独立起業は準備が肝心!失敗しないために知っておきたいこと

独立起業をするにあたり、どんな準備をすれば失敗を防ぐことができるのでしょうか。 失敗する要因をしっかりと確認しておくことで、失敗を防ぎ、成功に近づくことができます。今回は失敗する要因と、独立起業をするときに使える資金確保の方法や法人を設立するメリットなどをご紹介します。

独立起業で失敗する要因とは


独立起業で失敗してしまう場合には3つの要因があるといわれています。

画期的なアイデアに頼りすぎる

何かしら起業するためにはアイデアがないと始まりませんが、画期的なアイデアに頼りすぎてもいけません。起業を決めたときに最初に行うことといえば、何で起業をするかを決めることがほとんどです。

何で起業するかを決めていく中で、ほかの人がやっていない画期的なアイデアを探していくうちに、誰もがやっていない隙間産業が売れると考え始めるようになります。それが大きな間違いです。

仮に売れたとしても一時的なことが多いです。今や世界には無数の商品やサービスが出ています。その中で、自分の考えたアイデアが他と被っていない確率はかなり低いことでしょう。

また消費者はこの膨大な商品やサービスの中で、何が一番いいのかを判断することができなくなっているので、消費者は自分の良し悪しで選択します。そのため安心と信頼が大きい大手会社のサービスや商品を購入するようになっています。よって画期的なアイデアで勝負をしても売れる確率は低いことになります。

起業に資金を掛け過ぎる

起業するときに心配することの一つに金銭面の問題があります。起業するために費用はいくら掛かり、そのためのお金はどこから借りて、どれくらいの自己資産を準備すればいいのかなど考えてもキリがありません。しかしその考えているお金、いわゆる資本金が独立起業で失敗する要因の1つです。一般的に起業が失敗となる場合は、資金が尽きたときです。売り上げが伸び悩んだときに、家賃や従業員の給料が払えないことや、資本金で借りていた借金が返せないことが続いてしまうと、さらに借金が増えてしまい、起業失敗となります。

資本金をかければかけるほど、借金の返済額が高くなるので、少し売り上げが伸び悩んだだけで、起業が失敗に終わる可能性が高くなります。そのため資本金を掛けすぎることは失敗するリスクを上げることになってしまうため、あまりかけないことが大切になります。また起業した後の維持費もできるだけ減らしていくことが重要です。例えば良い立地に支店を作るとした場合は、売り上げも上がることは間違いないですが、それと同時に維持費も高くなります。そのため少し売り上げが下がると、大きく利益を下げてしまいかねないので、維持費についても考えておく必要があります。

初めから人を雇いすぎる

2つ目の起業に資本を掛け過ぎないことにも類似しますが、企業運営で一番掛かる費用は人件費です。そのため初めからどれだけ仕事がくるかわからない状態で、人を雇っても経費の無駄遣いになってしまい、結果利益を減らすだけになりかねません。

また起業と同時に人を雇うことで、共同経営のような形にしてしまうことも失敗の要因です。もし意見が分かれてしまうことがあれば、仕事が止まってしまうこともありますし、人によって仕事量が違います。そのため、一緒に仕事をしていても相方の仕事が遅く、自分のモチベーションに影響してしまうこともあるため、起業するときは人を雇うことはやめておきましょう。

独立起業に向いている人とは


独立起業をすることに向いている人と向いていない人がいます。では向いている人はどういった人なのでしょうか。

まずは、自分で考えて行動することができる人は向いています。独立起業は必ずどこかで大きな壁にぶつかります。そのときにその壁を自分の成長の糧にできる人や、それを楽しみながら越えていける人が向いている人といえるでしょう。単に儲かりそうなどの甘い考えで起業する人は長く続かないといわれています。そのほかには、独立起業に何か目的がある人は向いているといわれます。独立起業は自分の夢を叶える手段の一つです。それ故に自分の夢をしっかりと言える人は起業に目的があることになるので、多少の苦難なら問題なく乗り越えることができます。

独立起業で法人を設立するメリット


独立起業したときに法人を設立する必要はあるのでしょうか。独立起業したときに法人を設立すると以下のようなメリットがあります。

社会的な信用が付く

社会的な信用が付くことで、融資が受けやすくなることやほかの法人との取引がしやすくなること、優秀な人材が集まりやすくなるなどのメリットがあります。

節税の手段が増える

起業した事業で成功したときに収益が多いと節税面で有利になります。

個人の財産が被害を受けなくなる

事業が破綻したときに個人財産が被害を受けなくなります。法人がない場合は、自分の借金として残ります。もし独立起業をしてから会社を大きくしようと考えているのであれば、法人を設立した方が大きなメリットになることでしょう。

独立起業で利用できる資金確保の方法


独立起業を考えたときに必要な資金をどう集めるかが問題になってきます。最近の日本では景気回復のために企業を支援する制度が導入されており、新創設支援制度というものを使えば、最大200万円の助成金が出ることもあります。その制度を利用するためには、地元にある商工会や商工会議所などを利用することで助成金を得る手助けをしてくれます。またどういったものかの説明などもしてもらえるので、一度相談しに行くことをおすすめします。資金確保以外の面では、起業家のアドバイスをしてもらえる制度や、貸事務所を格安で提供してもらえる施設などもあります。そういった制度を駆使しながら、独立起業を目指していきましょう。

 まとめ

独立起業を失敗しないためにも、失敗する要因を確認しておきましょう。また自分が独立起業に向いているのかの確認や、独立起業で法人を立てたときのメリット、起業資金の確保方法を確かめることで、失敗のない企業になります。しっかりとした起業準備で、失敗のない独立起業をしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る