フリーランスが登録したいクラウドソーシング・エージェントサイト

フリーランスとして仕事を得るために、求人サイトに会員登録をするという方法があります。求人サイトには、エンジニア、ライター、イラストレーター、デザイナーなど、様々な職種の人に向けた案件が掲載されています。こちらの記事では、フリーランスにおすすめの求人サイトや、案件選びのコツを紹介しています。

求人サイトの種類にはなにがある?

クラウドソーシング系

フリーランス向けの求人サイトで代表的なのが、クラウドソーシング系のサイトです。細かな単位の案件が豊富なのが特徴です。例えば、200文字のライティングに対し500円の報酬という案件もあります。

エージェント系

エージェントを通して案件を見つけるタイプの求人サイトです。スピード感ではクラウドソーシングに劣りますが、間にエージェントを入れて、毎回契約書を結ぶので安心感があります。

クラウドソーシング登録の特徴とは?

くぐる、クグル、kuguru

案件の分野が多岐にわたる

発注者が不特定多数の者を対象にして、依頼の募集をかけるというものです。分野も多岐に渡っており、例えば以下のようなものがあります。

  • データ入力
  • ライター
  • エンジニア
  • デザイナー
  • カメラマン
  • イラストレーター
  • 翻訳
  • 映像制作

登録をしてサイト内を検索すると、依頼の募集が多数公開されているので、そこへ自ら応募をして、単発の仕事を受注する形になります。また、そのサイト内で実績が上がると、発注者側からのスカウトもあります。

クラウドソーシングサイトのメリット

プロフィール登録だけで依頼が来る

登録をしておくことで、プロフィールを使って自分の実績や技量をアピールすることができます。それを発注者がみて、アピール内容と依頼内容がマッチングしたら、発注者の方から依頼がきます。プロフィール上のスキルと実績次第ですが、情報を登録しただけで仕事の依頼が舞い込んでくるのです。また、相手からの依頼が来なかったとしても、様々な案件の閲覧が可能なので、情報収集や案件を選ぶことができます。

案件を受けるまでの手続きが簡素

クラウドソーシングサイトは、公開中の案件の中から、自ら選んで応募をして、サイト内でのやり取りだけで契約をするものがほとんどです。面倒な手続きやアポイントが無くて、手軽に仕事を探せます。

クラウドソーシングサイトのデメリット

安価な案件が多い

発注者側としては、クオリティよりも安価な受注を求める場合が多いです。少しでも低コストで済ませたいという点から労働量と報酬が見合わないということもおきます。依頼を受ける側も、本業とは別に隙間時間を使った副業として活用する方が多いので、収入が小遣い稼ぎ程度に留まるケースがあります。

長期で安定した案件が少ない

クラウドソーシングサイトに掲載されている案件は、単発のものが多いです。長期的にフリーランスを続けていきたい人にとっては、クラウドソーシンサイトのみで案件探しをするのはリスクが高いかもしれません。

エージェント登録の特徴とは?

安定性とサポート体制

エージェントに登録すると、自分の条件にあった案件を代わりに探してきてくれます。また、依頼主側の要望も把握した上でマッチングをしてくれるので、クラウドソーシング系よりも条件にあったものが見つかりやすいと言えるでしょう。また、案件と案件の間の空白期間があかないように仕事を手配してもらうことも可能です。

エージェントサイトのメリット

単価が高い傾向

契約が「エンド企業直受け」という形を取っていて、一通りの案件が高いです。クラウドソーシングよりは報酬への不安が少なく済むでしょう。

安定した契約と収入

案件の内容は長期的なプロジェクト計画で単発ではないので、長期間の契約を結べます。契約をした期間中は、仕事に専念して、他の案件を探すという時間は省くことができます。契約が更新されないと決まった時には、また新しい案件の紹介をエージェントに依頼できます。

契約やトラブルの間に入ってくれる

スキルや希望に合わせて、案件を紹介するまでのカウンセリング契約からその後の状況の相談契約終了後の案件。といったサポートをしてくれます。また、必要な事務手続きや書類作成もやってくれます。

