派遣エンジニアのメリット・デメリットとは?求人を見つける秘訣

エンジニアのみなさんは現在どのような雇用契約で就業されていますか?近年、正社員ではなく派遣としてプロジェクトに就業するエンジニアが増加しています。派遣エンジニアの需要が高まるにつれ、時給も過去最高を記録するようになりました。今回は需要が高まっている派遣エンジニアについて、契約形態やメリット・デメリットをふまえてご紹介します。

派遣エンジニアが注目を集めています


・派遣エンジニアが注目を集める理由について解説

最近では企業のIT投資意欲が高まっているため、エンジニアの需要はますます増加傾向にあります。そのため、派遣エンジニアの時給は上がり過去最高を記録しています。
以前は、正社員として企業と直接雇用契約を結ぶことが一般的でした。しかし近年ではエンジニアの専門性が細分化しました。プロジェクトによっても求められるスキルが変化するため、派遣登録を利用して得意スキルを活かせるプロジェクトで働けるように変化しつつあります。そうすることにより、エンジニア自身も得意分野で効率良く経験を積めると同時に、企業側にとっても専門性のあるエンジニアを集めやすくなるメリットがあります。

IT業界の特性としてプロジェクト単位で人員が変化するため、派遣を利用するほうが企業もエンジニアも希望条件にマッチングしやすくなるのです。

2つある派遣の種類を理解しよう


派遣は契約形態によって二種類あります。

登録型派遣

一つ目は「登録型派遣」です。派遣全体のおよそ9割を占める登録型派遣とはどういう契約形態なのでしょうか。これは、エンジニアがまず派遣会社へ登録して、派遣会社より紹介されたプロジェクトに就きます。プロジェクトが終了するか、派遣契約期間が終了するまで雇用契約が続きます。

常用型派遣

二つ目は「常用型派遣」。これは、派遣会社がエンジニアなどを正社員や契約社員として直接雇用して、顧客へ派遣する方法です。ITの派遣エンジニアではこの「常用型派遣」で契約する方が多くなっています。「登録型派遣」と違い、プロジェクトが終了しても派遣会社との雇用関係は続いていますので、収入も安定しやすくなります。

派遣エンジニアとして働くメリット


・派遣エンジニアとして働くメリットについて解説

「派遣」と聞くと「派遣切り」などネガティブなイメージがあるかもしれませんが、派遣切エンジニアとして働くメリットももちろんあります。

スキルアップ

ITエンジニアは常に最先端の知識やスキルを学んでいく必要があります。派遣エンジニアを利用すると、自分の希望するスキルのプロジェクトにアサインしやすくなり、最新のスキルをまなびキャリアアップにもつながります。

経験

これもスキルアップと同様に、派遣エンジニアを利用することで自分が経験したいプロジェクトにアサインしやすくなり、経験を積みやすくなります。知識だけではなく、実際の経験もエンジニアのキャリアでは重要です。

働き方

生活環境の変化などで業務時間を変更したいなどの希望がある場合、他の現場に変更しやすくなります。もちろんプロジェクトや人員の都合もありますが、直接雇用よりもフレキシブルに労働時間や休日を変更しやすくなります。

派遣エンジニアのデメリットとは?


・派遣エンジニアとして働くデメリットについて解説

派遣エンジニアとして働くことは、もちろんメリットだけではなく、デメリットもあります。

福利厚生、ボーナス

時給派遣社員では、労働時間によって収入が変化します。たとえば年末年始などの長期休業がある月は、勤務日数が減り収入が低下する見込みです。また、派遣エンジニアよりも正社員のほうがボーナスや手当、福利厚生も充実する傾向があるため、月給手取りは一見高そうでも年収で比較すると正社員のほうが年収が高くなるケースもあります。

有期雇用期間

派遣法により、派遣契約期間は最長3年を上限とする規定があります。もしも、3年の契約期間が満了しても次の仕事を準備しておく必要があるため、雇用が不安定になります。

収入や仕事量の不安

派遣契約の場合、病気や事故などで働けなくなった場合に、正社員のような福利厚生がないため、収入が低下するリスクがあります。景気や企業経営状況により、派遣契約が切られる可能性もあります。

必見!派遣の仕事を見つける秘訣とは


・エンジニアが派遣の仕事を効率よく見つけるための秘訣について解説

エンジニアが派遣に登録しても、必ずしも希望する仕事にすぐ就けるとは限りません。効率良く希望の仕事を見つけるためには、登録している派遣会社とのコミュニケーションが重要です。経験したい現場や業務、成長したいスキルなど、自分の希望する内容をしっかりと伝えて理解してもらう必要があります。

まとめ

いかがでしたか?現在、派遣エンジニアとして登録されている方も、将来的に派遣契約を検討している方も、今回ご紹介した内容をあらためてチェックしてみましょう。派遣エンジニアのメリットとデメリットを理解して、ご自身の働き方やキャリア設計にぜひ活用してくださいね!

関連記事

ページ上部へ戻る