敬語「以後気をつけます」のビジネスでの使い方や類語・言い換えまとめ

会社の上司や取引先から間違いを指摘された際に、「注意します」「すみませんでした」のような意味で「以後気をつけます」と言うことはありませんか?この「以後気をつけます」という言葉の意味をきちんと理解された上で使用されてますか?「以後気をつけます」という言葉をただ単に使っていると、思わぬ結果を招いてしまうことがあります。この記事では、それを防ぐために、「以後気をつけます」という言葉の意味や使い方を記述したいと思います。

「以後気をつけます」は謝罪の言葉

土下座,謝罪,kuguru,クグル,くぐる

「以後気をつけます」とは、「今後は気をつけます」という意味です。つまり、これから努力していこうという姿勢や、謙虚な反省を表す言葉になります。

謝罪のみでは足りない場合も

「以後気をつけます」という言葉を発することで、「その場しのぎの言葉だ」、「何の解決にもなっていない」、「この言葉が信用できない」等と取られてしまうこともあります。

気持ちを込めて言っている側からすると、「謝罪の言葉として何と言っていいかわからない…」と悩んでしまいます。「以後気をつけます」という言葉を受け入れてもらうためには、この言葉が嫌いな人の理由を知り、対策を案ずる必要があります。では、そもそも、なぜ「以後気をつけます」という言葉が嫌いなのでしょうか。

この「以後気をつけます」が嫌いな人の理由としては、以下のような意見が挙げられます。

  • 「その言葉では解決になっていない」
  • 「反省に具体性がない」
  • 「信用できない」
  • 「その場しのぎで言っているのではないか」

これらの理由の中でも、特に「反省に具体性がない」から嫌いだと思っている人の割合が非常に高いです。つまり、「反省をするなら、次に同じ過ちをしないための具体的な案を出しなさい」という人が多いということです。

以後の改善をセットで伝える

従って、どのような場面であっても、「以後気をつけます」だけではなく、この言葉に加えて、「今後は、○○のようにします」といった言葉を付け加えると尚更良くなり、「以後気をつけます」という言葉を嫌っている人にも受け入れてもらえる謝罪の言葉になります。

「以後気をつけます」のビジネスシーンやメールでの使い方

ポイント,kuguru,クグル,くぐる

例えば、業務中にミスを上司に報告し、そのミスについて謝罪する時には「同じ失敗を繰り返さないよう、以後気をつけます」といった言い回しになります。従って、日常生活で使う時と意味や使い方は同じだと思って使ってください。

ビジネスシーンやビジネスメールでの使用例文

例文1.「このようなことを繰り返さないように、以後気をつけます。」

この例文は一般的な謝罪やお詫びをする際に使う文章です。この例文1の代わりに、「今後はこのようなことがないように、以後気をつけます」でも良いです。この2つの文章はどちらとも、「これから努力していきます」という謙虚な反省を表す綺麗な表現にもなっています。

例文2.「ありがとうございました。以後気をつけます。」

冒頭の「ありがとうございました。」は、問題解決に尽力していただいたことへの感謝を表した言葉です。つまり、トラブルを解決する際に、上司や社員の方に手伝っていただいた際に使うことができる文章です。

失敗をすると、誰しも、とにかく謝罪をしなければならないということで頭がいっぱいになってしまいがちです。しかし、手伝っていただいた際には感謝の言葉を述べることも大事です。

同じ「以後気をつけます」という言葉であっても、言い回しが違えば、伝わってくる雰囲気も異なります。どような言葉を並べると、より相手に伝わるかを考えて発信する必要があります。

「以後気をつけます」の類語とは

パソコン,女性,kuguru,クグル,くぐる

「以後気をつけます」という言葉の類語は、以下のようなものがあり、その数は結構多いです。

  • 「二度とこのようなことはしません」
  • 「肝に銘じております」
  • 「猛省しています」
  • 「失礼いたしました」
  • 「心がけます」
  • 「注意いたします」

しかし、この言葉よりは、「以後気をつけます」と言ったほうが反省した気持ちが伝わってきます。また、より念を押した言い方としては、「二度とこのようなことはしません」といった言い方も誠意が伝わってきます。

しかし、これらの類語は、状況によって使い分けをしなければ不自然な言い方になってしまいます。そのため、類語を使う際には細心の注意が必要です。

類語の例文

例文1.「ご指摘いただきありがとうございます。肝に銘じます。」

「以後気をつけます」よりもしっかりと失敗を受け止めているような雰囲気がします。しかし、どちらかというと「肝に銘じます」は、「覚えておきます」といった意味合いが強いので、相手から指摘をいただいた際に使うのが良いです。

例文2.「今後は充分注意いたします。申し訳ございませんでした。」

こちらの誤りを相手から指摘される前に発見し、謝罪する時の文章です。ビジネスメールで時刻が違っていた等の訂正メールに用いる例文です

まとめ

以上のように、類語は沢山あっても、状況によって変えなければさらなる悲劇にあう羽目になってしまいます。そのため、類語を使う際には、一番適当なものを考え、使う必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る