人には聞けないビジネスマナー!「何卒」の意味と正しい使用方法

  • 2017-8-1

社会に出ると急激に使用回数が増える「何卒」という表現。相手に依頼するときやメールの結びの文に使われることが多いものの、その意味や使い方に意識して用いることはあまりありませんよね。そこで「何卒」の意味から正しい使い方、使用する際の注意点についてみていきましょう。

「何卒」の読み方と意味

ビジネスメールなどで使用される「何卒よろしくお願いいたします。」という表現。社内・社外ともに使用されるだけではなく、依頼をする際や謝罪、報告といったさまざまな場面で使われています。そこで、「何卒」について一度おさらいをしていきましょう。

「何卒」は「なにとぞ」と読む

「何卒」の読み方がわからないという人は少数派かも知れませんが、目にする機会がなかった場合には間違って読んでしまうことも。正しくは「なにとぞ」と読みますが、なかには「なにそつ」と読むと思い込んでいて恥ずかしい思いをした人もいるようです。

どのような意味で使用されるのか?

「何卒」は強く願う気持ちを表す副詞として用いられ、「どうか」や「どうぞ」といった意味を持ちます。後ろにくる動詞を強調するため省略しても文章は成立しますが、「何卒」を付けることで文章全体がフォーマルな印象になるためビジネスシーンではよく使用されます。

「何卒」の正しい使い方

それでは次に、「何卒」が使われる場面についてみていきましょう。

メールや書面などで使われることが多い

主にビジネスメールや書面など書き言葉として使われる「何卒」。話し言葉として使用されることもありますが、冷たく堅苦しい印象を与えることもあるため一般的には避けた方が無難でしょう。

ビジネスメールの締めくくりの挨拶として使われる「何卒よろしくお願いいたします」

定型文の一つとして記憶している人も多い「何卒よろしくお願いいたします。」の一文。主にビジネスメールの結びの文として用いるケースが一般的です。用件だけでメールを終わらせてしまうと相手に不躾な印象を与えてしまいますが、この一文を加えるだけで全体がきれいにまとまりますね。どのようなシチュエーションでも使用できるという便利さもあります。

お願いや謝罪の際に使用されることが多い

上記の定型文以外にも、相手にお願いや依頼をするとき、また謝罪の際にも「何卒」が用いられます。許可が必要な場合や謝罪メールの結びとして「何卒ご了承くださいますよう…」や「何卒ご容赦くださいますよう…」のように使われます。

「何卒」を使った例文

実際にビジネスシーンではどのように「何卒」が使われているか、例文をご紹介します。

一般的な結び文

何卒よろしくお願いいたします。
季節柄、何卒ご自愛専一になさってください。

お願いや依頼の際に使う「何卒」

何卒ご確認いただきますようお願いいたします。
何卒ご了承ください。
何卒ご査収のほど、よろしくお願いいたします。
何卒ご協力のほどお願いいたします。

謝罪の際に使う「何卒」

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。

「何卒よろしくお願いいたします」と合わせて使用できる「○○のほど…」

上記以外にも「何卒」を使うシーンはたくさんあります。そんなときに便利なのが「○○のほど」という一文です。主にお願いや依頼の際に用いられますが、シーンに合わせて活用しやすいという利点があります。例えば、返信が必要なメールの場合には「何卒」と「よろしくお願いいたします」の間に「ご返信のほど」と加えるだけで一文が出来上がります。同様に「ご了承のほど」「ご検討のほど」などを用いることで、メールの本文に合った文を簡単に作ることが可能です。

「何卒」を使うときの注意点

「何卒」は、使用時にいくつか注意したい点があります。

多用しない

さまざまな場面で使える便利な単語の「何卒」は、一つのメール上に何度も使ってしまう人もなかにはいるようです。強調の役割を持つ単語ですので、繰り返し使用されると文全体が重くまとまりの悪いものになる可能性があります。そのため使用する際には最小限に抑えるのがよいでしょう。

類義語と併用しない

丁寧に文章を仕上げようとするとき、「何卒」だけでは頼りなく感じてしまって「どうか」「どうぞ」を付け加えていませんか?同じ意味を表す類義語を併用すると文章がくどくなるため、ビジネスシーンでは嫌煙されがちです。

「何卒よろしくお願いします」は不自然

「何卒」という言葉自体に尊敬や謙遜の意味はありませんが、「どうか」や「どうぞ」よりも改まった印象を与えるためビジネスシーンでよく登場します。しかし「お願いします」は丁寧語ですが相手への尊敬や謙譲の意味合いがないため、上司や取引先とのやり取りでは不自然と感じる人も。そこで「何卒」を用いる際には「お願いいたします」または「お願い申し上げます」と組み合わせて使用した方がベターと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。ビジネスシーンでは適切に言葉を使用することはコミュニケーションを円滑に進めるうえで大切なことです。相手に違和感を与えないためにも、この機会に普段よく使用する単語をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る