いま注目のおすすめコーヒーメーカー4選|選び方と共にご紹介

みなさんは自宅でどのような方法でコーヒーを淹れていますか?お湯を入れるだけの粉末コーヒーやパックコーヒー、挽いたコーヒー豆をドリップしたりなどさまざまな方法があります。ここでご紹介するのは、コーヒーを毎日飲む人におすすめの美味しいコーヒーを待っているだけで入れてくれるコーヒーメーカーをタイプ別でご紹介していきたいと思います。

コーヒーメーカーの種類と特徴


まず、コーヒーメーカーが身近にない人のために、コーヒーメーカーの種類とその特徴についてご紹介していきたいと思います。

ドリップ式

ドリップ式とは、いつも飲んでいるコーヒー豆を自分好みの粗さに挽いたものをペーパーフィルターや金属フィルターを敷いた上に入れてボタンを押すだけといった簡単操作で美味しいコーヒーの飲めるコーヒーメーカーです。
もちろん、市販の粉末コーヒーでもできて、お湯を注ぎながら蒸らすという作業を丁寧に行ってくれます。

エコポッド式

エコポッド式とは粉末のコーヒーの入ったパックをコーヒーメーカーにセットし、ボタンを押すと1杯分がすぐに出てくるので、忙しい朝でも美味しいコーヒーが飲めるコーヒーメーカーです。エコポッド式でエスプレッソ専用のものもあり、どちらも水洗いが不要なので、手間がかかりません。

カプセル式

カプセル式とは別売りの専用カプセルをセットすることで、1杯分のコーヒーを30秒程度で入れてくれるので、お湯を沸かすことなく美味しいコーヒーを飲むことができます。コーヒー以外にもラテや紅茶など、メーカーによっていろんな種類のホットドリンクを楽しむことができます。

主に、この種類のコーヒーメーカーが主要となっています。
自分の飲み方や飲むタイミングなどに合ったものを選びましょう。

ドリップ式にこだわるならコチラ!

それでは、ドリップ式のコーヒーメーカーでコーヒーを飲みたい人におすすめのコーヒーメーカーをご紹介します。

象印 コーヒーメーカー 珈琲通 EC-AS60

このコーヒーメーカーは熱湯と蒸気をコーヒー豆を蒸らし、タンクの水をヒーターで2回加熱させる「ダブル加熱95℃」といった製法を採用し、本格的なコーヒーを入れてくれます。「マイルド・レギュラー・ストロング」と自分好みの濃いさに調整することができ、フィルターケースや水タンクも取りはずしできるので、お手入れもしやすいです。

ドリップ式のコーヒーメーカーで本格コーヒーを飲みたいなら、ぜひ象印の「コーヒーメーカー 珈琲通 EC-AS60」がおすすめです。

挽きたてを楽しむミル付きタイプ

続いて、ご紹介するのは引き立ての香りと深い味わいのコーヒーを楽しみたい人におすすめのミル付きタイプのコーヒーメーカーです。

シロカ 全自動コーヒーメーカー SC-A121

このコーヒーメーカーは、コンパクトでスタイリッシュな外見の魅力と高い機能性を兼ね備えている人気のコーヒーメーカーです。ミルがコーヒーメーカーに内蔵されているので、自分の愛用しているコーヒー豆を使用して、毎回挽きたてのコーヒーを楽しむことができます。
フィルターは金属やペーパーではなく、シロカならではのステンレスメッシュフィルターになっているので、豆の油分までしっかりと抽出。フィルターは洗って何度でも使いまわせるので、ペーパーのように費用がかかりません。
もちろん、コーヒーの粉でもいれることができ、自分の好きな味わいの美味しいコーヒーを自宅で約30円程で飲めるおすすめのコーヒーメーカーです。

ミル付きのコーヒーメーカーで美味しいコーヒーを飲みたい人は、ぜひシロカの「全自動コーヒーメーカー SC-A121」を試してみてください。

一人暮らしにも人気!カプセル式

続いて、ご紹介するのはいろんな種類のホットドリンクを楽しむことのできるカプセル式のコーヒーメーカーです。

ネスレ ラティシマ・タッチホワイト F511WH

このコーヒーメーカーは、ミルクホイップ機能付きのカプセルをセットし、ワンタッチで美味しいコーヒーを入れることのできるコーヒーメーカーです。外見も白を基調としたおしゃれな作りとなっていて、コンパクトなのでキッチンに置いても邪魔になりません。
ミルクの有無や好みの抽出量をボタン1つで選ぶことができ、2つのタンクそれぞれに水と牛乳を入れて、上部の蓋をあけてカプセルをセットするだけで簡単に入れられるので、忙しい人にもおすすめです。
コーヒーノズルやミルクタンクのノズルはボタン1つで湯通しや洗浄することができ、カプセルは最大10個まで収容可能で溜まったら出してゴミ箱に捨てるだけなので、お手入れもとても簡単です。

いろんな種類のコーヒーやホットドリンクを気軽に楽しみたい人は、ぜひネスレの「ラティシマ・タッチホワイト F511WH」を試してみてください。

癖になる味わい!エスプレッソマシン

最後にご紹介するのは、コスパと機能性の高い家庭用エスプレッソマシンです。ブレンドコーヒーだけでは物足りないという人にもおすすめです。

ボンマック BME-100

このエスプレッソマシンの魅力はなんといっても、1万円代で購入することのできるコスパの良さです。値段が安くてもそれを不安要素にさせない機能性の高さを持ち合わせた商品となっています。
機能性としては、スチーム力の高さで細いノズルから滑らかで綺麗なスチームミルクを作りだすことが可能。抽出をするときは、正面のボタンで切り替えるだけなので簡単に操作することができます。
お手入れも、マシンの湯通しとノズル・フィルターをスポンジで洗うだけなので値段の割にその点の手間もかかりません。

コスパの高いエスプレッソマシンでエスプレッソコーヒーを楽しみたい人に、とてもおすすめの商品です。

まとめ

いかがでしたか?コーヒーメーカーには、さまざまな種類のものが数多く販売されています。コーヒーメーカーそれぞれに特徴はありますが、淹れ方や好みのコーヒーが飲めるものなど、自分好みのコーヒーメーカーを自宅に置いて、贅沢なコーヒータイムを過ごしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る