「恐縮」の意味と正しい使い方!シーン別の例文と類語も紹介

  • 2017-8-1

「恐縮」という言葉はビジネスシーンでは見聞きする機会の多い言葉の一つですね。何気なく使用される単語ですが、使い慣れている人が多い分、意味や用法を意識することが少ない単語でもあります。そこで、正しく効果的に「恐縮」と使うために、その意味と主な用法についてご紹介します。

ビジネスシーンで使う「恐縮」の意味

ビジネスシーンでは日常生活で使用しない単語を使う機会も多く、神経を使うという方も多いのではないでしょうか。なかでも「恐縮」は使用頻度の高い言葉の一つです。決まり文句としてよく目にする言葉である反面、その意味を考えずに使用している人も多いことでしょう。

「恐縮」は読んで字のごとく、恐れによって身が縮こまるという意味を表します。また相手に迷惑をかけた際や厚意を受けた際に申し訳なく思うこと、という意味も持っています。ビジネスでは後者の意味で使用されることが一般的でしょう。特に、「すみません」に代わる書き言葉として「恐縮」が用いられることが多いのですが、ほかにも様々なシーンで活用をすることが可能です。
そこで、実際にどのような場面で「恐縮」が使われているかをシーン別に見ていきましょう。

「恐縮」を使う2つのシーン

「恐縮」は大きく分けて以下の2つのシーンでよく使用されます。

感謝を伝える際の「恐縮」

相手から厚意を受けた場合に用いられる「恐縮」は、感謝の気持ちを伝える役割を果たします。上司や取引先からお褒めの言葉を頂戴した際や、高い評価を受けた際に「お褒めいただき恐縮です。」「高いご評価を賜り、恐縮しております。」のように使われます。この場合、感謝やお礼を伝える「ありがとうございます。」「感謝いたします。」と同じ意味で用いられますが、身に余る高評価だったと感じる場合に「恐縮」を使う人が多い傾向にあるようです。

依頼をする際や了承を得るときに使われる「恐縮」

文章の前半で「恐縮ですが…」を使う場合、相手に何かを依頼するケースや了承を得たい場合がほとんどです。例えば「お忙しいところ恐縮ですが、○月○日までにお返事をいただきたくお願い申し上げます。」や「私事で大変恐縮ですが、来週は出張のため不在となっております。」のように使用されます。「すみませんが」「申し訳ありませんが」「お手数ですが」の代わりとして用いられ、相手への配慮を示す役割も果たします。

「恐縮」を使うときに気を付けること

定型文として使用されることが多い「恐縮」は、無意識に使用していると相手に違和感を与えてしまう可能性があります。そこで「恐縮」を使う際には以下の2点に注意しましょう。

「恐縮」は基本的に書き言葉で使用する

取引先との会議や電話でのやりとりの際に「恐縮」を使用するケースもあることでしょう。しかし、基本的に「恐縮」は書き言葉として使用されることが多い単語の一つです。書き言葉を会話中に用いると相手に冷たい印象を与える可能性がありますので、話し言葉の際には「恐れ入りますが」などの表現に言い換えた方がよいでしょう。

「恐縮」は多用しない

先ほどもご紹介したように、「恐縮」には感謝を伝える役割のほかに依頼をする際や了承を得るときなど様々な意味で使用できる言葉です。使い勝手がいい言葉である反面、使い慣れてくると同じメールや書面のなかに何度も用いてしまうことがあります。しかし同じ単語を繰り返し使うことで文章自体が稚拙に感じられたり、内容が伝わりにくくなることもあるため注意が必要です。そのため何度も同じ単語を用いないよう、メールや書面を送る前には必ず一度確認をしましょう。

知っておきたい「恐縮」の類語

様々なシーンで活用できる「恐縮」ですが、繰り返しを避けるためには類語や代わりに使用できる単語を覚えておくと便利です。そこで、「恐縮」の代わりに使用できる言葉や表現を以下にまとめました。

感謝を伝える「恐縮」の類語

大変おそれ多いことでございます。
もったいないことでございます。
痛み入ります。
心より感謝いたします。

依頼するときや了承を得るときの「恐縮」の類語

恐れ入りますが…
申し訳ございませんが…
お手数をおかけいたしますが…

また、上記のほかに「恐縮」を強調する表現もおさえておくと文章にバリエーションを持たせることができます。ただし、これらの強調表現は堅苦しい印象を与えるため、話し言葉やメールでは用いられることが少ない言葉です。

「恐縮」を強調させる表現

恐縮至極に存じます。
恐縮の至りでございます。
恐縮しきりでございます。

これらの表現を頭の片隅に置いておき、臨機応変に用いることができるとビジネスメールや書類もスマートに仕上げることができるでしょう。

まとめ

ビジネスシーンの頻出単語である「恐縮」は当たり前のように使用しがちですが、意味をしっかり理解して用いないと締まりのない文章になってしまうことがあります。そこで、今回ご紹介した使用方法や例文、類語を参考にしながら、今後のビジネス文書を作成する際の参考にしてみてはいかがですか。

ページ上部へ戻る