「お手数をおかけしますが」を徹底解説!類語もチェック

  • 2017-8-1

オフィスなどビジネスシーンでよく聞かれる「お手数をおかけしますが」という言葉について、改めてその正しい意味や使い方について解説します。しっかりと意味を理解した上で使えば、相手の受け止め方も変わり、良好なコミュニケーションに役立てることができそうですよ。

「お手数をおかけしますが」の意味

そもそも「手数(てすう)」とは、何かをやり遂げるために必要な労力や動作を表す言葉です。したがって、「お手数をおかけしますが」という定番の表現は、自分が相手に対して依頼や要求を行なう際に、冒頭部分で使うのが一般的となっています。その意味をかみ砕くと、「自分が依頼したことを達成するために、相手に何らかの労力や時間を使わせてしまいますが」という内容となります。つまり、「お手数をおかけしますが」の中には、「時間や労力を使わせてしまって申し訳ない」というお詫びの気持ちが含まれているわけです。

一方で、「お手数をおかけしますが」の中には、感謝の気持ちも含まれています。なぜならば、そのあとには自分が相手に対してお願いしたい具体的な事項が述べられるからです。例えば、「お手数をおかけしますが、○○の件につき、ご確認をよろしくお願いいたします。」といった文章の意味について考えてみましょう。この場合、「大変ですが、確認していただければありがたいです。」という感謝の気持ちが込められています。
つまり、「お手数をおかけしますが」は、お詫びと感謝の気持ちを同時に表現できる便利な常套句なのです。

「お手数をおかけしますが」の使い方

よくある使い方としては、2パターンが挙げられます。1つ目は、相手にとって大変なことをお願いするとき、2つ目は、ビジネスを円滑に進める上でのクッション用語として使う方法です。また、「お手数をかけしますが」の変化形もありますので、それぞれの場合について、例文をご案内していきましょう。

相手にお願いをする場合の例文

「お手数をおかけしますが、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。」
「お手数をおかけしますが、○○の案件につき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。」

クッション用語として使う場合の例文

「お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。」
「お手数をおかけしますが、ご返信をお待ちいたしております。」
「お手数をおかけしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。」

「お手数をおかけしますが」の変化形を使った例文

「お手数ですが、添付書類をご覧いただけませんでしょうか。」
「お手数をおかけしましたが、○○様にご協力いただいたおかげで達成できました。」
「お手数をおかけしました。ありがとうございました。」
「お手数をおかけして恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。」

「お手数をおかけしますが」の類語

相手に対して、何か頼みごとをするときに、「お手数をおかけしますが」の代わりに使える類似表現(類語)をまとめてご紹介していきましょう。なお、類語とともに、使用する際の注意事項についても記載していますので、合わせてご確認ください。

「お手間をおかけしますが」

→「お手数をおかけしますが」と同様に使うことができる表現です。

「ご面倒をおかけしますが」

→基本的には、「お手数をおかけしますが」と同じような使い方をします。ただし、どちらかといえば、親しい間柄の相手に使うシーンに向いている表現ですので、場合によっては使い分けが必要です。

「ご迷惑をおかけしますが」

→「迷惑」という言葉の意味を考え、本当に相手にとって不都合なことをお願いする場合にのみ使用できる表現です。使用したほうがよいかどうか迷う場合には、「お手数をおかけしますが」という一般的な表現にとどめたほうがよい場合もあります。なぜならば、使う相手によっては、失礼な表現として受け取られる場合もあるからです。

要注意!よくありがちな誤った使い方

助詞などの使い方次第では、かえって相手に対して失礼に当たる場合があります。「お手数をおかけしますが」を正しく使いこなすために、以下のよくありがちな誤った使い方を確認しておきましょう。

お詫びの言葉とセットでの使用はNG

お詫びの言葉と同時に使う表現「お手数をおかけしますが、申し訳ありません。」は、間違った使い方となります。お詫びの言葉をあとに続けたいのであれば、逆接の「が」を除き、「お手数をおかけして申し訳ありません。」とするのが正解です。

「お手数かけさせますが」という表現は×

「お手数」は、あくまでも相手の労力を意味しています。したがって、「お手数かけさせますが」という表現は、自分が要求をしているかのように捉えられ、失礼な表現となってしまいます。

自身の行動に関する文章の中で使用するのは誤り

「お手数をおかけしますが」は、相手を敬って使われる表現です。したがって、自身の行為に対しては使用できません。例えば、「お手数をおかけしますが、のちほど確認させていただきます。」は誤用です。冒頭にクッション言葉を添えたいのであれば、「恐れ入りますが」や「申し訳ありませんが」を付けるのが正解となります。

まとめ

仕事上、相手に何かを依頼する機会は多いものです。できるだけ気持ちよく、自分の要望や依頼を受けてもらえるようにするためにも、「お手数をおかけしますが」をタイミングよく使いこなしましょう。ただし、使いすぎると、単なる枕詞と思われがちであるため、使う頻度にも注意が必要です。

ページ上部へ戻る