【例文付き】「行く」の謙譲語(参る・伺う)と尊敬語の使い方

ビジネスの場で使わない日はない「行く」という言葉、状況に応じて正しく使い分けられているでしょうか。一口に「行く」と言っても、自分がどこかへ出かけるというだけでなく「目上の方や取引先のもとへ訪問する」「上司がどこかへ訪問する」など様々なシーンが想定され、その場に応じた正しい使い分けが重要です。 間違った使用の仕方をしていることに気づかないまま過ごしていて、実は上司や取引先に「言葉を知らない人だ」と思われてしまっているかもしれません。間違えて恥をかかないためにも、実は正しく使えていないことの多い謙譲語について改めて確認してみましょう。

頻出単語「行く」の謙譲語

商談や会議などでよく使う単語「行く」は誤用も多い

初めに「行く」についての使い分けを整理しておきます。

  • 「行く」:の尊敬語:「いらっしゃる」「行かれる」「おいでになる」
  • 「行く」の謙譲語:「参る」「伺う」
  • 「行く」の丁寧語:「行きます」

例えば、明日の予定を聞かれ、あなたは次のように答えました。これは正しいでしょうか。

「明日14時にA社の鈴木部長が参ります。」

「参る」は「行く」の謙譲語なので、自分をへりくだり相手を敬う時に使用します。そして自分の行動に対して、つまり自分が“主語”になる場合に使用します。したがって、「参る」は“鈴木部長が”自社に来る場合ではなく“自分が”取引先A社に赴く場合に

「(自分が)明日14時にA社に参ります 」というように使用します。

上記の例文の場合、来て下さるのは「鈴木部長」で自分の行動ではないので、

「明日14時にA社の鈴木部長がいらっしゃいます。」

というように「いらっしゃる」もしくは「お越しになる」「おいでになる」を使用するのがよいでしょう。相手の行動に対して謙譲語を使ってしまうと、丁寧に言ったつもりが逆に相手の立場を下げてしまうことになるので注意が必要です。

また参るは「行きます」より丁寧な語としても使われます。「今行きます」「代わりに私がそちらに行きます」よりも、「今参ります」「代わりに私がそちらに参ります」の方が、より丁寧な印象になりますね。

なお「伺う」も「行く」の謙譲語なので、「参る」同様自分が主語になる場合に「明日14時に伺います」というように使用します。

正しい謙譲語を使うのはビジネスマナー

ビジネスでは、様々な立場の方と関わって仕事をしていかなければなりません。特に、取引先や関係先はもちろん、社内でも上司など立場の高い方との円滑なコミュニケーションには正しい謙譲語修得が必須です。

「行く」の謙譲語は「参る」「伺う」


謙譲語とは、自分の行動に対して使う言葉で、「行く」の謙譲語は「参る」「伺う」です。例えば「本日○時に御社に行きます」は「本日○時に御社に参ります」または「本日○時に御社に伺います」というように使います。

「参る」と「伺う」の違いとは?


「伺う」「参る」とも、自分がへりくだり相手に敬意を表するという意味で使用します。ただし、「伺う」は敬意を払う相手がいない場合は使用できません。

× 資料室に必要な資料を取りに伺います。
○ 資料室に必要な資料を取りに行って参ります。
○ 御社に書類を取りに伺います。
○ 御社に書類を取りに参ります。

この場合、資料室には敬意を払うべき相手がいるわけではないので、「伺う」は使用しません。取引先には敬意を払うべき相手がいるので、「参る」「伺う」どちらも使用できます。

× 今度の休みは旅行に伺います。
○ 今度の休みは旅行へ参ります。

この場合も敬意を表す相手がいないので「伺う」でなく「参る」となります。同様に、行く先にいる相手が身内であるなど、敬意を払う必要がない場合も「伺う」の使用は不自然なため「参る」を使います。

× 先週、支社に伺いました。
○ 先週、支社に参りました。

× 日曜日、姉の家に伺いました。
○ 日曜日、姉の家に参りました。

おさえておきたい「行く」の尊敬語


謙譲語を理解するうえで、最後に「行く」の尊敬語もおさえておきましょう。「相手を立てる」という意味合いでは同じですが、謙譲語は自分が起こす行動に対して使用するのに対し、尊敬語は、相手の行為に対してその相手を立てる時に使います。

「行く」の尊敬語は、「行かれる」「いらっしゃる」「おいでになる」などが挙げられますが、なかでも「行かれる」は「行く」の活用形に尊敬の助動詞「~れる」を付けただけのもので、「いらっしゃる」「おいでになる」に比べて尊敬の度合いが低くなります。よって、取引先や上司には「いらっしゃる」「おいでになる」を使ったほうがよいでしょう。

  • 部長、夏休みにパリにいらっしゃったそうですね(おいでになったそうですね)。
  • 先生がそろそろいらっしゃる頃だと思いお待ちしておりました。

先輩などフランクな関係の場合には「いらっしゃる」より「行かれる」の方が自然です。

・○○先輩、夏休みに海外に行かれたそうですね。
・○○さん、来週の懇親会には行かれますか?

このように、その場にふさわしい尊敬語を使い分けられるようにしておきたいものです。

まとめ

いかがだったでしょうか。「自分」「相手」どちらが行動するのかを意識すると、謙譲語・尊敬語の使い分けがわかりやすくなりますね。日頃からビジネスマナーを意識した会話を心がけ、社会人として、相手を敬い、不快にさせない言葉遣いをしていきたいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る