フリーランス必見!顧客獲得に繋がる営業用Webサイト制作のポイント

フリーランスの営業方法の1つとして、営業用Webサイトの製作がありますが、顧客獲得へ繋がるWebサイトを作る際のポイントをお伝えします。ホームページを作ったことがない方でも、ホームページ作成のサービスサイトを使えば作ることは難しくないでしょう。ここではホームページに掲載すべき情報なども合わせて紹介します。

営業用のWebサイトを用意する理由


みなさんは、Webサイトを用いることがなぜ営業に役立つのかご存知でしょうか?どういった理由でWebサイトを活用するのかを説明いたします。

存在を示す

フリーランスは自分の能力を商品としています。優秀な能力の存在を知ってもらうためには、何らかの形で世間に公開しなくてはいけません。そこで挙げられるのが、Webサイトの活用です。インターネットは、検索をすれば誰でも見ることができる、まさに「公開」の場です。そこに自分のことを記載したWebサイトを立ち上げることで、自分の存在を示すことができます。

Webサイトが「名刺」

自分を売り込むためにアポイントメントを取って打ち合わせをしたり、イベントで顧客になってくれそうな人と接したら、基本的に名刺を渡します。そこで営業の話をしたら最後に「是非、ご検討の程、よろしくお願いいたします」と言って締めますが、もし本当に興味があったらどうでしょうか?まず名刺をみて、実際にどうなのか?インターネットでクチコミなどの検索をされます。そのときに自分のWebサイトがあれば、サイトを見てもらい、渡した名刺以上のことが綿密に伝えられます。こうした流れで、名刺やアポイントメントでは説明仕切れないことが、Webサイトがあれば伝えられるのです。

ライバルはWebサイトを作っている

フリーランスはライバル競争の激しい業界です。そこで参考にされるのが同業の「ライバル」です。インターネット検索で上位に出てくるフリーランスは、自分の営業用のWebサイトを持っています。ライバルの真似はしたくなかったり、自分は大丈夫だと思う方もいるかもしれませんが、真似をするべきところは真似をしましょう。自分のWebサイトがないと、ネット検索でヒットするのは、ライバルの営業用のWebサイトです。営業用のWebサイトの有無で、ライバルとの差は出ます。

営業用Webサイトに載せるべき情報とは?


Webサイトを作る以上は、様々な情報をそこに載せることになります。営業用のWebサイトとして、一体どんな情報を載せたら良いのか?営業に繋がる、載せておくべき情報を紹介いたします。

営業用のサイトに載せておきたい情報

「営業」というのが大前提なので、客を引き寄せる魅力や信頼感を与える情報が求められます。そこで挙げられるのが以下となります。

プロフィール

フリーランスはまず自己紹介です。自分の名前や性別、年齢や経歴に得意分野といった、紹介文を綿密に記載しましょう。プロフィールを読んでいただくことで、自分がどんな人なのかを伝えます。相手からの信頼は、フリーランスの自分自身にくるものなのですから、まずは自己紹介による情報が無ければ、魅力や信頼は生まれません。

顔写真

顔を晒したくないというフリーランサーもいますが、Webサイト内で信頼感を与えるポイントとなるのが「顔写真」です。インターネット上では、対面したことがない者が閲覧をします。少しでも多く情報収集をしたいのが閲覧者の希望です。特に顔写真という情報は、確かな存在を伝えて、不安の解消に繋がります。こうした不安を取り除かせることが、営業のポイントです。また、どうしても顔写真が嫌で、似顔絵やオリジナルのマスコットキャラを採用する方がいますが、これは営業面では逆効果なので、実際の顔写真を採用しましょう。

ポートフォリオ

ここでいうポートフォリオとは、自分の今までの実績を載せて紹介するためのものです。打ち合わせをしての自分の実績のアピールは、口で説明をするよりも、作品の画像や利用元を紹介した、資料を提示する方が早いです。同様にWebサイトでも、文章で説明をするよりも、画像や利用元のURLを載せた情報の方が伝わります。ポートフォリオには、そうした実績となる情報を、画像・URL・制作期間・コンセプトと、それぞれ詳しく載せて、分かりやすく実績のアピールをします。

注意したい点としては、自身の署名付きの作品であれば問題ありませんが、守秘義務が生じている案件を勝手に掲載するのは避けましょう。事前にクライアントに掲載許可を取っておくようにしてください。また作品すべてを掲載するのではなく、代表的なものを掲載するように数も調整しましょう。

エンジニアのポートフォリオの作り方
エンジニアもポートフォリオがあれば自分の実績を上手にアピールすることができるでしょう。ここではエンジニアがポートフォリオを作成する際のポイントや、参考サイトを紹介します。
WEBデザイナーのポートフォリオの作り方
WEBデザイナーにとって自身を売り込むためのポートフォリオは必須です。ポートフォリオサイトだけ作っておけばと思っているかもしれませんが、実際、紙での提出を求められることもあります。また適切な作品選定、構成、ページ数なども重要になってきます。ここではWEBデザイナーがポートフォリオを作るときのコツを紹介します。

所在地と連絡先

オフィスを持たないで、自宅で仕事をするフリーランスの方だと、住所や電話番号を載せるのを拒むことがあります。しかし、所在地と連絡先の公開・非公開は、営業に響きます。客観的にみると、住所が無いと身元不明ということになります。身元不明な者が相手では、いくら実績が良くても、不安や疑いは拭い切れません。連絡先も、メールか電話の片方だけだと、それが苦手な人は逃げてしまいます。連絡は両方とも対応できる様にして、自分の所在地を載せるようにしましょう。

