独学でもできる!アプリ開発のポイントを徹底解説

難しいと思われがちなアプリ開発ですが、独学でもできるのを知っていますか?無料のアプリも登場するようになり、生活に欠かせないもののひとつとなっています。アプリ開発が可能になると、仕事のキャリアアップにも繋がるでしょう。独学でできるアプリ開発のポイントを解説します。

アプリ開発は難しくない

プログラミング,kuguru,クグル,くぐる

以前、アプリ開発に必要な環境はすべて有料でした。情報も少なく、独学でするには難しい部分もありました。しかし今ではどのプログラミング言語を選んでも、ほとんどが無料となっており、取り組みやすくなっています。

Windows用のアプリは主にJavaやC#で開発できますが、他にもC++を利用できるインターフェースもあります。Android用のアプリを開発できる言語はJavaが主流となっており、JavaScriptやC#でも可能です。このふたつはWindowsを使用して開発することができます。対して、iPhone用アプリはObjective-C やswift、JavaScript、C#を利用します。ただし、Objective-Cよりもswiftの方が使いやすい言語なので、これからアプリを開発しようと考えている人はswiftをおすすめします。開発機としてはMacが必要なので注意しましょう。いずれも開発環境は無料で入手可能です。

アプリ開発に向いている素質

PC,kuguru,クグル,くぐる

アプリ開発はどんな人でも挑戦できますが、より向いている素質の傾向があります。アプリ開発はコツコツと積み上げていくものなので、根気がある人は続けることができるでしょう。好奇心が旺盛で、効率化を常に考えている人は、アプリ開発のアイディアが出やすいです。そして、プログラムを書くことが好きであったり、新しい技術を取得することが好きであったりする人にとっては、アプリ開発を楽しめるでしょう。

無料で手に入る開発環境

kuguru,クグル,くぐる

アプリ開発に必要な開発環境は無料で手に入れることができます。

Windows用アプリ

C#を使用する場合は、Visual Studio Communityを利用するといいでしょう。個人向けに無料で配布されており、コード補完機能やデバッグ機能に至るまで、製品版と差し支えない機能を持っています。英語が苦手な人はSharpDevelopがおすすめです。日本語に対応しているオープンソースで、Visual Studioシリーズと同じように人気があります。

Javaを使用する場合は、プラグインが豊富なEclipseがおすすめです。利用者が多いため、開発中に不明点があってもノウハウが蓄積されており、利便性に優れています。標準仕様で付いていない機能は追加でき、自分の好きなようにカスタマイズできる点が人気の理由です。他には、JBuilderやNetBeansなどがあります。

Android用アプリ

Google社が提供しており、公式の開発環境であるAndroid Studioを使用しましょう。Windows PCにもMac PCにも適応しており、Androidのバージョンに合わせて改良されているため、今ではAndroid用アプリの開発環境はAndroid Studioのみとなっています。

iPhone用アプリ

専用のXcodeで行いましょう。AppStoreから無料でダウンロードできます。

独学でアプリ開発を習得するためのポイント

まずはパソコンを準備しましょう。Windowsが一般的ですが、iPhone用アプリ開発にはMacが必要となります。次にアプリの開発プラットフォームを決め、開発環境を整えましょう。それぞれの開発環境に必要なソフトを、インターネットからダウンロードし、揃えておきます。細かい方法は、初心者向けのサイトがたくさんあるので、検索してみてください。
続いて、ターゲットにしたプログラミング言語を学習します。書籍を購入しても良いですし、初心者向けの学習サイトがたくさんあるので、それを利用して無料で済ませても良いです。
最後に、開発中に困ったことがあったら質問サイトを活用しましょう。親切な上級者が良い知恵を貸してくれます。

作ったアプリをどうするか

女性,ガッツポーズ,kuguru,クグル,くぐる

ひとりで使用しても良いですが、せっかくなら公開サイトを利用し公開してみましょう。WindowsならVectorなど、フリーソフトを扱っている有名どころのサイトを使います。AndroidならGooglePlayに、iPhoneならAppStoreにアップしましょう。
公開アプリを作るなら、「ダウンロードしてもらえる」アプリを目指すことが大切です。どんなに一生懸命作ったとしてもニーズがなければダウンロードしてもらえません。類似のアプリがない、オリジナリティのあるアプリにするために、目新しいアイディアを加えるのがポイントです。

本稿では、独学を前提としたアプリ開発のポイントを解説しました。アプリ開発に必要な環境はすべて無料で入手できます。また、開発にどの言語を使うとしても、インターネット上には初心者向けの情報がたくさんあります。困ったことがあったら、質問サイトを利用しましょう。質問サイトを利用する時は、回答してもらえるよう、丁寧に、詳細に質問を書くのがポイントです。そしてアプリを開発したら、サイトに公開して評価してもらいましょう。うまくいけば、きっとアプリ開発が楽しくてやめられなくなることでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る