もし依頼主との間にトラブルが起きた場合、対等な立場とはいえ、企業と個人では個人が不利になりがちです。間にエージェントが入ってくれていることで、トラブルが起きた場合の安心感も強いでしょう。

福利厚生のサービスもある

本来では案件の紹介がメインですが、エージェントでは福利厚生のサービスを受けられる場合があります。エージェントによって受けられるサービスは異なりますので、登録を検討しているエージェントがあればぜひ調べてみてください。

フリーランスがエージェントを活用するメリット
フリーランスがエージェントを活用するとどのようなメリットがあるのか解説しています。代表的なのは案件探しや事務手続きですが、カウンセリングや交流会の案内などもしてくれるエージェントもあります。個人単位で働くフリーランスだからこそこのようなサービスの利用も検討してみてください。

エージェントサイトのデメリット

常駐型の案件が多い

無事に契約をしたら、後は自分のペースでできるわけではありません。ほとんどの案件が「出社」を条件にしているので、定期的に出社をしなくてはなりません。出社の日数は案件によって異なりますが、少なくとも契約終了までの間に、何回かは出社をする時間を作る必要があります。

その出社先が遠ければ遠いほど、フリーランスならではの自由感が薄れることがあります。「フリーランスになったからには時間と場所にとらわれたくない」という方には、窮屈に感じられるかもしれません。

報酬から手数料が引かれる

案件を紹介してもらう代わりに、報酬から手数料が引かれてしまいます。正社員としての転職であれば、手数料は採用した側の企業が負担するのが一般的です。しかし、フリーランスのエージェントを利用した場合は企業から自分に支払われる報酬の中から手数料が引かれます。自力で案件を探して契約を取り付ければ、このような手数料を支払う必要はないため、案件探しの労力と天秤にかけて利用を検討しましょう。

年齢で受注率が低下

エージェントでは、20代や30代といった若い世代を対象にしている案件が多いです。いくらスキルが高くても、40代~60代の者は、年齢1つで断られるケースがあるのです。その場合は、技量よりも、コミュニケーションや指揮といった能力でのカバーが求められます。

エージェントの当たり外れ

とにかく仕事が欲しいという一心で、適当にエージェントを選んで登録をした結果、激務の案件を紹介されてしまうケースがあります。他にも、別のエージェントに同じ案件があって、報酬金額が違うことがあります。手数料が安かった、検索でトップに出たなどの理由で安易に選ぶと、外れることがありますので気をつけましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイト

クラウドテック

クラウドテック
フリーランスのエンジニアとデザイナーに特化した求人サイトです。単純に「エンジニア」というだけではなくて、エンジニアの中の様々な分野ごとに、細かくカテゴリが用意されています。分類が細かいので、数ある案件の中から自分にあった案件がみつけやすいです。

【完全解説】クラウドテックとは?評判・口コミが知りたい!

ランサーズ

案件数で国内最大級を誇るクラウドソーシングサービスです。知名度も高く、141種類のカテゴリから仕事を選ぶことができます。まずは手軽な案件を受けて経験を積みたい場合は、こちらに掲載されている案件の中から可能そうなものに挑戦するのも良いかもしれません。

なびく~る

なびく~る

フリーランスエンジニア向けで、IT関連の求人サイトです。求人サイトの中でも、ITという面では群を抜いた求人数です。専任のスタッフがカウンセリングや案件の紹介といったサポートをしてくれます。紹介の後は、打ち合わせをして直接取り引きとなります。契約までのサポートが徹底していますので、安心したサポートを受けながら探したい方に向いています。

案件なび

案件なび
案件の情報を数多く提供しています。エンジニアの未経験者でも受け入れてもらえる案件が多いのが特徴です。経験が少なくて自信が無かったり、その分野は未経験だったりしたら、案件なびから求人を探してみるのが良いかもしれません。

おすすめのエージェントサイト

クラウドテック

クラウドテック
フリーランスのエンジニアやプログラマ、デザイナーを中心としたエージェントです。登録企業の数は14万社、案件全体のうち90%が非公開求人となっており、案件数の豊富さが魅力となっています。経験豊かなキャリアサポーターを通して案件を紹介してもらうことで、最短3日のスピード参画も実績があります。報酬に関しては、月額報酬制であることが特徴です。

