MOS資格以外にもある?エクセルの資格は就職に有利!

パソコンのOfficeソフトである「Excel」は、今やビジネスにおいて必須のスキルとなりました。 多くのビジネスで活用され、あらゆるデータをまとめることができる優れものです。Excelを自在に操ることができれば、多くの企業で重宝され、自信にもつながるはずです。 そのため資格の取得を視野に入れて行動するのが有効です。なかでも有名な資格は、MOS資格ですが、道は一つではありません。 今回は、Excelのスキルの証明である資格について詳しく見ていきましょう。

エクセルの資格の種類の一覧

まずは、Excelの資格の種類はどのようなものがあるのかをご紹介します。それぞれの特徴を把握し、自分にとってなにが一番有効なのかを探すために役立ててみてください。

MOS資格やほかの資格を紹介

1 Excel表計算処理技能認定試験

Excelの作成能力など、実務に活用できる技術を取得する資格です。
ビジネスでは、素早く表を作成したり、計算能力の高さを求められることが多いです。そのためMOSよりもExcelに特化した資格となり、実用的に行かせる資格と言えるでしょう。
レベルは3、2、1級と分かれており、取得後にさらに上を目指すことも可能です。とにかくExcelを専門的に習得したいとお考えの方におすすめです。

2 CS検定

Excelの基礎的な部分ではなく、関数の使い方やデータの抽出など応用能力を習得することができる資格となります。
業種によっては必須のスキルです。ただし、MOS資格よりは少し機能が劣る点があるため、とにかくExcelがある程度使えるということを証明したい方に向いた資格となっています。
こちらも取得後にステップアップすることが可能なため、上を目指すことも視野に入れるのがおすすめです。

3 日商PC検定試験

Excelの基礎的な操作を覚え、それを活用して資料を作成するところまで学ぶことができる資格です。
基礎から徹底的に学びたいという方は一度検討されてみてはいかがでしょうか。
試験の出題問題としては、Excelのトラブルに関する問題も出題される傾向があるためパソコンのトラブルに対応するための知識も学ぶことが可能です。

人気が高いのはMOS資格

kuguru,くぐる,クグル,オフィス

Excelの資格を取得する方法は様々にありますが、なかでもやはり人気が高いのはMOS資格です。
Excel以外のスキルも学ぶことができ、Officeソフト全般のスキルを身につけることができるのが理由の一つとして考えられます。
ここでは、改めてMOSの資格について確認していきましょう。

エクセルの資格の中でもMOS資格が知られている

マイクロソフトオフィスソフトのほとんどを網羅し、総合的にパソコンスキルを鍛えることが可能とされています。
そのためパソコン資格の中でも取得を希望する方が多い傾向にあります。
就職時にも大きなアピールポイントになることも認知が高い理由の一つですが、就職した後で業務効率を今よりもっと向上させたい方が、取得を目指すために有効な資格であることも認知度が高い要因となっています。

MOS資格の概要

マイクロソフトのWord、Excel、PowerPointなどを学ぶのがMOS資格です。
他の資格では級ごとに分かれていますが、MOSでは一般レベルであるスペシャリスト、上級コースのエキスパートと2種類だけとなっています。
エキスパートレベルでは実務の効率を向上させるほどの技術が身につき、知識もかなりのものが必要となります。
就職活動では、スペシャリストだけでも十分にアピールすることが可能です。

エクセルの資格取得は就職に有利

パソコン,ラップトップ ビジネスイメージ,kuguru,クグル,くぐる

Excelでは、統計データの管理、顧客データの管理、勤怠管理など社内社外のデータ問わず様々ことに活用できます。
主力業務としてはもちろん、日常的なデータの管理にも利用されることが多いです。
そのため企業では、Excelのスキルが高いことで業務を円滑に進めることができ、多くの業務を任せることができるのです。
就職の際は、Excelのスキルをアピールすることで具体的にどんなことで役に立てるのかが明確になり、有利に働く傾向があります。

エクセルの能力を客観的に示せるなどのメリットを列挙

これまで紹介した様々なExcelの資格は、いずれも就職活動におおいに役立つものと言えます。
もちろん資格がなくとも十分扱える方も多く存在しますが、資格として形に残し、履歴書に記載することで企業側もどこまでのレベルなのかが分かりやすいのです。
世界共通の技術であるマイクロソフトオフィスの資格を持つことで、将来的な活躍も明確になります。
面接時に、資格の取得の中で感じたことを話すことができる点も大きなメリットです。
なんとなく操作を覚えている方は、専門的な言葉を説明するのが困難になりがちです。資格の取得で基礎から徹底的に勉強することで、Excelに関する全てのことが理解できるはずです。
知識と実力の両方を持っていることを簡単に証明できる点は、客観的に見る企業側にとってこれ以上ない実力の証明となります。

まとめ

Excelは、国際的に使われているソフトです。そのためビジネスのあらゆる場面で役立つスキルと言えます。
実力の証明としては、資格の取得が非常に有効です。現在では様々な資格が存在するため、選択肢の自由度も高くなりました。
自分が習得したい技術を考え、どの資格であれば自分のイメージに一番近いのかを考えて選択するのがいいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る