フリーランス(個人事業主)必見!見積書の書き方とテンプレート

見積書とは、仕事に必要な費用や費用の明細、条件などを記載した書類です。仕事の発注元との条件交渉などのベースになる大切なものでもあります。フリーランスにとっても、原則として、仕事を受注する際には必要な書類となるので、見積書の書き方などについて説明します。

フリーランスの見積書とは?

認識の相違によるトラブルを防ぐ

フリーランスは個人で仕事を請け負うケースが多いので、見積書を作成して、お互いの認識の齟齬をなくしておくことが必要です。見積書を作成していない場合に考えられるトラブルは、例えば、報酬金額に消費税を含むのかどうか、仕事の締切が今日を含めて何日後なのか、明日から何日後なのか、などが考えられます。見積書を作成すれば、認識が曖昧な部分について確認をすることが可能なので、トラブルを防止することができます。

情報の共有と発注を促す

見積書の段階では、お互いに内容を調整することが可能です。金額や納期はもちろんですが、使用ソフトの特定、画像の使用有無、図表の挿入などの細かい納品物に対する指定についてもお互いに交渉することができます。

つまり、記載している内容をお互いに納得するように更新できるところに見積書の利点があるのです。お互いに納得した見積書を基に仕事の発注・受注へと進みます。

請求書・納品書との違い

見積書と似ている書類に請求書と納品書があります。見積書は仕事の受注前に作成するものですが、請求書や納品書は仕事が完了してから作成する書類です。請求書とは、仕事が完了したことをうけて、仕事の受注者が発注者に対して発行するものです。

一般的に、請求書には受注者が行った仕事内容(請求書の明細)と請求金額を記載します。また、振込期限や振込先口座などの決済情報を記載しているケースも多いようです。納品書は、仕事が完了したら、成果物とともに発注者に送ることが一般的です。

ただし、納品した成果物に発注者が満足せず、やり直しになる場合もあり得ます。したがって、発注者が成果物を検収してから、請求書を作成することになります。そう考えると、見積書→納品書→請求書、という時系列での作成順序になることが通常です。

フリーランス向け見積書の書き方見本

基本的な見積書の項目

見積書には、宛先、通し番号、発行日、提出者、捺印、見積書の件名、有効期限、見積金額、見積内容の詳細、などが記載されます。見積書の管理をするためにも通し番号を振っておくことは重要です。また、見積書の有効期限を記載しておくことで、有効期限内での発注の有無を促す効果もあります。

見積書に印鑑や角印は必須ではない

見積書には社印などが押されていることが多いですが、必ずしも捺印が必要ではありません。ただし、相手先には丁寧な印象を与えることができるので、可能であれば捺印しておいた方が良いでしょう。

源泉徴収の対象となる仕事

フリーランスに対する報酬は全てが源泉徴収の対象になるわけではありません。所得税法の第204条1~8にフリーランスに支払う報酬で源泉徴収が必要な範囲が定められています。

例えば、Webデザイナーであれば、Webサイトのデザイン料は源泉徴収の対象ですが、Webの制作料は対象外です。同様に、グラフィックデザイナー、イラストレーター、エンジニア、ライター、カメラマンなどについても、原稿料やデザイン料、講演料は源泉徴収されます。

職種別!個人事業主の見積書ポイント

Webデザイナー

Webデザイナーが見積書を作成する場合には、最初の仕事に関するヒアリングの時に仕事範囲をお互いに明確にしておくことが大切です。また、クライアントに対して専門用語を極力使用することは避けて、どの部分に費用がかかるのかわかりやすい見積書を作成するように努めましょう。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーの場合は、デザイン制作費の明細も見積書に記載するようにしましょう。デザインの変更もしばしば発生すると思われますが、その度に別料金が発生する可能性があるのならば、その旨を記載しておきます。

イラストレーター

イラストレーターの見積書は、単品としての納品か、セットでいくらの納品か、で金額が異なる場合があるので、お互いに納品の条件をしっかり確認しましょう。

ライター

ライターの場合は、原稿料をどうやって決めるのかを見積書に記載することが重要です。文字数の他にも、挿入する図表作成費用やリライト費用に関しても記載しておいたほうが良い場合があります。

エンジニア

エンジニアの見積書は、案件のサイズに対応する必要工数の見積が鍵になります。前提条件が大きく変更になった場合には、変更条件に合わせた再見積が必要になることはしっかり記載しておきましょう。

フリーランスに役立つ!見積書テンプレートとは

「Misoca(みそか)」

Misoca(みそか)は見積書だけでなく、請求書や納品書なども簡単に作成できるテンプレートを提供しているサービスです。弥生会計とも連携しています。

「MFクラウド請求書」

MFクラウド請求書は、クラウドベースで見積書などを作成するサービスです。テンプレートも豊富に用意されており手軽に見積書を作成することができます。

「みつもらー」

みつもらーもクラウドベースで見積書を発行することができるサービスです。フリープランであれば無料で利用することが可能です。

「ツカエル見積・請求書オンライン」

ツカエル見積・請求書オンラインは、誰でも簡単に見積書を作成することができるサービスです。テンプレートのカスタマイズも可能となっています。

まとめ

フリーランスにとっては、見積書を作成することを面倒に感じるかもしれません。しかし、実際に仕事を進めていく中で発注者と認識の違いが表面化すると、仕事の継続そのものが難しくなってしまう場合もあり得ます。認識のすり合わせという観点でも見積書の作成は重要なのです。

関連記事

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る