転職面接の鬼門!?仕事での失敗体験の質問に答えるときの注意点

  • 2017-9-11

転職時に必ずある面接ですが、さまざまな質問をされます。 その中で気をつけたいのが仕事での失敗体験の質問に対する回答です。 本当にやってしまった失敗体験をどのように話せば、面接官は良い印象を持ってくれるのでしょうか。 今回は仕事での失敗体験に対する答え方についてご紹介します。

仕事での失敗体験を聞く意図とは?

疑問,クグル,くぐる,kuguru

面接時に面接官が仕事での失敗体験について聞いてくることがあります。どのような失敗をしたか入社前にあらかじめ聞いておくために聞くということではないようです。ではどういった意図があって聞いているのでしょうか。

転職の面接時に仕事上の失敗談を聞く意図

面接時に話す失敗した内容は、それほど気にされていないことが多いといわれています。そのため面接官が注目しているのは、話す内容よりもどのようにその失敗を克服したかという点です。そのため失敗した内容は、軽くまとめて話す程度で、失敗の克服方法について重点的に話すことが重要です。

失敗談から企業側は何を読み取るのか

失敗談を聞くことで、企業側はあなたのパーソナリティを知ることができます。性格を直接尋ねるよりも素直に回答してくれるので、その人のパーソナリティをしっかりと見極めることができます。

また失敗を受け入れることができる人か、失敗から学ぶことができる人かなどを見極めるためにも行われる質問なので、克服方法に加え、再発防止対策や改善方法なども一緒に話すことで、自分をアピールするチャンスになります。

「失敗体験は特にない」はNG!?

NG,kuguru,クグル,くぐる

面接官から失敗体験を質問されたときに「今まで仕事で失敗はしたことがありません」と答えることはNGです。人間である以上だれでも失敗はするものです。もし、失敗したことがないと話してしまう人には以下のような特徴があります。

失敗の体験を話すことに抵抗を感じる転職希望者は多い

仕事上の失敗を話すことで、マイナスイメージを持たれることに恐怖心が出てくることから話すことに抵抗を感じる方がいます。
しかし、失敗談から克服方法や再発防止についての考えを話すことで、面接官はあなたの責任感と改善する意欲を読み取ることができ、プラスイメージを持たせることもできます。そのため失敗談を話すことは抵抗があると思いますが、転職を成功させるためにも積極的に話していきましょう。

自己分析能力や反省をする能力に欠けていると捉えられる可能性がある

失敗談がないということは、ミスをしない完ぺきな人材ととらえられることはほとんどありません。そればかりか責任のある仕事をこれまで任されていないのではと思われてしまいます。

また実際は失敗しているのに自己分析能力が低いがために、自分のせいと気が付いていないと捉えられかねません。
失敗談をしっかりと話すことで、自分の問題解決能力をアピールできるチャンスになるので、失敗談を隠すようなことはやめておきましょう。

失敗体験から学んだことを中心に話す

プレゼン,kuguru,クグル,くぐる

仕事上の失敗談を話すときに、ただ失敗した内容を永遠と話されても面接官は困ってしまいます。
そのため失敗談を話すときは以下のことに注意して話してみましょう。

失敗体験=自己PRと捉える

失敗した内容はあまり掘り下げなくても問題ありません。
失敗談は自己PRとして話すつもりで、内容を考えると良いでしょう。
例えば、失敗したことに対する対応力や挽回力、失敗から学んだ内容や再発防止対策など、失敗したからできる自分のアピールポイントを探して、面接官に伝わるように話しましょう。

話す内容を考えるときの順番

話す内容を考えるときは以下のような順番に考えるとうまくいくことでしょう。

  1. 実際に失敗した経験を簡単にまとめて話しましょう。
  2. なぜその失敗をしてしまったか原因を究明しましょう。
  3. 原因からどういった判断をしたかまとめましょう。
  4. 判断から実際とった行動について考えましょう。
  5. 行動後どのような結果が得られたかまとめましょう。
  6. 最終的に失敗からどのような成長ができたのか考えましょう。

このような順番で考えると話はうまくまとまると思います。また面接官が一番聞きたい内容は4と6といわれているので、そこに力を入れると面接官が望んだ回答ができることでしょう。

こんな失敗体験談は避ける方がベター

NG,kuguru,クグル,くぐる

失敗体験で話す失敗談はどんな内容でもいいわけではありません。確かに自身が体験した失敗を話すのですが、あまりに大きな失敗などを話してしまうと企業側は自社でも同じミスをされてしまう恐れがあると判断して、不採用のきっかけになってしまうことがあります。

そのため失敗談を選ぶときは以下のことに注意しましょう。

転職の面接で避けた方が良い失敗体験談

最初に気をつけるべきは、失敗談が転職先でも繰り返しそうな失敗だったときです。例えば、「集中力が続かないこと」、「我が強く出てしまう」、「注意力がない」など性格や生まれ持ったことが原因で起こった失敗は、すぐに改善できないため面接官を不安にさせてしまう恐れがあります。

また同業種への転職の場合は、失敗の再発防止をしっかりアピールできないとマイナスに捉えられる恐れがあります。他には会社に大きな損害を与えた失敗については話さない方がいいです。どんなにいい改善方法や反省の色を見せても会社に大きな損傷を与えたことは、挽回できないことが多いです。
また企業側は同じことをされたら困ると考えるため、話さない方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
面接の中でも答えづらい質問ですが、うまく答えることができれば自分をアピールできる良い質問に変えることができます。
最近では、自分の性格を聞くことをやめ、仕事上での失敗経験でその人の性格を知ろうとする企業を増えているといわれています。
しっかりと対策をして、良い面接にしましょう。

ページ上部へ戻る