「引き受ける」を敬語で表現するには?ポイントと注意点

  • 2017-8-1

自らが仕事を引き受ける場合、または相手に依頼して引き受けてもらった場合、ビジネスでは結構多いパターンではないでしょうか。それでは、「引き受ける」をビジネスに適切な敬語に直したら?敬語にした場合の例とポイントを解説します。

「引き受ける」2つのパターン

ビジネスシーンにおいて、「引き受ける」という表現を使う場面は2つ考えられます。1つは、自分が仕事を引き受ける場合です。社内においては、上司から与えられた仕事を代わりに引き受ける、社外においては依頼のあった仕事を引き受けるケースなどが出てくるでしょう。

もう1つのパターンは、こちらから相手に依頼して、仕事などを引き受けてもらう場合です。依頼を引き受けてもらった場合は、「お引き受けいただき」など、こちらも「引き受ける」という表現が使われます。

なお、ビジネスシーンにおいて、多くは仕事や依頼を引き受けるという意味合いがほとんどです。ただし、もともと「引き受ける」は、「保証する」「対応する」という意味もある言葉なので、場合によっては対応の引き継ぎなどの場面で使うこともできます。

仕事や依頼を引き受ける場合の表現

パターン1の自分が仕事を引き受ける場合。よく使われる一般的な表現をご紹介します。

お引き受けいたします

「引き受ける」を表現したいときの、シンプルな言い回しです。特に周りくどい表現が必要ない場合は、「お引き受けいたします」で十分でしょう。
例文:先日の件、お引き受けいたします。

承知いたしました

上司や取引先に対して広く使える表現です。似た表現である「了解いたしました」は上司や取引先に対しては失礼にあたる場合があるため、使いどころには注意しましょう。
例文:ご依頼について承知いたしました。

かしこまりました

こちらもややかしこまった表現です。電話での応対でもよく使われています。
例文:かしこまりました。期日までに対応いたします。

やむを得ず引き受ける場合のスマートな受け答え

依頼によっては、かなり無理のあるものもあります。今回だけ仕事や依頼を引き受ける場合は、今回だけという部分を強調して、「今回限りということでお願いいたします。」と付け加えましょう。シンプルかつ相手に不快感を与えない断り方がポイントです。

謙遜プラスでより大人な対応になる

「承知いたしました」「お引き受けいたします」など、シンプルに引き受けるという意思を伝えるだけでも良いですが、日本ではビジネスを含め、謙遜が美徳とされてきました。ビジネスシーンでも、謙遜をうまく取り入れることで、より大人なスマートな対応になります。「引き受ける」と一緒に使用したい表現は2つです。

微力ながら

「戦力としては及びませんが」「わずかながらですが」と自身の能力をへりくだった表現です。
例文:微力ながら、ぜひお引き受けしたいと思います。

私などでよろしければ

「(他にも選択肢としてあったでしょうに)私でも良ければ」という意味ですが、私を選んでもらって嬉しいという意味も含まれています。
例文:私などでよろしければ、お引き受けさせていただきます。

相手も気持ち良いプラスの言い回し

謙遜することも良いですが、取引先とのやりとりであれば、相手の立場にたった気持ちの良いやりとりを心がけることも大切です。「引き受ける」ことにプラスして使える言い回しをご紹介します。

お役に立てれば幸いです

ニュアンス的には「微力ながら」と少し似ています。異なる点は、そこまでへりくだった表現ではなく、相手の役に立てれば嬉しいというプラスの意味合いが感じられる点。
例文:先日のご依頼、お引き受けいたします。お役に立てれば幸いです。

ご期待に添えるよう精一杯がんばります

がんばりたい、努力したいという意気込みがよく伝わってくる言い回しです。プラスの表現であると同時に、ややフレッシュな印象も与えます。
例文:かしこまりました。ご期待に添えるよう精一杯がんばります

お力になれれば幸いと存じます

文章のつくり、意味的には「お役に立てれば幸いです」とほとんど同じです。「お力になれれば」ですので、プロジェクトの一員などとして携わる場合、仕事を補助する場合などが適切です。
例文:承知いたしました。お力になれば幸いと存じます。

引き受けてもらったときの言い回し

ビジネスにおいて、依頼を受けるのは自分だけとは限りません。相手との関係性によっては、自らが仕事などを依頼する場面もあります。相手に仕事などを引き受けてもらった場合、どのような言葉が適切なのか、「引き受ける」をベースに2つの例をご紹介します。

お引き受けいただき感謝いたします

「引き受ける」をシンプルに使った場合の表現です。感謝いたしますと相手にお礼の言葉を添えることで、シンプルかつ丁寧なお礼の返信にすることができます。
例文:先日の件、お引き受けいただき感謝いたします

ご快諾いただきありがとうございます

「引き受ける」を敬語で表現する場合、「引き受ける」にこだわる必要はありません。引き受けてもらった場合は、「快諾」と表現することでややフォーマルな印象になります。
例文:突然の依頼にも関わらず、ご快諾いただきありがとうございました。

まとめ

「引き受ける」を敬語で表現する場合、シンプルな表現で十分です。反対に、回りくどい「引き受けさせていただきます。」は文法的におかしな表現になるので注意しましょう。「承知しました」「かしこまりました」といったバリエーションをつけると表現の幅も広がります。

ページ上部へ戻る