営業メールの教科書|読まれるタイトルや送るタイミングを解説

みなさんは日々どのように新規営業活動をされていますか?少し前までは電話によるテレマーケティングが主流でしたが、最近ではメールのみの営業活動で成功している企業も珍しくありません。 特に「少人数で、短時間に、できるだけ多くの見込顧客にアプローチしたい」というようなベンチャー企業や新規事業チームにはとても有効な手段となります。 今回はそんな効果的な営業手段となる営業メールについてご紹介します。

まずおさえたい営業メールの基本構成

握手,ビジネス,kuguru,クグル,くぐる

営業のメールは送り先に開封して読んでもらうことが何よりも重要です。そして読んでいただいたときに怪しまれずにメリットを伝え、興味を持ってもらう必要があります。そのためにはしっかりとしたメール構成が重要です。

1:自己紹介

新規で営業メールを送る場合、相手は自社やサービス、自分のことについて全く知らない、もしくはあまり詳しく知らないケースがほとんどでしょう。よく知らない人からいきなり何かを契約しようと思う人はいません。まずは自分が何者なのかしっかり伝える必要があります。

2:用件

なぜこのメールを送っているのかしっかりと伝えましょう。知らない人から届いた用件がわからないメールは当然怪しまれてしまいます。

3:提案・メリット

このメールで提案していることにより、相手にどのようなメリットがあるか簡潔に伝えましょう。メリットがしっかりと伝われば、興味を持ってもらえる可能性が高まります。

4:アクション

メリットを伝え興味を持ってもらえたら、次につながるアクションを提案します。直接会って説明する、さらに詳しい資料を送る、無料体験につなげるなど、さらに深く知ってもらうためのアクションを伝えます。

読まれる営業メールは件名が命

ポイント,女性,kuguru,クグル,くぐる

営業メールを受け取った相手がまず最初に見るのが、メールの件名です。つまり、件名で概要を伝え興味を持ってもらわなければ開封してもらえません。では相手が開きやすいメールの件名は、どのようなものなのでしょうか。

1:短くシンプルに

相手にサービスについて知ってもらいたい気持ちが先走り、長文になると逆効果です。パッと見て相手が判断できるよう、短くシンプルにしましょう。

2:用件を明確に伝える

最近は知らないメールを開いてセキュリティ事故につながるケースが増加しています。そんな中で知らない人から「貴社にお得な情報があります。」というような何の用件か分からないメールを受け取っても、開封せずに削除される可能性が高いでしょう。例えば、「次世代高速モバイルWi-Fi◯◯のご提案」のように、何を紹介したいか明確にしましょう。

営業メールはタイミングも大切

男性,kuguru,クグル,くぐる

営業メールを送るのにも適切なタイミングがあります。送るタイミングを誤って送信すると、相手にマイナスイメージを与えてしまい、開封率や今後の取り引きにも悪影響です。営業メールを送るタイミングについて、ポイントをチェックしてみましょう。

初めての営業メールの場合

まだ直接顔を会わせていない新規見込顧客に営業メールを送る場合、基本的には相手の就業時間内に送りましょう。深夜に営業メールを送ると、「こんな遅くまで営業している会社のコンプライアンスは大丈夫だろうか?」と不安に感じるかもしれません。
忘れずに送信したい場合は、メール送信予約機能などを活用しましょう。

初めて訪問したお礼メールの場合

初めて訪問して会えた顧客や、展示会などで名刺交換した見込顧客にお礼のメールを送る場合も、基本的には相手の就業時間内にメールを送るのが良いでしょう。

ただし、夜のイベントに知り合った相手や、業務の都合でメールを送るのが夜遅い時間帯になった場合、深夜にメールを送ると迷惑をかけてしまう可能性もあります。

その場合は、翌日早めに送り、「昨晩はありがとうございました。」や「お礼が遅れ申し訳ございません。」などひと言添えるとポイントアップにつながります。

他社と差をつける営業メールのコツ

kuguru,クグル,くぐる

営業メールの基本的なポイントを紹介しましたが、「営業メールの効果をさらに高めたい」「他の営業メールよりさらにステップアップしたい」という方のために、効果的な営業メールのコツをご紹介します。

メリット

製品やサービスの特長を長く説明しても、それが相手にとってどのようなメリットがあるかイメージできなければ伝わりません。

「採用業務の効率化によりコスト削減」「訪問提案時の受注率アップにより売上増加」など、このサービスを導入すると、相手は何が実現できるかを伝えましょう。

事例紹介

提案している相手と近い業種や成功事例を紹介すると、相手も具体的なメリットや導入イメージがつかみやすくなります。「◯◯%のコスト削減に成功しました」など、実際の数値を織り交ぜるとさらに効果的です。

アクション

こちらが何をしたいか、相手に何をしてもらいたいか、メールを最後まで読んでもらった後のアクションを明確に提示しましょう。

  • 訪問して詳しく説明する時間が欲しい→アポイントのお願い
  • 展示会やセミナーに参加してもらいたい→詳細ページ、登録フォームへのリンクをクリック
  • 実際にサービスに触れてもらいたい→無料トライアル利用申込み、サンプル希望フォーム入力

まとめ

いかがでしたか?営業メールは少人数で、短時間に、できるだけ多くの見込顧客にアプローチできる強力な営業ツールです。日々の営業に携わるセールスの方に限らず、ベンチャー企業や新規事業チームにはとても有効な手段となります。ぜひ活用してくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る