の「空気」に該当する言葉とも言えるでしょう。

ビジネスやit用語では関連データ

コンテクストという言葉がビジネスシーン、若しくはIT用語として使われる場合は、主に関連するデータという意味になります。こちらでも特定のデータではなく、それに関連するデータという意味になり、主体に対してその周辺情報全般を指しているのが特徴です。

コンテクストはテクストと何が違う?

「文脈」と「文章」という意味の違い

コンテクスト(コンテキスト)は文脈、テクスト(テキスト)は文章そのものを意味する言葉です。ある特定のテクストが存在し、その周辺の情報がコンテクストと言っても差し支えないかもしれません。例えば、会話の際に「明日は晴れるでしょうか?」という言葉が発された場合、それ自体がテクスト、その言葉が発された背景事情等がコンテクストという概念になるでしょう。

it用語では関連データと文字データ

IT用語としてのコンテクスト(コンテキスト)は関連データ、テクスト(テキスト)は文字データという意味になります。主にプログラミング用語として使われる場合が多く、その際はコンテクストではなく、コンテキストと表記される場合が多いのが特徴です。

コンテクスト(テキスト)がつく言葉

社会的コンテキスト

社会的コンテクスト(コンテキスト)とは、社会において他人の言動や考えをしっかりと理解し、同時に自分の考えや意思をしっかりと相手に納得させられることです。コミュニケーション能力と似たものがありますが、社会的コンテクストは何かの能力そのものというよりは、概念に近いイメージがあります。

ハイコンテクスト、ローコンテクスト

コンテクストという言葉がつく用語には、ハイコンテクストやローコンテクストといったものが存在します。ハイコンテクストというのは相互に大きな共通理解がある状態のことであり、ローコンテクストは共通理解がないため全てを具体的に表現しなければならない状態です。

ハイコンテクストな文化であれば空気を読んだコミュニケーションが大切であり、逆にローコンテクストな文化であればコミュニケーションは全て言葉で行われるでしょう。ハイコンテクストやローコンテクストは、高コンテクスト、低コンテクストのような表記がされる場合もあります。

コンテクストマーケティング

コンテクストマーケティングとは、消費者目線に立ってその背景事情や心情等のパーソナリティに即したマーケティングを行うことです。誰もかれもに同じマーケティング手法を用いるわけではなく、適切なものを適切なタイミングで提示することにより、購買意欲を高めようといった手法です。

コンテクストメニュー

コンテクストメニューとは、MacOS8から搭載された機能のことです。controlキーを押しながら対象のファイルをクリックすることでメニューを表示させることができ、そこからファイルの操作を行うことができるでしょう。なお、コンテクストメニューはコンテキストメニューと表記されることもあります。

コンテクストコミュニケーションの例

ハイコンテクストの例

ハイコンテクストなコミュニケーションは互いにある程度の共通理解がある上で行われるコミュニケーションです。そのため、言葉だけを見ると意味が通じていない場合もありますが、当人同士ではしっかりと意思疎通ができているのが特徴です。

例としては、「明日何か予定ある?」「特にないよ、じゃあ◯時にいつものとこで」のようなものが挙げられるでしょう。予定があるか?と聞いただけなのに対し、その意図を察知して日時と待ち合わせ場所まで提案している点がハイコンテクストと言えます。また、ハイコンテクストは「ハイコン」と略される場合もあります。

ローコンテクストの例

対して、ローコンテクストは互いの共通理解が乏しいため、なるべく全てを言葉で表現しなければならないコミュニケーションです。例としては、「はぁ、仕事終わらないなぁ」「大変そうですね、それじゃお先に」のようなものが挙げられるでしょう。

仕事が終わらずに手伝ってほしいというニュアンスを匂わせているにも関わらず、それを鑑みることなく先に帰るという点がローコンテクストと言えます。また、ローコンテクストは「ローコン」と略される場合もあります。

まとめ

コンテクストという言葉、そしてハイコンテクストとローコンテクスト等について解説させて頂きました。一般的に日本社会のようなほぼ単一民族で構成されている社会はハイコンテクスト、そうでない国はローコンテクストと言われています。もし将来海外で働くようなことがあれば、その違いを理解しておくことが求められるでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る