フリーランスエンジニア必見!知っておきたいエージェント活用法

フリーランスのエンジニアとして働くのであれば、エージェントを利用することもおすすめです。この記事ではエージェントを利用することで得られるメリットやデメリットなど、フリーランスのエンジニアが知っておくべきエージェントの情報を取り上げています。エージェントについて少しでも気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

豊富なエンジニア向けエージェント


エンジニアのフリーランスになりやすいという性質上、エンジニアのサポートをメインとしたエージェント会社は多くあります。フリーランスのエンジニアは、ほかの業種に比べて多くのエージェント会社からエージェントを選べるため、自身に合ったエージェントを見つけやすいのが特徴です。

エンジニアの種類ごとに特化しているエージェント会社もあるので、フリーランスのエンジニアとして仕事をするのであれば、エージェント会社を利用することも考えておくのが良いです。もちろん、すでに仕事を得るためのルートを確保していたり営業の方法を決めたりしている場合は別ですが、仕事を得るための準備ができていない方や仕事を得ることに四苦八苦している方には、特にエージェントのサポートを受けることをおすすめします。

エージェントを利用するメリット


エージェントを利用するメリットとしては、自由に使える時間が増えることがあげられます。フリーランスは基本的に営業を行って仕事を獲得しますが、営業に費やされる時間というのは決して無視できるものではありません。

場合によっては希望条件に合う仕事を獲得できず、多くの時間を営業に費やしてしまうことも考えられます。その点、エージェントを利用すれば、すべての営業をエージェントに任せつつメインの仕事を行えるので、自分で営業を行うよりも多くの仕事をこなすことが可能です。

また、エージェントは契約に関する手続きも代わりに行ってくれます。手続きにかかる時間をなくせることに加え、クライアントとのトラブルを防ぐことにも役立つため、簡単にリスク管理もできます。

さらには、契約の進捗状況を確認してくれたり契約内容について相談に乗ってくれたりと、仕事を行ううえでのサポートも受けられます。フリーランスは何かと心細い働き方ですが、エージェントを利用することでパートナーがいるという安心感を得られるのです。

知っておかないと後悔するデメリット


魅力的なメリットが多いエージェントですが、利用するかどうかはデメリットについての知識を得てから判断するようにしてください。まずエージェントを利用することのデメリットとしては、自身の担当となるエージェントに「当たりとはずれ」がある点です。

当たりのエージェントと組めればスムーズに仕事を進められますが、はずれのエージェントと組んでしまった場合は、大幅に足止めされる可能性があります。「利用しない方が良かった」なんてケースもあり得るため、エージェントを利用する際には「当たりとはずれ」があることを踏まえておかなければいけません。

また、エージェントを利用するデメリットには、報酬が低くなってしまうこともあげられます。クライアントから支払われる報酬の数パーセントがエージェントに渡るため、直接受注する場合に比べて報酬が安くなってしまいます。

エージェントを利用する手数料として妥当かどうかは、エージェントを利用する前にしっかりと調べておくことが大切です。さらに、エージェントから紹介される案件には、出社を必要とするものが多いという部分もデメリットとしてあげられます。

出社を必要としない案件がないわけではありませんが、仕事の性質上、そのほとんどが客先に常駐する形で作業を行う案件です。「常駐型ばかりでフリーランスになった気がしない」と感じてしまう可能性も十分に考えられますので、エージェントを利用する場合には、常駐型案件が多いということを認識しておきましょう。

失敗しないエージェント選びのコツ


エージェント選びでは複数のエージェント会社に登録して、カウンセリングなどを受けてみることをおすすめします。上記でも触れているように、エージェント選びで大切なのは相性が合うかどうかです。

エージェント会社ごとに強みとしているポイントはありますが、エージェントとの相性によっては大きく違ってきます。エージェント会社の情報はあくまでも参考程度にとどめ、実際にエージェントと会ってみてどうなのかに注目するのが良いです。

加えて、エージェント会社でカウンセリングを受ける際は、希望する単価とは別に最低単価を伝えておくようにしてください。「一定ライン以下の仕事は引き受けません」と前もって伝えておくことで、スキルに合わない低単価の案件が紹介されることを防げます。

ただし、案件の単価については、自身が保有しているスキルの相場を把握していなければ判断できません。市場における自身の価値はどれくらいなのか、どれくらいの単価が相場なのかは、よく調べておくようにしてください。

まとめ

フリーランスのエンジニアは、多くのエージェント会社の中からエージェントを探すことが可能です。相性の良いエージェントを探すことは大変かもしれませんが、ここに時間をかけることが良い仕事を引き受けるための条件ともいえますので、エージェントを利用する方はぜひ参考にしてみてください。

フリーランス・業務委託の仕事・求人を探している場合には、フリーランスの求人紹介サービス「クラウドテック」に登録してみるとよいでしょう。「クラウドテック」では、90%が非公開求人となっているため、会員登録することで、求める条件にぴったりの仕事が見つかるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る