ビジネスには独自ドメイン!信頼されるメールアドレスの決め方

みなさんはビジネスでどのようなメールアドレスをお使いですか?最近は個人事業主や業務委託で生活している人も増えてきていますが、独自ドメインかフリーメールのどちらをお使いでしょうか?個人事業主の方でも独自ドメインを使うと信頼性が高まり、業務アップにつながる可能性もあります。今回はそんな独自ドメインについてご紹介します。

ビジネス用メールアドレスの重要性

フリーメールはビジネスに不向き(迷惑メールと勘違いされる可能性も)

メールアドレスがあたえる印象は想像以上に大切な役割があります。自社の名刺代わりとなる重要な部分であると同時に、ブランディングとしても有効です。

プライベートかビジネスかわからない

フリーメールを受信した場合、一見プライベートのメールアドレスなのかビジネスメールなのかわかりません。「ひょっとして間違えてプライベートのメールアドレスから送ってきたのかな?」と感じる人もいるでしょう。このように受信者に不安をあたえる可能性があります。

迷惑メールに自動振り分けされる可能性も…

フリーメールを利用した場合、受信者のセキュリティ設定により自動で迷惑メールフォルダに登録されることや、受信しない可能性が出てきます。大切なメールをたしかに送ったけど相手には届いていないとなると、業務上で大きなアクシデントにつながる危険性もあります。

有料アドレスを取得して信頼性を高める

どこの会社から送られたメールかわかる

有料アドレスはホームページと同様に企業を代表する看板になります。また、有料アドレスはその企業だけの固有のものですので、信用性がグンと高まります。

また、メールアドレスを見るだけで誰から送られてきたメールかパッと分かります。これは開封率や返信スピードのアップにつながります。さらに、受信者がメールアドレスごとにフォルダを振り分けたり、検索するときにも圧倒的に見つけやすくなり便利です。

ビジネス用アドレスを取得するには?

自ドメインのメールアドレスを取得するにはいくつかの方法があります。今回はドメイン取得業者より取得する手順をご紹介します。

ドメイン取得業者を選ぶ

まずはドメイン取得業者で希望のドメイン名が使用できるか検索してみましょう。国内の主なドメイン取得業者ですと「お名前.com」や「ムームードメイン」が有名です。

ドメインを契約

使用したいドメインが空いているか確認して契約しましょう。最も一般的な「.com」や「.jp」は人気が高く、すでに使用されている可能性が高くなります。「.xyz」「.shop」などの新ドメインは空きが多く、契約料も安い傾向があります。

取得する際の注意点として「.co.jp」は法人限定ドメインで、個人事業主は取得ができません。また、「.or.jp」も非営利団体などの法人組織のみ登録できます。

メールサーバーを契約

取得したドメインをメールサーバーに登録する必要があります。メールだけの契約なら先ほど紹介した「お名前.com」や「ムームードメイン」でもそのまま手続き可能です。サーバーもあわせて契約する場合はレンタルサーバー事業者やGoogleなどの大手でも契約ができます。

アドレスはわかりやすく

取引先が覚えやすい構成がポイント

アドレスを決めるポイントとして、取引先がわかりやすいアドレスにすることが重要です。というのもアドレスは企業固有の名刺や看板のような役割があります。パッと見てすぐにどこの会社か分かりやすいアドレスのほうが開封率や返信率のアップにつながります。

また、メールアドレスには大切なブランディング効果の役割もあります。アドレスに代表的サービスや商品名を入れて、○○の製品といえばこの会社」というイメージが作りやすくなり、ブランディング効果を高める方法も効果的です。

目的別にメールアドレスを使い分けよう

メールアドレスではドメイン名だけに限らず、@前にくるアドレス名も重要です。

個人名の場合

@前を個人名で登録すると「個人名@会社名.com」というような形になり、どの会社のどなたから届いたメールかすぐにわかるメリットがあります。また、従業員が複数いる場合でも、同姓同名でなければ、メールアドレスが重複することなく割り振ることができるので、管理がしやすくなります。

所属名の場合

@前に組織名を入れて、所属部署の代表アドレスとして使用する例も多くあります。

  • info@:会社の代表メールアドレスなど
  • support@:お客様窓口、サポート部門など
  • sales@:営業部門など
  • recruit@:人事、採用担当など
  • ir@:広報、投資家向け窓口など

 まとめ

いかがでしたか?独自ドメインの重要性やブランディング効果についてしっかりと理解できましたか?もしまだフリーメールを使っている方がいれば、さっそく独自ドメインの使用を検討してみてください。独自ドメインを活用してあなたのビジネスを成功に導きましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る