起業して失敗しない独立開業の条件3つとは?

これから起業したいと考えている人の心の内には、失敗したくないという気持ちが必ずあるでしょう。今回は失敗しない独立開業の条件についてご紹介します。失敗したくないという気持ちが強いといつまでたっても起業できません。失敗しない独立開業のポイントを知って、まずは起業への道の第1歩踏み出してみましょう。

独立開業で失敗しやすい要因3つとは

ミス,失敗,ビジネス,kuguru,クグル,くぐる

独立起業で失敗しやすい条件は3つあるといわれていて、1つ目が店舗などの初期投資が高いこと、2つ目は利益率が低いこと、3つ目がリピートしにくいことだといわれています。この3つをまとめると、独立開業の初期投資にお金がかかり、利益が少ない販売物で、同じものを同じ人が何度も買うことが無いビジネスになります。

独立開業で失敗しやすい要因はいくつかあります。一番多い失敗の要因は金銭面です。独立開業するのに必要な資金を持っている方なら問題ないのですが、お金を借りて独立開業する場合は、借金として残ります。

その借金は誰もが感じるリスクなので、開業当初、利益率が低いとそのリスクに押しつぶされてしまい、逃げてしまうこともあるので、借金というリスクを取る場合は、よく考えてからの独立開業にしましょう。一般的に独立開業で失敗しやすいビジネスといわれているのはカフェ経営と雑貨屋です。

3つの条件を見ると、カフェは同じ人が何回か来ることはあっても、一回の利益が低く、お店の回転率も高くないため、たくさん販売することができないことが失敗する要因になっています。また雑貨屋は同じ人が同じ商品を買うことは少なく、物の利益が低いことやよほど知名度のあるお店以外は来客数も少ないことが失敗する要因と言えるでしょう。

カフェも雑貨屋も店舗を持たないことには営業ができないため、初期投資が高いことも失敗する要因になっていることでしょう。そのため失敗する3つの条件に当てはまらないことを前提にしたビジネスを選ぶことで、失敗する確率を下げることができます。

起業家におすすめの本
起業にまつわる本はたくさん出版されています。起業の仕方・準備方法のような具体的なノウハウはもちろん、経営者としてのマインド、そしてモチベーションをあげる内容など様々な種類を紹介します。自分のしたいビジネスに積極的に活かしていきましょう。

独立開業で成功しやすい職種


独立開業で失敗しやすい職種や条件はわかりましたが、反対に成功しやすい職種や条件はあるのでしょうか。独立開業で成功しやすい条件は、先ほどの失敗しやすい条件の反対となりますので、3つの条件を逆の意味にしてみるとわかります。

成功しやすい条件としては、1つ目は独立開業に初期費用が掛からないこと、2つ目は利益が高い販売物で、同じものを同じ人が何度も買うことの3つです。この3つをまとめると、独立開業の初期費用が低く、販売物の利益が高い、リピート率の高いビジネスとなります。

この成功する3つの条件に当てはまる職種には、弁護士や税理士、行政書士やカウンセラーなどの種類があるコンサルタント系のビジネス。他にはネイリストや整体師、マッサージ師や英会話講師などの種類がある技術職系のビジネス。またプロデューサーや保険代理店、広告代理店やコピーライターなどの販売支援系も成功する3つの条件に当てはまります。

コンサルタント系と技術職系はある程度の経験やスキルが必要になってくる職種なだけに、利益が高く、一度クライアントとコンタクトが取れれば、その後も仕事がもらえることが多いので、そういった点が成功する条件と重なっています。

販売支援系はある程度の知識は必要ですが、必須の資格やスキルはあまりないのですが、一度クライアントと繋がることができれば、長期間の仕事がもらえることが大きな利益に繋がるため、成功する条件と重なっているといえるでしょう。

そのほかにも独立開業で成功しやすい職種はあると思いますが、大まかに説明するとこのような職種があります。

起業するのにおすすめの職種
起業をしたくても失敗を恐れ中々手が出せないという方もいらっしゃるかもしれません。失敗を避ける条件として、小資本であること、在庫を抱えない、継続できる分野というのが挙げられます。この条件をもとにおすすめな職種について紹介します。

独立開業する前の準備が大切

必要資格は事前に取得

独立開業が成功しやすい職種を紹介しましたが、それでも失敗することはあります。成功しやすい職種で失敗する要因としては、独立開業前の準備不足が挙げられます。極端な例として、独立開業をする職種に必要な資格を独立開業してから取るようなことをしていては、取得するまでの間は無収入になり、その間にコネクションを作っておくこともできません。そのため独立開業に必要な資格は先に取っておきましょう。

独立資金の調達方法と借入の種類について
事業を始める際に、必ず考える必要があるのは開業資金などのお金についてです。いくら用意すれば問題ないのでしょうか。「自己資本」なのか「他人資本」なのか、調達方法なども合わせて紹介したいと思います。
起業までの準備期間で行っておくべきこと
起業したいと考えていても、何から準備してよいのでしょうか?設立準備から始まり、自己資金の確保・競合調査・テストマーケティングなど、起業に向け、予め準備したほうがよい項目は多くあります。この記事では事前に準備しておきたいことを項目ごとに解説します。

営業や集客スキルを磨く

次に、どんなビジネスをするにせよ必要な営業スキルや集客スキルを必ず磨いておきましょう。どんなに成功するビジネスを始めたとしても、営業が全くできないがためにクライアントと繋がれなかったり、売れる商品を置いていたとしても、集客スキルがないためにお客様が来ないようでは成功するはずがありません。そのため独立開業をする前に、ある程度必要なスキルは磨いておきましょう。

長期的にみて職種を選ぶ

そのほかには、どんなに忙しくても苦痛にならない職種選びも大切な準備と言えます。もしビジネスが成功して仕事がたくさんきたときに、忙しさのあまり苦痛になってしまう職種を選んでいると、すぐにやめてしまいたくなります。また独立開業した後の3年間は、事業が軌道になるまでの大切な期間になりますので、ほとんど休む暇がないといわれています。そのため忙しくても楽しく続けられる職種を選ぶことが重要です。

起業のアイデア、起業の方法について
起業している人の中でも成功している人というのはアイデアを具現化する方法や起業のステップを理解しているといえるでしょう。ここではアイデアの固め方や起業の方法、手続き、役立つ制度などを解説していきます。

まとめ

いかがでしたか?さまざまな職種がある中で、成功するビジネスを探し、独立開業して一儲けしようと思う人は多くいます。その中で、本当に成功できる人は一握りといわれています。
独立開業をするときに考えなければならない3つの失敗・成功する条件をぜひ参考にして、独立開業する職種を決めていきましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る