「お詫び申し上げます」の意味や類語を確認!使えるビジネス例文

  • 2017-8-1

「お詫び申し上げます」という謝罪の言葉。仕事を続けていく上で、円滑に物事を進めるためには、ぜひマスターしておきたい表現のひとつです。例文を交えながら、具体的な意味と使い方を分かりやすくご紹介していきましょう。

「お詫び申し上げます」の意味を解説

仕事上で何らかのトラブルや失敗が発生した場合、相手を敬いながら、自分や自社の過ちを謝罪する言葉が「お詫び申し上げます」という表現です。その意味は、普段の会話の中でよく使われる謝罪の表現「ごめんなさい」と同様ですが、言葉の重みや丁寧さは格段に上である点で異なります。

「お詫び申し上げます」が、なぜ「ごめんなさい」よりも格段に上なのか、表現の成り立ちに着目してみると、その理由がはっきりと分かります。
そもそも、「ごめんなさい」と言う行為は、「詫びる」という動詞を使って表現することが可能です。さらに、「詫びる」という行為の丁寧語「お詫びする」と、自身のことを謙る謙譲表現「申し上げる」に丁寧語「ます」を組み合わせ、「お詫び申し上げます」が完成します。

なお、この場合に使われる「申し上げる」は、動詞とともに使われる謙譲表現です。つまり、「言う」の謙譲語ではないため、「お詫び申し上げます」は、二重敬語に該当しないことも理解しておきましょう。

「お詫び申し上げます」の使い方

一般的に、仕事上のメールや詫び状、電話や対面での会話など、様々なシチュエーションで使用されるのが「お詫び申し上げます」という表現です。仕事でお世話になっている取引先の相手や顧客、上司など目上の人に謝罪をする際に使うことが多い、便利な言い回しとして知られています。

例えば、書面の中で、実際に「お詫び申し上げます」を使用する場合には、その前にお詫びしなければならない問題やその発生経緯などを記載するのが通例です。ですが、発生経緯などの中で、言い訳と捉えられるような事柄は一切記載してはなりません。謝罪すべき点を簡潔にまとめ、最後に「○○様にご迷惑をおかけしておりますことを、お詫び申し上げます。」と結びます。

なお、仕事上の相手との良好な関係を保つために、起こった問題の重大さを考慮して、より深い謝罪の気持ちを表すべきケースも生じるかもしれません。そのような場合に備え、「お詫び申し上げます」の強調表現もありますので、次章で紹介していきましょう。

「お詫び申し上げます」の強調表現

重大な過失や事故・失敗等により、お客様や上司などの相手に大変迷惑をかけてしまったときには、深い謝罪の言葉を使うのが一般的です。その代表的な表現として、「心よりお詫び申し上げます」「深くお詫び申し上げます」「重ねてお詫び申し上げます」が挙げられます。
なお、「心よりお詫び~」の表現は、基本的に書面の場合に使用され、同じ表現を会話の中で使いたい場合には、「心からお詫び~」と言い換えることも可能です。また、もう少し改まった表現として「謹んでお詫び申し上げます」もよく使われています。
また、お詫びの内容をひとこと添えて、「お詫び申し上げます」を使う方法も定着しています。具体的なシチュエーションとして、以下の例をご紹介します。

例1:相手に大変心配をかけた場合

→「このたびの不手際で、皆様に大変ご心配をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。」といった表現が可能です。

例2:相手に何らかの多大なる被害・損害を与えてしまった場合

→「今回の件で、多大なるご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。」となります。

「お詫び申し上げます」の類語

仕事上の思わぬトラブル時に備え、「お詫び申し上げます」以外にも、いくつか謝罪表現を知っておくと重宝します。具体的には、以下の3種類が代表的な表現となりますので、使い方と合わせてマスターしておきましょう。

類語1「申し訳ございません」

「申し訳ありません」を、より丁寧にした表現です。すぐあとに、「お詫び申し上げます」を続けることで、さらに深い謝罪の意を表現することもできます。

類語2「お詫びの言葉もございません」

言葉では言い尽くせないほどの深い謝罪の気持ちを表す表現です。例えば、「先日は大変ご迷惑をおかけし、お詫びの言葉もございません。」といったような言い回しができます。

類語3「陳謝申し上げます」

「陳謝する」とは、理由や経緯を説明した上で謝罪することです。したがって、「陳謝申し上げます」を使うときには、必ずその直前に具体的な事由を添えることが条件です。例えば、「今回のシステムの不具合により、多大なるご迷惑をおかけしましたことを陳謝申し上げます。」という使い方をします。

まとめ

自分に非がある場合には、きちんとした謝罪をし、引き続き仕事がスムーズに進められる環境を整えることが、将来の仕事の成功にもつながります。そのときの状況をしっかりと把握し、謝罪の程度やその原因となる理由を理解した上で、相手にも受け入れてもらえる謝罪表現の使い方を身に付けましょう。

ページ上部へ戻る