技術者派遣は正社員より収入が高い?単価や成長が期待される職業!

今までの派遣のイメージとは異なるこの技術者派遣について、どのような特徴があるのか、通常の派遣とはどのように違うのか、そして技術者派遣の中でもとくに人気が多いエンジニア派遣についてご紹介していきます。派遣雇用の中でも「技術者派遣」が注目されはじめています。

新しい働き方「技術者派遣」とは?

技術者派遣について、その特徴や仕組み

「技術者派遣」とは、今までの一般的な派遣とどのように違うのでしょうか。通常の派遣というと一般派遣を指していることが多く、これは「登録型派遣」とよばれます。登録型派遣とは、非正規雇用として派遣会社に登録し、紹介された現場で働く雇用形態です。契約内容や報酬は就業先ごとに変化します。

それに対し、技術者派遣のような特定派遣は「常用型派遣」とよばれます。常用型派遣では、登録者が派遣会社の正社員として契約し、就業先企業の現場に派遣されます。

「登録型派遣」と「常用型派遣」の大きな違いの一つに、現場で就業していない時の収入の違いがあります。「登録型派遣」では派遣会社と就業先企業との契約が終了すれば、その現場も終了となり、次の派遣先が決まるまでは無収入状態となります。一方、「常用型派遣」では派遣会社から正社員として雇用されているので、現場が決まらず就業していなくても給与が支給されます。

技術者派遣のメリット・デメリット

技術者派遣のメリット

技術者派遣のメリットとして、まず多くの会社で積むことができるので、たくさんの方から指導を受けることが可能です。派遣される先の会社の案件によっては多種多様な人材がプロジェクトに参加していることもあります。そのため、多くの人の技術論に触れることができ、自身のスキルを高めることもできるでしょう。また給与体系が異なるため正社員より派遣の方が給料は高くなりやすいです。

技術者派遣のデメリット

技術者に求められることは即戦力となるため、経験値が浅いと上流工程の業務やマネジメント的な業務などは中々難しいといえます。また同じ派遣先への常駐年数が長くなるほど、技術者としての評価がその企業のみとなってしまうため、他の派遣先に行ってもスキルが通用しないということも考えられます。そして派遣に限らずですが、派遣先の組織に愛着が持てないと仕事が辛くなってしまうということもあるでしょう。

派遣プログラマーの仕事の内容や単価
派遣プログラマーは未経験者でも仕事に就くことが可能です。派遣会社を選ぶ際には、将来のビジョンを描くことが大切です。ここでは、派遣プログラマーの求人内容や平均時給、おすすめの派遣会社について紹介します。

気になる技術者派遣の単価は?

お金,kuguru,クグル,くぐる

技術者派遣で働く場合の単価

派遣雇用の中でも、技術者派遣の平均単価は非常に高くなっています。その理由は、専門的な知識や経験をもった技術者はニーズが高く、企業側が求人を募集してもなかなか集まらないことが多いからです。

こうした専門的な知識をもった派遣技術者を集めるために、企業が派遣会社に支払う単価は通常事務職のおよそ3倍もの高水準となっています。最近では企業のIT投資意欲が高まり、ITエンジニアは高単価を更新し続けています。中には一般的な正社員雇用よりも高い年収を稼ぐエンジニアも出てきている状況です。

たとえばプロジェクトマネージャーとしてプロジェクト管理に従事する場合の参考時間単価は7,000円と言われています。また、ITアーキテクトとしてシステムアーキテクチャ設計に関わるエンジニアの場合、参考時間単価は5,650円となっており、通常の派遣よりはるかに高い単価となっています。

技術者派遣の人気の職業とは

SEやシステム開発など技術者派遣の人気の職業

エンジニア派遣は年々ニーズが高まり、単価も高い水準となっています。その中でもとくに人気が高い基幹業務系の役割ごとにご紹介します。

まずプロジェクトマネジメント領域で人気が高まっているのがプロジェクトマネジメント、リソースマネジメント、品質マネジメント、デプロイメントマネジメントで、参考時間単価は5000円以上となっています。アーキテクトで参考時間単価5000円以上の業務はソフトウェアアーキテクチャ設計、システムアーキテクチャ設計、運用設計の3つです。

そして顧客の経営課題を分析してシステム提案や企画を行うアナリストの中では、ビジネス分析やシステム分析が人気となっています。

技術者派遣を探すときに気を付ける点

技術者派遣を探すときに気を付ける点

技術者派遣を検討されている方や、現在技術者派遣に登録していて他の派遣会社も検討されているエンジニアの方にとって、数多くの派遣会社からどの会社を選ぶべきか悩まれることが多いと思われます。そこで派遣会社を選ぶときのポイントをチェックしてみましょう。

まず、派遣会社の担当コーディネーターとしっかりコミュニケーションがとれるかが重要です。仕事を紹介されても、自分の希望スキルにあわない仕事ばかりではキャリアアップにつながりません。説明会や、実際派遣されている技術者の評判など入社前にチェックしておきましょう。

また、希望にあわない要求や就業条件、報酬では長く働き続けることが難しいでしょう。事前に募集要項をしっかり確認して、不明確なポイントは納得できるまで担当者に確認しましょう。

SESと派遣の違いとは
IT業界ではSES契約というものが存在します。SES契約と派遣契約は似ているところがありますがいったいどのような違いがあるのでしょうか?契約の中身をきちん理解しておかないと、トラブルにもつながります。ここでは、SES契約について解説します。

まとめ

いかがでしたか?最近は技術者派遣のニーズが高まり、エンジニア派遣の単価も年々増加しています。すでに派遣として契約されているエンジニアの方も、将来的に技術者派遣を検討されている方も、これからのキャリア設計にむけてぜひ技術者派遣を検討してみてはいかがでしょうか。

近年、エンジニアの働き方はどんどん変化して、リモートオフィスや在宅、フリーランスでの就業も増加しています。これからはさらにエンジニアの希望にあわせて多種多様な働き方が増加していく中で、スキルアップにもつながる技術者派遣の人気はさらに高まるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る