正しく理解したい!業務委託と業務請負の違いを徹底解説

業務委託と業務請負の違いをご存知でしょうか。仕事をするうえで結ぶ契約は、その内容をよく把握しておかなければいけません。「契約内容を理解していなかったばかりにトラブルになってしまった」なんてことにならないよう、この記事をぜひチェックしておきましょう。

混同されやすい業務委託と業務請負


業務委託と業務請負が混同されやすい理由としては、文字から受ける印象が「仕事を委託する側」と「仕事を請け負う側」といったように、立場によって呼び方が変わっているだけだと誤認されやすい点があげられます。

また、業務委託と業務請負は、仕事を任せる場合にも任される場合にも使用されるため、目的が同じ、同一のものであると間違えられやすいことも混同される理由です。確かに、業務委託と業務請負は、大まかにいえば同じものです。

「業務委託」には「委任」と「請負」の2種類があり、「業務請負」はそのうちの片方であるため、「請負」の仕事を「業務委託」と呼称しても間違いではありません。しかし、「委任」と「請負」には、仕事をするうえで無視できない違いがあるため、「業務委託」と「業務請負」の違いはしっかりと認識しておいた方が良いといえます。

業務委託の特徴とメリットデメリット


上記でも述べたように、「業務委託」は「委任」と「請負」の2種類に分けられます。「委任」と「請負」には、それぞれメリットとデメリットがあるので、ここでは「業務委託」を「委任」と「請負」、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

「委任」のメリットは、依頼元の企業の業務を遂行することが業務であるため、契約が長期になる場合が多く、請負に比べて安定しやすいのが特徴です。自身の経験やスキルなどを活かした働き方ができるので、仕事を覚える際にもスムーズに作業が進められます。

「委任」のデメリットは、業務の性質上、依頼元の企業に常駐しなければいけなくなるケースが多い点です。基本的には自由な働き方ができるのがその特徴ですが、業務を遂行することを目的とする以上、ある程度の制約がかかる契約であるといえます。

「請負」のメリットは、仕事の完成を目的とする業務であることから、仕事のやり方や場所、時間などに縛られない点です。納期までに完成させればよく、仕事の出来によっては次の仕事に繋がる場合もあるため、自由でやりがいのある働き方といえます。

「請負」のデメリットは、完成させた仕事に対して、1年間の瑕疵担保責任を負うという点です。完成させた仕事に欠陥や不備があった場合、修正や損害の賠償といった対応をしなければいけないので、仕事に対する責任は委任よりも大きなものとなるケースが多いです。

このように、「業務委託」のメリットとデメリットを知る場合は「委任」と「請負」に分けて確認する必要があります。それぞれには違った特徴があるため、一緒くたに考えてしまうのは間違いといえます。

「業務委託」に共通するメリットとデメリットがないわけではありません。まず、メリットとしてあげられるのは、基本的に自由である点です。依頼元には依頼を受けた側に対する「命令指揮権」がないので、業務に関する説明以外は、これといった指示を受けることなく仕事を進められます。

次にデメリットとしては、労働基準法の適用を受けない点です。雇用されているわけではないため、就業時間や休日などの管理、さらには税金などの申告も自身で行わなければいけません。これらの業務は通常業務に加えて行わなければいけないので、雇用契約に比べて仕事量は多くなる傾向にあります。

委任契約の特徴とメリットデメリット


「委任契約」は業務の遂行が目的であるため、依頼元が意図しない結果になったとしても報酬を請求できるという特徴があります。「請負」と比べて業務に対する責任が軽く、長期に渡って収入を安定させられることは働くうえでのメリットといえます。

もちろん、業務の遂行に関しては一般的なプロのレベルの仕事が求められるため、ただ漫然と仕事をしていたのでは依頼元とのトラブルに繋がりかねません。契約で定めた業務をしっかりとこなすことで、「委任契約」のメリットが得られるのです。

「委任契約」のデメリットとしては、金銭トラブルや業務に関するトラブルになりやすいという点があげられます。「委任契約」では契約の段階で業務の内容を決めますが、業務を進めるうちに契約にはない作業を頼まれる場合があります。

頼まれた際に、しっかりと断ることができれば良いのですが、追加で報酬をもらえるのかどうかを曖昧にしたままに引き受けてしまうことで契約満了時に金銭トラブルとなってしまいます。

業務委託や業務請負で働くときの注意

エクスクラメーションマーク,びっくり,kuguru,クグル,くぐる
業務委託や業務請負で働くときには、取引先の企業とは雇用関係で結ばれているわけではなく、対等な関係で契約している点に注意しておかなければいけません。何かあった際にも取引先の企業に頼ることはできず、全て自身で解決しなければいけないため、契約期間中は個人事業主であることをよく意識しておくことが大切です。

まとめ

業務委託と業務請負の違いについて理解できましたでしょうか。個人事業主として契約を結ぶ以上、業務委託や業務請負についての知識は、しっかりと備えておく必要があります。それぞれのメリット、デメリットは特徴が細かく、一度で覚えることは大変ですので、契約を結ぶ際はこの記事を参考資料としてみてください。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る