敬語「くださいませ」の意味とは?ビジネス文章やメールでの使い方

みなさんは様々なビジネスシーンやメールで敬語をうまく使いこなせないと思うことはありませんか?敬語を使うことは理解していても難しく、シーンや相手によって使い分ける必要もあります。その中でも「くださいませ」という言葉は、いろんなシーンで使っている人がたくさんいます。ここからは、「くださいませ」の意味や例文を用いての使い方、社内外で活用できるかなど簡単に説明していきたいと思います。

「くださいませ」の意味

kuguru,くぐる,クグル
「くださいませ」とは「ください」という言葉に丁寧語として使われる助動詞の「ます」の命令形である「ませ」というを加えた形の言葉になっています。

「くださいませ」は、相手に何かしてほしい時その行動を行うように促す言葉です。一般的には依頼する・命令するといった意味合いとして使用され、「ませ」という言葉を加えることで「ください」という言葉はそっけない言葉から丁寧で柔らかく優しい印象を与えられるようになります。

柔らかい印象になるとは言っても、元々命令形の言葉なので何度も繰り返して使ったり、強めの口調で使うと相手に不快な思いをさせ、失礼にあたることもあります。「くださいませ」という言葉を使うときは、使うシーンや使い方に充分注意するようにしましょう。相手の立場になって、くどくないか嫌な気持ちにならなかなど、考えて使うと判断しやすくなります。

「くださいませ」はビジネス文章やメールで使える?

kuguru,くぐる,クグル
次に、「くださいませ」という言葉がビジネス文章やメール使えるのかどうか説明していきたいと思います。会社で働いているとビジネス文章やメールを使う機会が多いと思いますので、ここからお話しする項目はしっかり押さえておきましょう。

「くださいませ」という言葉は、先ほどもお話ししたように柔らかく優しい印象を与える言葉で女性が主に使用することの多い言葉です。例えば、受付の女性やコールセンターも女性が対応していることがほとんどです。そのため、「くださいませ」という言葉は男性も女性も同じように働く職場や社外の取引先の人に対して、一般的にはあまり使われていません。

「くださいませ」という言葉はビジネス文章やメールでは使われないものの、秘書や受付などが取引先に行く社員や出張に行く社員に向けて使われる「ませ」を用いた似たような言葉があります。「お気を付けて行ってらっしゃいませ」このような女性らしい言葉を上手に使い分けることで、仕事でのトークスキルを上げることができ、様々なシーンで活かすことができます。

会社によっては「くださいませ」という言葉を使うようにしているという会社もあります。新入社員は協力会社や顧客などにメールを送ったり、電話をする際「くださいませ」という言葉を使うのが適切かどうか先輩や上司に確認して、自己判断せず失礼のないように対応しましょう。

「くださいませ」をビジネスで使うシーン

kuguru,くぐる,クグル
先ほどお話しした会社の受付やコールセンターなどの女性が働いていることの多い職場以外にも、飲食店などの接客業務では「くださいませ」という言葉を使うシーンが多数あります。ここからは、シーンに合わせて「くださいませ」という言葉の使い方を一緒に見ていきましょう。

飲食店でお客様が来店したとき

  • お座敷やテラス席もございますので、ぜひご利用くださいませ
  • ここからは土足厳禁となっております。お履物をお脱ぎくださいませ

飲食店で料理をテーブルに運んだとき

  • 〇〇(料理名)でございます。どうぞお召し上がりくださいませ

旅館でお客様を部屋に通して食事までに時間があるとき

  • お食事までお時間がありますので、ごゆっくりお寛ぎくださいませ

旅館から観光に出かけるお客様を送り出すとき

  • どうぞお気をつけて行ってらっしゃいませ

接客業では、主に例文にあるようなシーンで多く使用されています。「くださいませ」という言葉は、シーンによっては上記の「ぜひご利用くださいませ」や「どうぞお召し上がりくださいませ」などは、会社の来客時にも使用することができます。

受付であれば来客者をお待たせしているときに「少々お待ちくださいませ」といった言葉もよく使われています。自分の普段の仕事に置き換えて例文を当てはめ、「くださいませ」という言葉を使うシーンがあれば活用してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?「くださいませ」という言葉の意味をちゃんと理解することで、難しい敬語でも正しい使い方ができるようになります。接客業など「くださいませ」を仕事がら多く使う人や会社で使うべきなのか悩むことの多い人は、今回のことを参考に職場の人に確認して、今後のお客様への対応に活かしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る