面接で短所を聞かれたら?優柔不断・頑固・せっかちなど答え方の例を紹介

  • 2017-9-11

面接時に面接官から質問される内容で悩むことが多い内容に「短所」があります。自分の短所を今から入る会社の人に話すということは、マイナスイメージを与えてしまう可能性もあり、話しにくい内容だと思います。今回は話しにくい短所を自分のアピールポイントにするための答え方について紹介します。

面接で短所を聞かれたときの答え方

転職,ビジネス,kuguru,クグル,くぐる

面接で聞かれることに必ず含まれている短所ですが、どのように答えるのがベストなのでしょうか。転職時の面接で短所を聞かれたときに対する答え方について以下にまとめました。

なぜ面接官が短所を聞いてくるのか

面接官はなぜ短所を聞いてくるのでしょうか。短所を聞くことで面接官が見極めようとしていることは、

  • 誠実さ
  • 客観的に自分を見ることができるか
  • 課題解決に対する能力

の3つだといわれています。

誠実さ

まずどんなに優れている人でも、誠実でない人とは働きたいとは思われません。短所をできるだけ見せないような回答をしてしまうと、その人に対して誠実さが感じられないものになりかねません。そのため下手に隠すよりも、正直に話すことが誠実さを伝えるポイントです。

客観的に自分を見ることができるか

しっかりと自分の短所が言える人は客観的に自分を見ることができる人なので、そのことについて面接官も評価します。客観的に見ることのできる人は仕事でもその能力を発揮するといわれているので、しっかりと自分を見つめ直し、短所を考えましょう。

課題解決に対する能力

問題解決に対する能力は短所について話すときに、自分の短所と向き合う必要性があります。そのため向き合ったときにどのような行動をするか面接官が見たいわけです。短所の克服やカバーができる人は、仕事に関しても自らを成長させ続けられる人と見られます。

転職者は何を答えればいいのか、答え方のコツは?

では短所に対してどのように回答すれば、面接官は良い印象を持つのでしょうか。

本当のことを言う

短所はよほどのことがない限りは本当のことを言いましょう。下手な嘘は、面接官にバレてしまいマイナスポイントになってしまいます。内容を考えるときのコツは、考えた短所が努力次第で改善またはカバーできる内容であるかです。

誰しも持っている短所をどのように改善またはカバーして、仕事をしていくかを面接官は聞きたいので、その改善またはカバーの内容をメインに考えていきましょう。

逆に、言ってはいけないことは?

短所を聞かれたときに、短所はありませんと答えることは控えた方がよいとされています。誰にでも短所はあるはずなので、客観的に自分を見ることができない人と思われてしまう恐れがあります。

また時間にルーズなことやネガティブ思考なことは避けるべきです。そちらも改善またはカバーすることが難しいので、できるだけ他の短所にしましょう。

短所が思いつかなければ、長所の言い換えから考えてみる

もし短所が思い浮かばない場合は、自分の長所から考えましょう。長所が見つかった場合は、その長所を逆にしてみて、短所につなげましょう。

例えば人に優しいことが長所だとした場合、周りを気にしていることで、人に優しくできていると考え、それは一つのことに集中できていない優柔不断な人と考えることもできます。そのためその人は優柔不断を短所に改善またはカバーの内容を考えていくと、良い短所の回答ができることでしょう。

短所が「優柔不断」のときは?

迷い,kuguru,クグル,くぐる

短所を優柔不断にしたときはどのように回答すればいいのでしょうか。

判断に時間がかかってしまう。

優柔不断なので、判断に時間がかかってしまうことがあるという内容を伝えます。その時に具体的な例を挙げておくと伝わりやすいでしょう。

例えば、「会議などで進行役を任されたとき、参加者の意見を複数検討してしまい、時間内に結論が出せなかったことがあった」など、時間内に間に合わなかったことを例に挙げると伝わりやすいです。

時間を決めることで悩む時間を減らす

時間内に結論が出せないということは、それぞれの内容で悩んでいる時間が長いことが原因であると考えます。そのため改善する内容を考えるとすれば、時間を決めて悩む時間を減らすことが効果的でしょう。

そのため先ほどの例に合わせると、「結論を出すべき会議の際は、自分で決めた時間内で必ず結論を出すように努めています。」といったような内容が良い回答です。

短所が「せっかち」のときは?

時間がない,急ぎ,kuguru,クグル,くぐる

短所をせっかちにした場合はどのように回答すればいいでしょうか。

急いでしまう、相手を急かしてしまう

せっかちなので結論を急いで出してしまうことで、相手を急かしているという内容を伝えます。

その時の具体例は「取引先に何度も連絡をしてしまい、取引先から怒られたことがあります。」というような内容で、相手を急かしてしまい、相手に不快な思いをさせてしまったことを伝えられれば具体性が増します。

相手の状況や立場をよく考えて行動する

何事も早く終わらせたいがために、急いでしまい、相手を煽るようなことが原因で相手に不快な思いをさせているのが原因です。
そのため改善する内容は相手を急がせないように、相手の状況や立場をよく理解し、相手からの連絡を待つことが適切です。
先ほどの例に合わせると「相の状況や立場を考え、連絡を送った後は返ってきてから折り返しの連絡をするように改善しました。」のような例が良いでしょう。

短所が「頑固」のときは?

頑固,kuguru,クグル,くぐる

短所を頑固にした場合はどのように回答すればいいのでしょうか。

責任感が強いため、まわりに頑固という印象を与えてしまう

責任感が強いため、会社での決め事や一度決めたことを曲げることをしないという内容を伝えます。

具体例としては「自分の意見に責任感を持ちたいという思いが強いため、一度決めたことに対して他の意見を聞き入れなくなります。」というような内容で、責任感を持っていることと同時に、頑固さをアピールできると具体性が出ます。

周囲の意見に耳を傾ける。協調性を持つことを心がける

一度決めて他の意見が受け入れなくなっているときは、感情的になっていることが原因だと考えられます。

そのため意見がぶつかった場合、一度冷静になり、相手の意見もしっかりと聞いて、必要であれば考えを改めることで改善されます。先ほどの例に合わせると「意見がぶつかってしまったときは、感情的にならず相手の意見を聞き、必要に応じて考えを変えるようにしました。」のようにすると良いでしょう。

短所が「マイペース」のときは?

葉,kuguru,クグル,くぐる

短所がマイペースのときはどうような回答が良いのでしょうか。

一度夢中になるとまわりが見えなくなってしまう

マイペースの人は、一度集中してしまうと周りが見えなくなったしまうことを伝えます。

具体例としては「何かに集中してしまうと、周りが見えなくなってしまい、仕事でも一つのことに時間を使いすぎてしまい、ほかの仕事が終わらないときがあります。」という内容で、一つのことに集中してしまい、他のことに手が回らなくなることを伝えると良いです。

時間を決めておく

何か一つのことに集中してしまうことで、時間を忘れてしまうことが原因です。そのためなにか集中する場合は、あらかじめタイマーなどで使う時間を決めておくことで改善されます。

先ほどの例に合わせると「何か集中するときは、あらかじめ使う時間を決めておき、すべての仕事をしっかりと終わらせられるように管理しました。」のようにすると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?なぜ面接官が短所を聞いてくるのか、聞かれる理由、さまざまな例による答え方についてご紹介しましたが、これは一例です。短所の内容も人によってさまざまなので、ご自身の短所を正直に話すことが面接での良い評価に繋がるでしょう。

ページ上部へ戻る