「嬉しい」を敬語で言うには?メールや英語での使い方もチェック

  • 2017-8-1

依頼を承諾してもらったときの他、予定が合ったとき、なにかしてもらったとき、「嬉しい」という気持ちを伝える場面はビジネスにおいて日常的にあります。ただ、直接的に「嬉しいです」と言ってしまうのは避けたいところ。ビジネスシーンに合った「嬉しい」を表す敬語を解説します。

「嬉しいです」は誤り?!最上級は?

「嬉しい」という気持ちを敬語で表現するとき、どのように表現するのが適当だと思いますか。「嬉しいです」という単語が真っ先に浮かび上がってきたのであれば、それは間違い。「~です」と敬語で表現する場合、「~です」の前にくるのは体言(名詞など)です。しかし、「嬉しい」は体言ではありません。そもそも、文法的に「嬉しいです」はおかしな表現だということが分かります。また、「嬉しいです」と言ってしまうと、やや稚拙なイメージを相手に与えてしまい、ビジネスシーンにおいても不適切です。

それでは、「嬉しい」を最も丁寧にした敬語はなにになるのでしょう。「嬉しい」の最上級とされるのが、「この上なく喜ばしい限りです」になります。これ以上ないくらいに嬉しさを感じたとき、最大限に嬉しさを表現したいときに使いたい言い回しです。

使い分けよう!メールや手紙の場合

メールや手紙で「嬉しい」を伝える場合は、やや硬い表現を使うのが一般的です。ビジネスシーンでよく使われる3つの言い回しをご紹介します。

大変嬉しく存じます

「嬉しい」という気持ちをシンプルに伝えたいときの言い回しです。「嬉しい」も「存じます」に繋げることで、ビジネスシーンで使えるやや硬い表現になります。
例:本プロジェクトに携わることができ、大変嬉しく存じます。

光栄に存じます

先方からお褒めの言葉をもらったときの表現で、よく使われる言い回しです。名誉に思うという気持ちを丁寧にした表現。取引先とのやりとりで押さえておきたいです。
例:お役に立てて光栄に存じます。

感謝いたします

「嬉しい」という表現は、「感謝」にも置き換えることができます。単純に感謝の気持ちを示したいときは、「感謝します」でも十分です。
例:お力添えに感謝いたします。

会話で「嬉しい」を伝える表現は?

会話の場合は、メールや手紙のように顔が見えない状態でなく、ある程度相手の雰囲気も分かるため、硬い表現をやや崩した言い回しでも大丈夫です。反対に、あまりにも硬すぎると、シーンによっては場違いな印象を与えてしまう場合もあります。

嬉しく思います

メールや手紙では「嬉しく存じます」が良いですが、実際に対面している場合は「嬉しく思います」が一般的です。
例:お心遣い、嬉しく思います。

感謝いたします

「感謝いたします」は、会話でもよく使われている表現です。プロジェクトに参画したメンバーに、協力いただいた企業に、「嬉しい」という気持ちも含め1つで表現することができます。
例:この度は、同プロジェクトにご協力いただき感謝いたします。

恐れ入ります

相手になにかをしてもらったときに、こちら側で準備するつもりがすでに先方が用意していたときに使える表現です。「嬉しい」という気持ちだけでなく、感謝や少し申し訳ないという気持ちが含まれることがあります。
例:すでにご用意いただき、恐れ入ります。

行動を促すとき「嬉しい」は「幸い」

単純に自分が「嬉しい」という場面での言い回しをご紹介してきましたが、「嬉しい」は相手の行動を促すときにも活用できます。たとえば、相手になにかしてほしい場合。「~していただけないですか。」はまだしも、「~してください。」だと少し命令口調で、相手によっては少し不快感を覚える場合があります。そこで活用したいのが「幸い」という表現です。

「幸いに存じます」

例:来週までに資料を準備いただけると幸いに存じます。
ニュアンス的には、「資料を来週までに準備してもらえると嬉しい」ですが、強制力はなくても「来週までに準備してもらいたい」という気持ちが含まれています。強制力のない分、希望通りにいかない場合があるため、期日の決まったもの、実行しなければならない事柄には向きませんが、相手に選択肢を提示した上で、できれば希望通りにしてもらいたいときは有効です。

「嬉しい」を英語で表現すると?

「嬉しい」と聞くと、”happy”や”glad”といった英単語が思い浮かぶかもしれませんが、ビジネスシーンで押さえておきたいは、”pleasure”、”appreciate”、”delighted” の3つです。それぞれ、”pleasure” は「楽しみです」、”appreciate” は「感謝します」、”delighted” は「喜んで」という意味があります。どれもややフォーマルなビジネスシーンで使える英語表現です。それぞれの使い方を見ていきましょう。

例文1:I am pleasured you have come.(お越しいただき嬉しいです。)

楽しみですという意味の他、「嬉しい」という意味としても使うことができます。

例文2:I would appreciate it if you could reply to me.(お返事いただけますと幸いに存じます。)

日本語でも見られる表現ですね。相手に返事を促したいときによく使われます。

例文3:I am delighted to meet you.(お会いできて光栄です。)

喜んでという意味の他、「嬉しい」気持ちを表現したいときにも使える言い回しです。

まとめ

「嬉しい」という表現は、円滑なビジネスにおいてキーポイントになります。正しく、かつ適切に使えることが重要。「嬉しい」という気持ちは相手にとっても良い印象を与える言葉になるので、使えるシーンではぜひ取り入れてみましょう。

ページ上部へ戻る