快適な生活をサポートする!耳栓の選び方とおすすめアイテム

  • 2017-11-21

周りの音が気になって、作業に集中できないと感じたことはありませんか?防音アイテムである耳栓ですが、用途に合わせ種類も豊富です。ここでは、気になる音をシャットダウンしてくれる快適な生活のサポートアイテムとして耳栓を紹介します。

耳栓を選ぶときに気を付けたいこと


みなさんが耳栓を実際に選ぶ時に、気を付けたいこととして、「つけ心地」「遮音性」「用途」が挙げられます。数多くの耳栓の中から、自分自身の耳やライフスタイルにあった耳栓を選ぶポイントになります。

つけ心地

耳栓のタイプは、フォームタイプ・ソフトフォーム・フランジの3タイプがあります。耳栓にはスポンジタイプ・ソフトスポンジタイプ・粘土タイプが存在します。また、耳栓の素材もウレタン製・発泡ウレタン製・エラストマー・シリコンとさまざまです。耳栓の素材が合わないと、肌がかぶれる原因や、サイズ感や形状が合わないと痛みが生じることがあります。

また、スポンジ状やポリウレタンなどの素材は、耳に入れた後に膨れます。どれくらいの圧力がかかるのか装着する前に、手に取ってみましょう。肌に触れて長時間使うものですので、つけ心地が良いと感じる自分自身にあったものを使うことで快適に使用できます。

遮音性

耳栓の気になる遮音性ですが、遮音できる音が耳栓によっても異なり、自分自身の遮音したい音が高い音なのか低い音なのか目的を明確にする必要があります。耳栓の遮音性を示す「NNR」「デシベル」の後に表記されている数字が高いほど、遮音性が高いので購入の際の目安になります。

用途(いびき対策、飛行機、通勤通学、睡眠など)

気になる騒音から耳を守る耳栓ですが、用途も幅広く耳栓のバリエーションも豊富です。通勤時間や長時間の移動の際にも、周りの人の話す声や乗り物の音など抑えます。

睡眠の質を上げたい時なども、耳栓を取り入れることで耳からの刺激を減らすことで脳を休ませます。音が抑えられることで、眠りにも入りやすくなるでしょう。いびき対策としても期待できます。

勉強やオフィスでの仕事など、集中したい時にも耳栓が活躍します。周りの音に左右されることなく作業が行えるでしょう。仕事で使用する場合は、聞き取りたい音が聞こえなくならないように遮音性の選び方には注意が必要です。

つけ心地で耳栓を選ぶならコレ!

Macks Pillow Soft (マックス ピロウズ ソフト)シリコン耳栓

マックスの耳栓は、今までどの耳栓を使ってもしっくり来なかったという人にも評判のフィット感が特徴です。アレルギーを起こしにくいシリコン製なので、耳の中が痒くなったり荒れてしまったりしにくい点も支持されています。

HOWARD LEIGHT(ハワードレイト) 耳栓 Bilsom303 小さめ 7ペア エコパック ケース付 Bilsom303S

ハワードレイトは耳穴の形に添って広がりやすいように円錐状に作られた耳栓です。耳栓の圧迫感が苦手な人や女性も使いやすい小さめのサイズや、長時間の装着も苦にならない柔らかな素材が持ち味です。

スージー イヤーグミ

「グミ」という名の通り柔軟に形が変わる耳栓です。形状記憶のできる素材でできているため、オーダーメイドのように耳になじみます。騒音をしっかりとカットしながら耳に負担をかけず、装着感も快適です。

遮音性が高いおすすめ耳栓はコチラ

MOLDEX米軍耳栓(モルデックス カモプラグ)

MOLDEXは、ポリウレタン素材の耳栓で米軍でも使われているアイテムです。遮音性だけではなく性能も優れており、様々な音に対して力を発揮します。サイズが大きめで、素材感が固めなのが特徴です。

SUREFIRE(シュアファイア) 28dB EP7-BK-MPR

SUREFIRE(シュアファイア)は、軍隊や警察が愛用している耳栓です。特徴としては、気になる雑音は遮音し、人の声など聴きたい音は聞こえ、装着したまま通話も可能です。

MOLDEX 高性能耳栓ロケッツ6485

エラストマー素材の耳栓で、遮音性能がNRR27と高く工場などの騒音にも効果が期待できます。身に着けやすいデザインになっており、洗って繰り返し使えるのでコストパフォーマンスも優れています。幅広い用途で使える耳栓と言えます。専用のケースに入れて、外出先に持ち運びも可能です。

最新のデジタル耳栓ってどんなもの?


デジタル耳栓とは、必要な音は聞こえながらも、周囲の雑音を消してくれる従来の耳栓の進化した形です。普段の生活の騒音の遮音に向いています。イヤホンのようなデザインで、イヤーピースを自分のサイズに合わせて選択できる為、痛みの軽減に繋がるでしょう。一度購入すると、電池を入れ替えれば何度でも使えるのが、他の耳栓との違いです。

キングジムデジタル耳栓(MM1000)

環境騒音と呼ばれている、乗り物の音や機内の騒音などに特化しています。単四アルカリ電池で使用することが可能です。人の声などは、聞こえるので通勤通学などの用途にも使えるアイテムです。

まとめ

今回は、耳栓の選び方と実際につけ心地や遮音性が高い耳栓を紹介しました。ひとり、ひとり耳のサイズ感など異なるので、耳栓との相性も重要です。まず初めに柔らかい素材のものや小さめのものから取り入れてみるのもいいでしょう。耳栓を取り入れて快適な生活を始めてみませんか?

ページ上部へ戻る