最終面接の質問&逆質問対策|よく聞かれる質問と逆質問のNG例を解説

転職時の最終面接での質問回答は今までの面接とは違い、社長や役員が相手をすることが多いです。 そのためいくつか質問の回答方法に注意点があります。 また逆質問の答え方次第では不採用になってしまうこともあります。 今回は最終面接での回答方法と逆質問の注意点についてご紹介します。

最終面接の質問の答え方の基本

最終面接の質問で答えるときにはどういったことに気をつけなければならないのでしょうか。

最終面接で面接をするのは、大概その企業の社長や役員です。ベンチャー企業や若くして社長を継いでいる場合を除くと、年配の方が多いです。そのため質問の答えをまどろっこしく答えたり、時間をかけて答えてしまうと、悪い印象を与えかねません。よって最終面接で気をつけることは、年配の方でもわかりやすく答えることです。

他には、企業のトップと話しているので、ビジネスマナーをしっかりと守りましょう。ビジネスマナーが守れていないと、社長や役員が一緒に働きたくないと判断し、最終面接で不採用にされる恐れがあります。

また面接相手が社長の場合は、しっかりと会社の下調べをしていくことも重要です。社長が思い描いているビジョンをしっかりと理解していれば、社長の質問に社長が望んだ答えを返すことができます。

転職の最終面接でよく聞かれる質問例

疑問,女性,kuguru,クグル,くぐる

転職の最終面接でよくある質問内容にはどういったものがあるのでしょうか。

前職を退職した理由は何ですか?

この質問が一番多いといわれています。この質問にはできるだけ前職の情報を漏らさないようにしましょう。前職の愚痴や内情を赤裸々に話してしまうと、その企業の情報を人に話してしまう可能性があると思われる恐れがあります。またネガティブな回答も極力控えましょう。ネガティブな表現や回答をすることで、この人はネガティブな性格をしていると勘違いされかねません。そのため答え方としては、自分の成長がさらにできる会社への転職がしたいなどの前向きかつ転職先の会社への意欲が感じられる回答をしましょう。

当社は第一志望ですか

この質問も回答に困るものです。素直に社長の目をみて、はいそうですと答えるのもいい方法だと思いますが、転職の場合はもう一度しっかりとした理由を述べ、どうしてもこの企業が良いことを伝えましょう。その時はできるだけ具体的な回答をすることで、相手も納得することでしょう。

採用になった場合、いつから働けますか?

この質問には嘘をつかず、本当のことを答えましょう。まだ前職の仕事が残っているのに、即日で働けますと言ってしまい、本当に明日から働いてもらうといわれてしまった場合、トラブルになりかねません。できるだけ確実に働きだせる日を伝えましょう。

「質問はありますか」と聞かれたらどうする?

最終面接でよくある逆質問ですが、そういった回答が正解なのでしょうか。

この質問で一番やってはいけない回答は、「質問はありません」という言葉です。
せっかく社長や役員がこちらの質問を受けてくれるといっているのに、一切質問がないと本当にその企業で働く気持ちがあるのかと疑われてしまいます。そのため逆質問をされたときは、必ず何か質問をすることをおすすめします。

質問する内容で避けるべきことは4つあります。

ネガティブな質問

労働に関して受け身な質問をしてしまうと、評価が下がってしまう恐れがあります。またネガティブな発言からすぐに会社を辞めてしまうのではないかと、不安にさせてしまいます。たとえば「転職からでも活躍できる会社ですか」や「御社は私の能力を伸ばしてくれる環境がありますか」、「御社に入ることで私にどんなメリットがありますか」などの質問は避けましょう。

調べればわかる内容の質問

会社のホームページなどを見ればわかる内容を質問してしまうと、会社のことを調べてきていないのではと疑われます。たとえば「主な取引先にはどのような企業がありますか」や「御社の前年売上高を教えてください」、「御社の企業理念はどういったものですか」などの質問は避けましょう。

待遇面ばかり気にした質問

待遇面が気になるのはわかりますが、その内容を質問してしまうと、やりがいより安定性を求めている可能性があると思われてしまいます。また待遇面は受かる前提でする質問にあたるため、内定をまだもらっていない方がその質問をすることで、社長や役員はその方が調子に乗っていると勘違いしてしまう可能性があります。たとえば「ボーナスはいくらいただけますか」や「年間休日は何日くらいありますか」、「月給と手当てはどれくらいありますか」などの質問は避けましょう。

クローズドクエスチョン

クローズドクエスチョンとは、相手が「イエス」か「ノー」以外で答えられない質問のことです。この質問をしてしまうと、そこから話が膨らむことが無く、質問者を困らせてしまいます。また質問力の有無が疑われかねないので気をつけましょう。たとえば「今後、企業としての成長はしていきたいですか」や「仕事のやりがいは感じていますか」、「入社後に部署移動はできますか」などの質問は避けましょう。

上記のような質問をしないように、あらかじめ質問内容を考えていくことが大切です。またどうしてもその場ですぐ答えが出ない場合は、少し時間をくださいと勇気をもって言うことも重要です。なにも言えないままの時間が流れていると、あちらも気まずくなってしまうので気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?最終面接の相手は社長や役員ということもあり、緊張してしまうとは思いますが、わかりやすく伝えることが重要になります。最終面接までたどり着いたのに、最後の逆質問ですべて水の泡にならないようにしっかりと対策していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る