小型ドローンと出かけよう!おすすめ機種と飛行時の注意点

現在、世界的に流行している「ドローン」。一般的なドローンは価格も高めで、なかなか手が出せない方も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめのコンパクトで低価格の「小型ドローン」も多数販売されています。ここからは、小型ドローンの飛行中の注意点やおすすめ機種をこだわり別にご紹介していきます。

スマホで操縦できるおすすめカメラ付き小型ドローン

まず、ご紹介するのはスマホで簡単に操縦することのできるおすすめの小型ドローンです。スマホで操作することができれば、コントローラーを持ち運ぶ手間も荷物も減らせるので外出するときに持ち運びに便利です。

Parrot Rolling Spider

この小型ドローンは、片手の手の平にのせることができるほどコンパクトで持ち運びも簡単です。操縦も専用のスマホアプリをインストールすることで、ゲームのコントローラーのようにスマホを横に向けて操縦することができます。

G-FORCE COCOON

この小型ドローンも先ほどと同じく、専用のスマホアプリをインストールすることで簡単に操縦することができます。操作は「スマートタッチモード」といった画面をタッチして操作するモードと「チルト操作モード」といったスマホを上下左右に傾けて操作する2つのモードがあります。気圧センサーで自動でホバリングし、安定した操縦をサポートしてくれます。

ご紹介したような、スマホと連動させることで操縦することのできる小型ドローンは機能性も高く、コンパクトでお出かけのお供にピッタリです。

インスタ映えしたいなら小型ドローンで自撮り!

続いて、ご紹介するのはインスタ映えする自撮りの撮影におすすめの小型ドローンです。

ZEROTECH  DOBBY

この小型ドローンはプロペラ部分を折りたたんで本体に収納することができ、さらにポケットに収納することのできる新型のドローンです。手ぶれ補正機能搭載で、4Kの映像や写真を撮影してくれたり、被写体を選択することで追跡してくれる「ターゲット追跡モード」も搭載されているので、自撮りにピッタリです。

DJI Mavic Pro

この小型ドローンも先ほどの「ターゲット追跡モード」と同様の機能である「ActiveTrack」という追跡機能を搭載しており、それに加えて被写体を追跡しながら周囲を回り追尾撮影をしてくれる「トレースモード」を搭載している自撮りにピッタリなドローンです。

ご紹介したドローンに搭載された「ターゲット追跡モード」「ActiveTrack」などの被写体を自動追跡してくれるモードや「トレースモード」といった追尾撮影を自動で行ってくれるモードを搭載していることで、より綺麗で自然な自撮りができるのでおすすめです。

3つの価格帯で選ぶおすすめ小型ドローン

続いて、ご紹介するのは3つの価格帯で選ぶおすすめの小型ドローンです。

5,000円以内なら「京商エッグ QuatroX」

「京商エッグ QuatroX」は、5,000円以内の商品とは思えないハイスペックの小型ドローンです。本体は500円ほどの超小型で、ブラック・レッド・シルバーの3色のカラー展開です。6軸ジャイロ搭載の安定した本体と縦回転や横回転などのアクロバティックな飛行も可能です。

1万円以内なら「G-FORCE  Hubsan X4」

「G-FORCE  Hubsan X4」は、手のひらサイズのスタイリッシュな見た目が魅力の小型ドローンです。操縦はもちろん簡単ですが、ホバリングの練習や簡単過ぎない程度の操縦テクニックも必要なので、自分で飛行させているという満足感を得ることができます。部品も安いので、メンテナンスしやすくなっています。

5万円以内なら「Nine Eagles GALAXY VISITOR6」

「Nine Eagles GALAXY VISITOR6」は、小型ながら一般的なFPVドローンのような空撮を楽しめる小型ドローンです。スマホとコントローラーを連動させて、動画や写真をスマホに取りこみながら撮影することが可能です。撮影と操縦を2人でそれぞれ担当して行えば、さらに綺麗な空撮も可能です。

ご紹介した3つの小型ドローンは、どれも価格以上のスペックを搭載させたおすすめの小型ドローンです。

男心をくすぐる自作用の小型ドローン2選

続いて、ご紹介するのはプラモデル好きの男心をくすぐる自作用の小型ドローンです。

レゴブロックでドローンが自作できる「Flybrix Kits」

「Flybrix Kits」は子供から大人まで幅広い年齢層の人に人気の「レゴ」で、自分好みのドローンを自作することのできる人気のドローンです。ベースはシンプルな4つのプロペラのついたドローンで、崩せば何度でもドローン作りを楽しむことができます。もちろん、モーターやソフトウェアプログラムも搭載されているので、しっかりと飛行します。

プラモデルのような「LIVE CAM DRONE」

「LIVE CAM DRONE」は、プラモデルのようにパーツがバラバラに梱包されており、自分で組み立てることのできる自作タイプの小型ドローンです。機能性もスマホアプリと連動させられて、離着陸や回転もワンタッチで簡単に操縦することができます。

ご紹介した小型ドローンは簡単に自作のできるので、プラモデルや工作が好きだった人におすすめで、男心くすぐる小型ドローンです。

小型ドローンを楽しむために忘れてはいけない3つのこと


最後に、ご紹介したどのドローンを楽しむためにも忘れてはいけない注意点を3つご紹介します。

風速5m以上の場合は飛行を中止する

一般的なドローン以上に風に流されやすい小型ドローンは、風速5m以上の場合は飛行を中止するようにしましょう。小型なので少しの風でも飛ばされやすく、周囲の人やものに危害を加える危険性があります。

離着陸場所は砂の少ないところを選ぶ

小型ドローンでも離着陸するときは、プロペラが回っているため砂ほこりがたちます。目に入ったり、周囲に迷惑をかける危険性があるので注意しましょう。

うっかりバッテリー切れしないように注意

どの小型ドローンにも、1度に飛行できる飛行時間がそれぞれ決まっています。充電が切れる前に、自動的に戻ってくる機能の搭載された小型ドローン以外は飛行時間をしっかりと確認しながら飛行しないと、墜落する恐れがあるので注意しましょう。

ご紹介した3つの注意点は、最低限守って小型ドローンを楽しみましょう。

まとめ

いかがでしたか?小型ドローンには、スマホで簡単に操作できるものやインスタ映えする自撮りのできるもの、自作のできるものなどさまざまな種類の小型ドローンがあります。自分に合った小型ドローンを選び、注意点を守って楽しみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る