解雇時の失業保険、いつからもらえる?書類・手続き・待機期間を確認!

生涯雇用と職の安定が保たれていたのは、今や昔のこと。リストラや早期退職などと謳って、突然会社をクビになってしまうこともあります。そんな突然解雇となってしまったときに困るのが、再就職までの生活費です。ただし、国の制度で、一定条件を満たせば失業手当を受けられるので、解雇された場合はまず、失業保険の要件に該当しないか確認してみましょう。

失業保険(失業手当)とは

キーボード,人,kuguru,クグル,くぐる

失業保険とは、解雇などにより会社を退職してしまった場合、次の職を見つける間生活に困らないようにと設けられた制度です。一定の要件のもと、退職先の会社の年収や年齢による上限額に応じて、一定期間、給付金を受け取ることができます。

失業保険を受け取ることができる要件は、過去2年の間に通算して雇用保険の被保険者期間が12ヶ月以上(解雇などやむを得ない事情がある場合は過去1年の間に通算して被保険者期間6ヶ月以上)がある場合。そして、いつでも就職できる状態で本人にも就職の意思があるにもかかわらず、なかなか就職できない場合です。

給付金には年齢ごとに上限額が定められていますが、上限を超えてしまう場合を除いて、前職の退職までの6ヶ月の給与を目安に50~80%、60歳から64歳までは45~80%の間で給付金を受け取ることができます。

解雇された場合と自己都合退職の違い

天秤,kuguru,クグル,くぐる

失業保険は、退職理由や自己都合、解雇されたかなどのよって受取りの条件が変わってきます。大きな違いが失業手当の支給日数と給付制限です。

失業手当の給付日数

通常、自己都合退職の場合は全年齢共通して被保険者期間に応じて90~150日と定められています。しかし、解雇による退職の場合は90~330日まで、年齢や被保険者期間によって細かく定められています。

たとえば、45歳以上60歳未満で、20年以上の雇用保険被保険者期間があった場合は、失業手当が受けられるのは最大の330日です。45歳から60歳という年齢の場合、なかなか再就職先が見つからないというのも理由のひとつに挙げられます。

給付制限

解雇による退職の場合は、突然会社から辞めるように言われたという点も考慮して、待機期間の7日以外特に給付制限を受けることはありません。無事手続きが完了して7日間の待機期間を過ぎれば、失業手当の受給が開始します。一方、自己退職の場合は、待機期間意外に給付制限期間があり、3ヶ月は失業手当を受けることができません。

雇用保険の受給期間は延長できる?

カレンダー,日付,鉛筆,kuguru,クグル,くぐる

失業手当の受給期間は、基本は離職から1年です。1年を超えての失業手当は受けられないようになっています。この場合の受給期間というのは、退職からすぐに申請しなかった場合の話で、失業保険の手続きや有効な期間のことを指します。給付日数が増えて、金額が増えるという訳ではありません。

たとえば、失業保険を受けられる人はすぐに働ける状態にあることとご紹介しました。このすぐに働ける状態というのは病気やケガ、または妊娠や出産の状態にないということです。ですが、病気や妊娠中で働けない人もいずれは病気を克服して働けるようになったり、子育て時期が安定したりして働けるようになるはずです。そんなとき、すぐに就職できないのでは、傷病手当なども切れて生活に困ってしまいます。

そこで、失業保険は、離職翌日31日目から1ヶ月以内に延長の手続きを申し出れば、最大3年受給期間を延ばすことができます。仮に、3年以内に就職することがあれば、働ける状態になってから再就職先が決まるまで、決められた範囲内で失業手当を受給できるということです。

失業給付の必要書類について

ノート,ペン,kuguru,クグル,くぐる

失業給付を受けるのに必要なのは、雇用保険被保険者証と雇用保険被保険者離職票の1と2の3つです。いずれも、退職した職場から交付または受け取れる書類になります。雇用保険被保険者証については、雇用保険に加入していたかどうかで異なるので、事前に職場に確認をしておくと良いです。

なお、解雇などの会社都合による失業の場合は、離職票2の「具体的事情記載欄」の部分が解雇となっており、自身で同意している場合は同上となっているはずです。自己都合の退職になっている場合は、失業保険の期間や給付制限など受給が少し変わってしまう場合もあるので、しっかり確認しましょう。

書類がそろったら、ハローワークで手続きを行い、手続きから7日間の待機期間ののち、説明会、実際の求職活動を行いながら、4週間ごとに失業認定を受けて、給付という流れになります。失業認定では、日付がしっかりと決められているので、突然就職の面接が入ったという場合などどうしても行けない場合を除き期日に遅れないようにしましょう。

まとめ

解雇されてしまったときこそ、次の就職のために動き出すことが大切です。解雇の場合は、給付制限期間なく待機期間を過ぎればすぐに失業手当が受けられるので、失業保険を活用しながら、再就職先を見つけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る