インフラエンジニアとは?役立つ資格や仕事内容、年収などを紹介!

インフラエンジニアとはIT業界の中でも縁の下の力持ち的な、目立たないけれど重要な役割を担っている職業のです。インフラエンジニアとはどのような仕事をしているのか、インフラエンジニアにはどのような種類があるのか、そしてインフラエンジニアの仕事に役立つ資格にはどのようなものがあるか、説明します。

インフラエンジニアって何?

「インフラ」という言葉の意味

インフラエンジニアのインフラとは正式にはインフラストラクチャーのことで、意味は「下部構造」です。上下水道や鉄道のことを社会インフラと言いますが、これは社会生活における基盤のことを指しています。

IT用語ではネットワークやサーバーなどのことを「インフラ」と呼んでいます。つまり、ITにおいて必要不可欠な基礎的な技術のことをITインフラとしているのです。 

「インフラエンジニア」について

インフラエンジニアとは、ITインフラの設計・構築や運用・保守を担当するエンジニアのことを指します。ITサービスはネットワークやサーバーがきちんと稼動しなければ利用することはできません。インフラエンジニアは24時間365日ITサービスを安定的に提供するために仕事を行っているのです。

インフラエンジニアの仕事

インフラエンジニアの仕事は大きく設計、構築、運用・保守に分かれます。インフラの設計では、システムを構築、運用するために必要なネットワークやコンピューターを選定します。クライアントの予算や想定利用者数、及びネットワークとサーバーの負荷を予想して、最適な構成を提案するのです。

したがって、機器類の性能や特性を十分に理解したうえで、費用対効果が優れている構成を提案することが可能なスキルと経験が必要な仕事です。次にインフラの構築ですが、これは現場で機器類の設置や接続、ネットワークの構築を行います。想定している負荷に耐えることが可能かどうかを検証するための負荷テストも実施します。

負荷テストの結果が芳しくなければ、原因を特定して問題点を解決します。インフラの運用・保守とは、システムが稼動している状況で問題が発生していないかどうかをチェックして、もし問題点があれば対応する仕事です。大型の案件では、この運用・保守が重要であり、常に監視業務を行っているインフラエンジニアもいます。

インフラエンジニアの種類

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、システムで利用されるサーバーの設計や運用、テストを実施することが主な仕事です。クライアントのニーズを充足するようなサーバーの選定や提案をします。そして、サーバーの設置作業、テストを行います。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、会社のパソコンやプリンター、FAXなどのネットワークを構築することが主な仕事です。一般家庭に比べて多くの人が利用する会社でのネットワーク構築は難易度も高く、豊富な経験や知識が求められます。仕事内容からサーバーエンジニアと兼任している人も多い職種です。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、適切に企業の情報を管理・運用することが主な仕事です。外部からのインターネット攻撃なども想定して、セキュリティの知識も必要とされます。

インフラ保守エンジニア

インフラ保守エンジニアは、システムが稼働して問題が発生したときに、その対応に当たるのが主な仕事です。対応には迅速性と正確性が求められます。

インフラ運用エンジニア

インフラ運用エンジニアは、稼働中のインフラを24時間監視することが主な業務です。簡単なトラブルであればインフラ運用エンジニアで対応することもありますが、難しいトラブルの場合はインフラ保守エンジニアに連絡をして対応してもらいます。

クラウドエンジニア

ITインフラがクラウド化していく中で需要が高まっているのがクラウドエンジニアです。コストや開発工数の削減効果が高いクラウドに詳しいエンジニアはますます必要となっていくでしょう。

おすすめの資格は?

サーバー系おすすめ資格

サーバー系おすすめ資格は、LPCI Level1とLevel 2です。非営利活動法人のLPI(Linux Professional Instutute)が提供しするLinux技術者の認定資格です。

ネットワーク系おすすめ資格

ネットワーク系おすすめ資格には、CCNAやCCNPがあります。どちらもCisco Systemsが提供している資格で、CCNPはCCNAの上位資格です。ネットワークに関する知識を保有していることの証明になります。

データベース系おすすめ資格

データベース系おすすめ資格は、Oracle Master BronzeやSilverです。Oracleが認定している資格で、Oracleのデータベース管理者としての能力を証明する資格です。なお。Oracle Master Silverは世界的に認められている資格となっています。

ITサービス/マネジメント系資格

ITサービス/マネジメント系資格には、ITIL v3 Foundationがあります。これはITサービスにおける適切なマネジメント能力を証明する資格です。

国家資格

国家資格としては、情報処理推進機構(IPA)が管理しているITパスポートや基本情報処理技術者といった資格があります。両者ともITの本質的な知識の習得が目的です。なお、基本情報処理技術者はITパスポートの上位資格となっています。

まとめ

インフラエンジニアの中にも様々な職種があり、それぞれの職種で業務内容が異なっています。対象となる案件の状況によっては、他のインフラエンジニアと協力して事案に対応することも必要です。また、インフラエンジニアには様々な資格が存在していますが、必要な資格を検討したうえで取得することをおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る