「月40万円~88万円」といった月あたりの報酬が明確で、フリーランスであっても正社員のような安定した収入が得られます。ケガや病気に備える「クラウドワーカーあんしん保険」という制度や、お得な旅行パッケージなども魅力で、福利厚生を活用しながら継続的に仕事に取り組めます。

ギークスジョブ

ギークスジョブ
ITエンジニアやwebデザイナー向けのエージェントです。スタッフ一同がITの知識に長けていますので、IT関係の専門的な案件の相談も可能です。書類作成の代行や充実な福利厚生のサービスもあります。福利厚生のサービスの1つとして「フリノベ」というものがあり、それを使うと懇親会のイベントに参加ができて、人脈作りへと繋がります。人脈作りのサービス提供が、ギークスジョブの特徴として挙げられます。

スキルサーフィン

スキルサーフィン
フリーランスのエンジニアをメインとしたエージェントで、エンジニア向けの案件が多数用意されています。各カウンセラーがエンジニア経験者なので、案件の相談も理解されやすくてスムーズに行えます。特徴としては、案件の相談に留まらないで、エンジニアのスキルアップに関しても対応をしてくれることが挙げられます。

「今の自分をスキルアップさせるには何をどうしたらよいのか」といったスキルの悩みも聞いてくれるので、案件とスキルアップの両方を求めるエンジニアに向いています。

アットエージェント

アットエージェント
エンジニア・デザイナーを中心にしたエージェントです。エージェントの中でも比較的に単価が高いです。こちらが要望を伝えてから案件の紹介をしてくれるのではなくて、公開されている中からこちらが選んで、詳細を教えてくれる形式になります。案件の検索も、エンジニアの言語26種類から絞れるので、探しやすいです。契約が終了しても、次の案件をエージェント側から紹介してくれるサービスがあります。

登録先を選ぶときのポイントとは?

くぐる、クグル、kuguru
求人サイトには、それぞれ特有のサービスがあったり、対象を一部の職種に特化させている、といった特徴があります。様々なサービス内容からどのサイトを登録するべきなのか、登録先を選ぶポイントを紹介します。

手数料の有無

全てのサービスが無料というわけではありません。報酬金額の内のいくらかを支払うところもあります。サイト上に表記されている金額だけをみないで、そこから引かれる手数料の有無の確認をして、それで不満がないかどうかをチェックしましょう。この時、単に手数料が無料なものや安いものを選ぶのではなく、求人サイトの質に対して手数料が適切かどうかを考えるようにしましょう。

どの分野に長けているのか?

あらゆる分野を一括に請け負っているサイトもあれば、エンジニアやデザイナーに絞ったサイトもあります。自分が求める案件をみつけるためにも、希望の分野が豊富に備わったサイトを選ぶ様にしましょう。

翻訳や映像制作など、専門性が高い職種ほど、専門のエージェントが存在する傾向にあります。有名で案件数の多いサイトも魅力ですが、実際に自分が受けたい案件に特化したエージェントの方が仕事を探しやすいかもしれません。

自分の目標は何か?

とにかく高い単価での報酬を求めるのなら「単価」がサイトを選ぶ基準になりますし、報酬よりもスキルアップを求めるのなら安価でも受注のしやすさが基準になります。今の自分の目標を定めておくようにしましょう。

単発か、長期契約か?

単発な案件と、エージェントによる長期の契約があります。単発ならその都度異なる内容を自由に選べますが、長期契約では契約が切れるまで、その仕事一本になります。逆に、長期契約では安定の見込みがあって、単発では不安定が否めません。こうしたメリットとデメリットも念頭に置いた上で、選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?求人サイトを活用すれば、仕事を取ることはできます。それでも、サイトごとに職種や安定性や仕事内容には、差が出てきます。自分に合ったサービスが、提供されているサイトへ登録をすることで、自分が納得のできる案件を探せる様にしましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る