【履歴書の書き方】日付を書く際の注意点

いざ履歴書を書くとなると不明な点が多く出てきませんか?採用担当者に良い印象を持ってもらうためにも、履歴書はとても大切な要素といえます。相手にこちら側の心遣いや、やる気を見せるためにもきちんとした履歴書を書けるようにしたいですよね。

意外とミスが発生しやすいのが、簡単そうに見える「履歴書の日付」です。簡単なことだからこそ、注意を怠ってしまうところです。また逆に、簡単なことだからこそ、採用担当者はそこに目を配り、履歴書を記入した人物のことを知ろうとします。

今回は、履歴書に関する日付の正しい書き方について説明します。

履歴書の日付は西暦?それとも和暦?


履歴書に日付を記入する際、年号の書き方で迷う方は少なくありません。結論としては、日付は西暦でも和暦でもどちらでも構いません。
しかし、どちらにしても算用数字を用いるほうが良いでしょう。年号を書く上で大切なことは、学歴、職歴などの項目における表記が統一されているかということです。
表記が統一されていないと、「注意力が足りない」「気遣いが足りない」という印象を採用担当者に与えかねません。また、単純に「読みづらい履歴書」になってしまいます。
履歴書では採用担当者にできるだけ好印象を与えるように努めましょう。

先ほど、和暦、西暦問わないと述べましたが、外資系企業の場合においては西暦で表記したほうが良いでしょう。
和暦で書くことによって、不合格になる可能性は低いですが、外国の方が履歴書に目を通すこともあるので西暦表記のほうが親切だと言えます。

履歴書を持参するときの日付は?


履歴書の最初に記載する日付欄には作成した日ではなく、「持参する日付」つまり「提出する日付」を記入します。前もって用意し、その日付が古いと「使い回している」「あと回しにしていたのか」「他が不採用になって来たのか」などと採用担当者に思われ、応募者のやる気を疑われかねません。
このような疑念が生まれると、印象が一気に悪くなります。日付はできるだけ最新の日付、「提出日の日付」にしてください。

履歴書を郵送するときの日付は要注意!

履歴書,kuguru,クグル,くぐる
履歴書を郵送する場合にはどうなるのでしょう?地方在住の方などは、履歴書を郵送で先に提出しなければならないケースなどもあると思われます。
そのような場合には、面接日が未確定の可能性もあるので、郵送日の日付を記入欄に書きます。また、履歴書を郵送する場合は、封筒の裏にも忘れずに投函日を記載しましょう。
封筒の裏の日付は、縦書きで元号表記、漢数字で書きます(平成二十九年十月一日など)。
これにより万が一、配送業者の手違いで人事の元に書類が到着するのが遅れたとしても、投函日が遅かったわけではないと証明することができます。
ただし、これらのリスクを避けるためにも、なるべく郵便窓口で郵送受付をするのが望ましい形です。企業側も遅配などが起こりうることを承知していますので、過剰に心配する必要はないですが、できるだけリスクは避けるようにしましょう。

日付記入の際に気をつけることとは?

NG,kuguru,クグル,くぐる
履歴書の日付記入の際に、他にはどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか?以下にまとめました。

修正テープ、修正液は使わない

日付の記入を間違ってしてしまった場合や、他の日付に変えたい場合に修正テープなどを使って書き換えることはしてはいけません。もう一度初めから書き直してください。

メールで履歴書を送る場合の日付

メールで履歴書を送る際には、メール送信日が履歴書の記入日欄と一致するようにしましょう。

履歴書の日付は算用数字、学齢や職歴の学校や会社名は正式な文字を使う

履歴書の日付の数字は算用数字を使用し、漢数字は使用しません。ただしこれは、日付に限った話であり、学歴や職歴に書く学校名や会社名は正式な文字を使います。例えば、
平成20年3月  公立第三中学校 卒業
と記入します。

完成した履歴書をしっかり確認して日付の書き忘れがないかチェック

採用担当者は、想像以上にこの日付から応募者の多くの情報を見ています。西暦、和暦が統一されていない、日付の記入漏れがある、封筒の日付と履歴書の日付が一致していない、などチェックする点は幾つかあります。細かいことだからこそ、履歴書をしっかり確認し、採用担当者に好印象を与えましょう。

まとめ

いかがでしたか?履歴書の日付の正しい書き方はお分かりいただけましたでしょうか。せっかくのあなたのアピールポイントや、やる気がつまった履歴書です。日付などの簡単に防げるミスで採用担当者に、ネガティブな第一印象を与えるのはとてももったいないですよね。
細かい点ではありますが、きちんと確認すれば防げるミスです。履歴書を記入し終えたら、最後に日付の記入の仕方に間違いはないか、問題はないか、もう一度確認しましょう。
今後、履歴書を記入する際には、是非この記事を思い出して日付を記入し、最後にダブルチェックをしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る