料金表

サイトを見たらどうしても気になるのが「料金」です。サービス内容に興味を持って申し込もうと思っても、料金が分からないと、躊躇してしまいます。申し込む決断の基準として「料金」を挙げる方は多いです。料金は電話で見積もって確認といった形式は取らないで、Webサイトを閲覧したら、素人でも料金が一目で確認をできるように、分かりやすく表にして記載をしましょう。見積もりをしてみないと分からない場合は、料金の一例を挙げて伝えるようにしましょう。

フリーランスが自身のHPを作るコツを職種別に紹介
フリーランスの方が自分のホームページを制作する際に気を付けたいポイントをWebデザイナー、グラフィックデザイナー、フリーライターと職種別に紹介します。またホームページを外注する場合と自作する場合のメリット・デメリットも解説します。

サイトはデザインにもこだわる


一般企業も含めて、Webサイトのデザインの低さが、閲覧してくれたお客様を逃がす原因となることがあります。営業に欠かせない情報が一通り記載できていても、サイト内の背景やアニメーション効果といったデザインで、努力が水の泡にならない様に、Webサイトのデザインについて紹介をします。

デザインが顧客獲得に与える影響

デザインの善し悪しが何を生むのかというと、自分の「魅力」です。Webサイトは自分で一通りを設定して作っています。勿論、デザインの設定もそこには含まれています。たとえ外注で依頼して作ったWebサイトだとしても、閲覧者からしたら、自分が作ったWebサイトとして見られます。もしデザイン性が悪いと自分のセンスが悪いと思われてしまいます。Webサイトが自分の作品だと思って、魅力を感じられるデザインにしましょう。この魅力で、お客様からの期待が生まれます。

デザインのこだわり過ぎには注意

フリーランサーは自分に自信を持っている方も多いでしょう。自分のセンスや魅力を伝えるデザインだからといって、こだわって奇抜すぎるデザインにすると、記載されている営業内容よりも、デザインの方が勝ってしまいます。そうなると、Webサイト上の料金表やプロフィールが見づらくなります。デザインを考える際は、最終的に閲覧がしやすいWebサイトで、各説明文が読みやすく仕上がるように心がけましょう。

営業用サイトは外注?自分で作る?


営業用のWebサイトを作ると決断をした後に迷うのが、作るのは自分か?外注か?ということです。ここでは、Webサイトの作り始めのポイントを紹介します。

可能なら自分で作る

フリーランスで作り始めの内は「とにかくWebサイトを持つ」という考え方でOKです。外注で高く予算を削るよりも、Jimdo(ジンドゥー)やグーペといった、ホームページ作成のサービスサイトを使って作るようにしましょう。各情報を記載できるように、最低限の準備が整えば良いです。

初心者でもWEBサイトを簡単に作ることが可能なフレームワーク「Bootstrap」
WEBフレームワーク「Bootstrap」を利用することで初心者でも簡単に見栄えのいいWEBサイトを作ることができます。ここではbootstrapの無料テンプレートを紹介します。

ホームページへの予算は軌道に乗ってから

フリーランスを始めて、早速軌道に乗せようと、Webサイトを作ることに専念して予算を回す方がいますが、それはおすすめしません。Webサイトは、軌道に乗ってサービス内容を拡大するときに、同時にリニューアルさせることで、拡大のアピールをするのが適切です。

外注するならばコストは抑える

自分がWebサイトの製作は全くの素人で、外注で作るしかないという方もいます。そうした場合は外注に依頼という形で良いです。しかしコストは極力抑えましょう。Webサイトが有るから集客できるのではありません。集客のポイントになるのは、Webサイト内に記載されている各情報です。業者が重視するのは各情報よりも、Webサイトのデザイン性の傾向にあるので、あまり凝るとデザインばかりにコストを掛けることになります。デザインも大切ですが、各情報の効果に集客力があって、デザインの効果はサイト内へ引き留めるための魅力と考えましょう。

外注に任せないで自分で管理

業者に頼ってでき上がった後、自分は手を付けないでそのままインターネット上に公開では、サイトはずっと下位のままです。徐々に上位へと上がれるように、情報の更新やメンテナンスをして、しっかりと管理をしましょう。

専門職の営業用Webサイトを作る際の注意点

WebエンジニアやWebデザイナーといった専門職となりますと、専門用語がたくさん出てきます。しかし閲覧者は、パソコン自体が苦手で、専門用語は全くの無知という方も大勢閲覧をしています。そこで自分のサイト上に専門用語を用いてしまうと、何を説明していて、どんなサービスなのかがわからないことがあります。

料金や申し込みのお問い合わせは来ても、サービス内容がわからなくてお問い合わせをする者は少ないです。素人でもわかる様に説明をして、料金表も「SEO対策→月額¥680」という専門用語での表記は控えて、「検索エンジン最適化→月額¥680」などと、わかりやすく記載をしましょう。どうしても専門用語を使う場合には、専門用語の意味の説明を、補足で記載しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分のWebサイトを持つことで、フリーランスである自分の能力が世界へ公開されます。魅力のあるWebサイトを作り大勢の閲覧者を得ることによって、そこから顧客の獲得を目指しましょう。

フリーランス・業務委託の仕事・求人を探している場合には、フリーランスの求人紹介サービス「クラウドテック」に登録してみるとよいでしょう。「クラウドテック」では、90%が非公開求人となっているため、会員登録することで、求める条件にぴったりの仕事が見つかるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る