インフラエンジニアの将来とは?クラウド時代到来による需要を解説

技術が発展し、クラウドサービスが普及してきたことにより、インフラまわりの業務に変化が生じています。今後のインフラエンジニアにはどのような知識やスキルが必要になるのでしょうか。本記事では、インフラエンジニアの需要や将来性、身につけておくと良いスキルなどをご紹介します。

クラウド時代による環境の変化とは?

従来までは物理環境が重要だった

これまでのインフラエンジニアは、企業が自前で購入したサーバーが設置されている現場で物理環境の構築や運営、保守をしていました。サーバーの保守管理はソフトウェアの知識もハードウェアの知識も必要とされる専門性の高い仕事で、維持費や人件費もかさみます。また、ハードウェアに故障などの問題が発生すれば直ちに対応する必要もあり、24時間即対応が求められるハードな仕事だったのです。

クラウドエンジニアに移行している

クラウドサービスという概念が広まっている中で、インフラ環境がクラウド化され、簡単にサーバーの構築や運用が行えるようになってきました。比較的低コストでもあるクラウドサービスは、大企業から零細企業に至るまで様々な業種で利用されています。クラウド化の進行に伴い、従来のサーバー運用も変容し、インフラエンジニアに求められるスキルも大きく変化していると言えるでしょう。

クラウド分野でキャリアアップ

物理サーバーを管理していた従来のインフラエンジニアにはハードウェアの知識が求められていましたが、クラウドサービスにおいてはハードウェアの管理をする必要がなくなりました。その代わりに、ソフトウェアを駆使したサーバーの設定や最適化がインフラエンジニアの役割とされることが多くなると考えられます。併せて、クラウドを活用してビジネスやサービスを最適化するスキルも重要視されるでしょう。

インフラエンジニアはもういらない?

インフラエンジニアは必要

クラウドに代替される部分があるのは事実ですが、全てのシステムがクラウド化されるわけではありません。物理サーバーを扱う機会が減っても、CPUやメモリなどに関するハードウェアの知識やOSやミドルウェアをセットアップするスキルが必要になることはあるのです。クラウド化が進んでいく中でも、これまでのインフラエンジニアの知識やスキルが生きる場面は多くあります。

クラウド化しても物理環境は重要

クラウドサーバーは「物理的な実態のないサーバー」と説明されることがありますが、実際には物理サーバーが存在します。複数のサーバーを1代にまとめて仮想的に一つのサーバーを作り出したものがクラウドサーバーです。従って、クラウド化と言えども、サーバーを構成しているのは1台1台の物理サーバーであるため、物理層の知識やスキルは不要にはなりません。

ネットワークエンジニアも同じ

クラウドサービスの普及によって、ネットワークエンジニアの環境も、インフラエンジニアと同様に変化しています。クラウド化によってネットワークのインフラ部分が外部に移行することで、それまでネットワークエンジニアが担当していた設置、管理、運用といった作業は少なくなります。ネットワークエンジニアにも、クラウドの本質を理解したネットワークの運用や構築ができるスキルや知識が求められるようになっているのです。

インフラエンジニアの将来性は?

スキルアップすれば需要はある

クラウド化が進んでサーバー管理の形態が変化しつつある中で、従来のスキルや知識だけでは、インフラエンジニアとして働くには心許ないかもしれません。これからのインフラエンジニアには、従来の知識や経験に加えて、クラウドの仕組みを理解して十分に活用できるような知識やスキルが求められます。また、クラウド化だけでなくその他の最新の技術にも常に目を向けておくと良いでしょう。

転職で年収アップも可能

今の職業よりも高い収入を望むのであれば、自分に足りていない知識やスキルを学んで転職をすることも一つの選択肢です。従来のサーバー運用にも、クラウドを活用したサーバー運用にも、どちらにもマルチに対応できる高いスキルを持ったインフラエンジニアはまだ少ないのが現状です。インフラエンジニアとして転職するのであれば、今後のインフラ業務に対応できる新しい技術をしっかり身に付けることで、人材としての価値を高めることができます。

技術者は不足している

IT技術の進歩に伴って、エンジニアに求められる技術も多種多様に変化しています。業種や業務によって様々な技術が必要とされており、その需要に対して対応できるエンジニアの供給が少ないのが、技術者が不足していると言われる要因の一つです。

また、1995年以降にインターネットが爆発的に普及し、ITエンジニアも増えましたが、当時のエンジニア達が定年を迎えつつあります。IT技術の発展の前線で働いてきた多くのエンジニア達の退職に伴い、エンジニア自体の数が企業側の需要に追いついていないのが現状です。

プログラミングスキルは重要?

プログラミングはできた方が良い

クラウド化によって、プログラマーがインフラ領域の管理まで担うようになってきています。そのため、市場価値を上昇させるにはインフラエンジニアもプログラミングを身につけておく必要があります。

また、インフラがソフトウェア化され、ネットワークやサーバーをプログラムで操作することが可能になりました。プログラミングでインフラを操作することで、生産性の向上や操作ミスの削減にもつながります。

言語に迷ったらJavaがおすすめ

Javaはオブジェクト指向言語の中でも基本的なものであり、汎用的な言語の知識も身につき、他の言語の学習にも応用しやすい言語です。Webシステムや制御系システム、スマホアプリなど様々なシステムを制作することができます。また、業務としてもJavaの経験のあるエンジニアは歓迎されやすく、転職の際にも有効なスキルになります。

まとめ

クラウド化によってインフラエンジニアの需要がなくなる、ということはありませんが、従来の知識やスキルだけではインフラ業務に対応することが難しくなる場面が出てきます。インフラエンジニアとしてキャリアを積んでいくのであれば、クラウドサービスなどの技術の発展に合わせたスキルアップが必要になるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る