メールは結びの挨拶まで気を抜かない!今すぐ使える類語・例文集

  • 2017-8-1

「終わり良ければすべて良し」という言葉があるように、ビジネスメールにおいても適切な結び文を使うことは気持ちの良いやりとりを行う上で重要なことの一つです。ここでは、ビジネスシーンで活用できる結びの挨拶について、シーン別に見ていきます。

結びの文でメール全体の印象が変わる

相手への配慮を表したり今後の取引をよりスムーズに行うための役割を担うビジネスメールの結びの文。普段はつい定型文に頼ってしまいがち、という方も多いことでしょう。結びの文なしのビジネスメールは不躾な印象を与えてしまうため、忘れずに最後に一文を加えることはマナーとしても知られていますが、数ある定型文を効果的に使い分けるのは意外と難しいもの。特にビジネスシーンでは、いつも同じフレーズばかりを使用している人も多い分、結びの文がきれいにまとまっている人のメールは印象に残りやすいというメリットもあります。そのため、メールの内容だけではなく相手との関係性、季節などを配慮した上での適切な結び文を使うことでメール全体の印象をよくすることができます。今まで特に意識せずに同じような定型文ばかりを使っていた方は、たかが結びの文、と軽視せず効果的に使い分けることを意識しましょう。

メールの結びのあいさつ文例

それでは実際によく使用される結びのあいさつ文を見ていきましょう。

一般的な結び文

こちらのフレーズをよく目にするという方も多いことでしょう。社内、社外問わず使用できる点からもビジネスメールでは頻出する結びの文です。ただし顧客や取引先とのやりとりの場合、より丁寧な表現を使った方が良いケースもあります。

何卒よろしくお願いいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

取引先や顧客とのメールの場合

つい多用してしまいがちな「よろしくお願いいたします。」のフレーズよりも少し丁寧さが印象に残るのがこれらの結びの文です。上顧客との取引の際にもよく使用されます。

今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
これからも変わらぬご厚誼を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
今後とも末永くお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

上司など目上の方へのメールの場合

普段支持や指導を仰ぐことの多い上司や目上の方とのやりとりの際には、以下の表現が役に立ちます。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
引き続きご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

季節に合わせた結びの文で差をつけろ

結びの文に季節感を持たせることで、相手に配慮していることをアピールすることも可能です。季節ごとにどのようなフレーズが使われるのかを見ていきましょう。

年度の変わり目につきお忙しいことと存じますが、お身体にお気をつけてお過ごしください。

今年は暑さの厳しい日が続いておりますが、どうかご自愛くださいませ。

季節の変わり目、お風邪など召されませんようお身体にお気をつけください。

寒さのいっそう厳しい折、お身体にお気をつけてお過ごしください。
年末でお忙しい時期かと存じますが、引き続きよろしくお願いいたします。

季節に合った一言が結びの文に使われていると、相手の心遣いが感じられるため印象に残りやすいものです。普段同じような結びの文ばかり使っている方は季節感を出してみるのもよいかもしれませんね。

メールの内容別に見る結びの文

次に、メールの内容に合わせた結びの文を見ていきましょう。内容に合わせた一文を結びに持ってくることで、その後のメールのやりとりを円滑に進める役割もあります。

返信不要の場合

ご返信は不要ですので、何かご不明点等ございましたらお知らせいただければ幸いです。

返信を要求する場合

ご多忙の折恐縮ではございますが、ご返信いただけますと幸いです。
お手数をおかけいたしますが、こちらの件につきまして○月○日までにご回答いただきますようお願い申し上げます。

依頼や問い合わせをする場合

それではご査収のほど、よろしくお願い申し上げます。
お手数ではございますが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。

謝罪する場合

ご理解の上、ご容赦いただきますようお願いいたします。
誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

急ぎの連絡をする場合

まずはご報告申し上げます。
まずはお礼申し上げます。

急ぎの連絡の場合、「取り急ぎ○○まで。」という表現を使ってしまいがちです。しかし、取引先や目上の方に対しては失礼にあたる場合がありますので上記のような表現の方がより丁寧です。

まとめ

さまざまな結びの文を例とともにご紹介しましたが、いかがでしたか。どうしてもワンパターンになりがちなビジネスメールですが、メール内容や相手に合わせたフレーズ選びをすることはとても大切です。今まであまり気にせずに結びの文を使っていたという方は、この機会に一度見直してみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る