フリーランスで年収は上がる?稼ぎやすい人気職種や注意点を解説

フリーランスとは、特定の企業や組織に所属しておらず、自分自身のスキルを提供することにより対価を得る、社会的に独立した個人事業主、あるいは個人企業法人のことです。日本では、「自由業」とも呼ばれています。フリーランスに人気のある職種にはどのようなものがあるのか、職種別の年収も含めて、解説します。

フリーランスは稼げるのか?

職種によって単価や稼げる金額が違う

フリーランスの人はどのような職種に就いているのでしょうか。例えば、ライティングを職業にしているフリーランスは多くいます。ウェブでのライティングの仕事も増えており、ライターになること自体はそんなに難しくありません。

しかし、単価の幅は広く、ライティングだけで生活ができるようになるには、仕事を選ぶ必要があります。また、簡単なプログラムやサイトの全てを作成するようなエンジニアの仕事もフリーランスには向いていると言えます。サイトの全てを作り上げるような仕事の単価は、一部のプログラムを設計する仕事よりも高額な場合が多いです。

コピーライターの仕事をしているフリーランスもいます。案件によって報酬の幅は広いですが、コンペ形式の仕事もあり、採用されないと収入にならない場合もあります。安定して仕事を得るのは簡単ではありません。

本人の経験値やスキルによる

フリーランスの仕事は、本人のそれまでの経験やスキルによって、採用の有無や単価の水準に影響があります。もし、フリーランスへの転職を考えているのであれば、転職前の副業で自分のスキルではどのくらい稼ぐことが可能なのかを確認しておくこが重要かもしれません。そして、副業の段階で稼ぐ目処が立つのあれば、フリーランスへの転進を進めてみましょう。

やればやるだけ稼げる

フリーランスの良いところは、仕事をやればやっただけ稼ぐことが可能なところです。自分の得意なスキルを活用して、現在の会社では生かせない能力を利用して稼ぐことには大きなやりがいを感じることができるでしょう。会社という支えがなくなることに不安を感じるかもしれませんが、フリーランスとして想定できる収入の目安を持つことで、安心度は高まります。

フリーランスで稼ぎやすい職種と年収

フリーエンジニアの売上平均

フリーランスのエンジニアの年収は、600万円から720万円くらいが相場です。エンジニアの場合は、使用できるコンピューター言語、クライアントあるいはプロジェクトの規模、などによって大きく収入が異なります。スキルの差も大きいので、フリーランスのエンジニア向けの登録業者を通じて、仕事を請け負うことからスタートすることが無難です。

フリープログラマーは600万前後

フリーランスのプログラマーの平均年収は600万円くらいです。専門的なプログラミングに特化しているプログラマーは年収は高くなる傾向があります。プログラマーもスキルの差が大きい職業なので、年収の幅も大きくなりがちです。

webエンジニアは500万以上も

webエンジニアの年収は500万円から700万円くらいです。さまざまなメディアが登場している中で、現在は十分なwebエンジニアの人数が確保できない状態です。したがって、フリーランスのwebエンジニアの年収は上昇傾向にあります。

制作デザイナーは400万以上も

制作デザイナーの平均年収は30~40代で300~400万円くらいとなっています。パーツではなく、全体の制作デザインをする仕事であれば報酬は高くなりますし、本人の経験やスキルに負う部分も大きいでしょう。

フリーで年収1,000万稼ぐ人の真実

年収1,000万の手取りは約670万

フリーランスで年収1,000万円稼ぐ人であっても、実際の手取り額は税金などにより少なくなってしまいます。仮に年収1,000万円の場合は所得税率が33%なので、手取り額は670万円です。さらに住民税や健康保険料など、必要経費もかかるため、手取り額はさらに少なくなります。

サラリーマンの場合は、基本的に会社が必要な経費を給料から差し引いてくれていたので、あまり自覚はしていなかったかもしれません。しかし、フリーランスになって年収が上がったように見えても、実質的な収入が下がってしまう場合もあるのです。

税率33%で300万以上になる

フリーランスは確定申告をしなければいけません。確定申告が白色か青色かで異なりますが、所得税や住民税などを合計すると、収入が1,000万円の場合でも手取り額は600~700万円くらいになります。納税の時に手元にお金がない、ということがないように、収入の中から納税額は除いて確保しておくようにしましょう。

フリーランスで稼ぐために必要なこと

経費を上手に使って確定申告

フリーランスは確定申告のときに、経費による損金算入を上手に利用することが重要です。フリーランスとして仕事をするために使用した交通費や書籍・セミナー代などは、経費として申告しましょう。納税額を少しでも抑えるためには重要なポイントです。

エージェントに登録しておく

フリーランスの場合は、継続して仕事を受注することが重要です。したがって、常に仕事の情報を得られる状態にあることが必要なので、フリーランスのためのエージェントに登録しておくようにしましょう。

勉強を続けてスキルアップする

常に自分の能力を上げておくことで、新たな案件への参画がかなうこともあります。フリーランスは自分自身でスキルを上げ続けておく努力が必要です。

確定申告などの経理計算をする

フリーランスになって一定の収入があると、税理士に確定申告を依頼する人もいますが、自分の経済状態を確認するためにも、最初の頃は自身で経理関係の計算をするようにしましょう。税理士に依頼すれば費用もかかりますので、コストセーブの観点からも、自分で申告書の作成をすることをすすめます。

まとめ

フリーランスは時間を自由に使えて、働いたら働いただけの収入を得ることが可能です。しかし、単価の高い案件を継続的に受注するには、自身のスキルを常に磨いておく必要があります。また、サラリーマンとは異なり、確定申告に向けた準備にも自ら対応する必要があります。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る