Webマーケットとは?主な手法とWebマーケッターの仕事内容

webマーケティングの業務を任されて困っていないでしょうか。もしもこれからwebマーケッターとして働こうとしているのであれば、webマーケティングに関する知識は必要不可欠です。この記事では、webマーケティングとwebマーケッターの仕事内容についてご紹介しています。「webマーケティングのことをよく知らない」という方は、ぜひここでチェックしておいてください。

Webマーケティングとは


webマーケティングというのは、webサイトやwebサービスを介した商品販売の仕組み作りのことをいいます。webマーケティングを上手に活用できれば、低コストで大きな収益をあげられるため、多くの企業が取り入れています。

一般的なマーケティングとの違いは、活動基盤がwebにあるという点です。商品の販売を目的とする部分では、webマーケティングとマーケティングには大きな違いはありません。

webマーケティングの手法としては、検索結果の上位に商品販売サイトが表示されるようにしたり、web上に広告を設置したりと、さまざまな手法があります。インターネット市場の拡大にともない、マーケティング業界も拡大し続けているため、マーケティングの手法は日々激しく変化しています。

新しい情報が次々に発信されているので、これからwebマーケッターとして働くのであれば、新しい情報に対応していく柔軟性が必要です。

Webマーケティングの手法

社員,kuguru,クグル,くぐる
ここでは、webマーケティングの手法をいくつかご紹介します。ここで取り上げる手法以外にも、webマーケティングにはさまざまな手法があります。以下で紹介する手法はwebマーケティングの基礎といえるものですので、これからwebマーケティングの勉強をしようとしている方は、これらの手法から覚えるようにしてください。

まず始めに紹介するのは「SEO」です。SEOというのは、何かしらのキーワードを検索した際に、webページを上位に表示させるようにする取り組みのことをいいます。webページを上位表示させることでアクセス数を稼げるため、相対的に売り上げを伸ばすことへと繋げられます。

ただし、SEOには確実に上位表示させられる方法というものはありません。上位表示されるかどうかは検索エンジンによって判断されているため、検索エンジンの判断基準を予測しながら試行錯誤していかなければいけないのです。

次に紹介するのは「リスティング広告」です。リスティング広告はSEOと同様にwebページを上位表示させる方法ですが、お金を払うことで上位表示させられるという点でSEOとは異なります。SEOのようにwebページを作り込む必要がないので、労力の削減には有効な手法といえます。

もちろん、上位表示の手数料に対して十分な収益を上げられるという保証はないため、利用するかどうかは慎重に判断していかなければいけません。「多くのアクセス数を稼げるキーワードであるか」「キーワードに対して販売に繋がる商品であるか」など、総合的に検討することが大切です。

続いて紹介するのは「アドネットワーク広告」です。アドネットワーク広告は、バナー広告やテキスト広告などを複数のメディアに掲載できるのが特徴です。検索キーワードに関わらず多くの人の目に触れさせられるので、認知度を上げたい場合には効果的といえます。

最後に紹介するのは「アフィリエイト広告」です。アフィリエイト広告は、広告の掲載を目的としてwebサイトやブログを運営しているアフィリエイターに、商品へのリンクを貼ってもらうことでアクセス数を稼ぐwebマーケティングです。「問い合わせ・資料請求・申し込み・購入」といった成果に対して報酬を支払う手法であるため、比較的に低いコストで広告できます。

Webマーケッターの仕事内容


webマーケッターの仕事は、webマーケティングの手法を実行することと思われがちですが、そうではありません。webマーケッターの仕事は、実行したwebマーケティングの成果を分析し、有用な手法を取捨選択していくことにあります。

そのため、webマーケッターにはwebマーケティングに関する網羅的な知識が必要であり、webマーケッターの優劣は知識量によって左右されるといえます。つまるところ、webマーケッターの仕事内容は、これまでの知識に加えて新しい知識を取得していく仕事といえるのです。

まとめ

webマーケティングを行うためには、豊富な知識と新たな知識に対応していく柔軟性が必要です。これからwebマーケティングについて勉強し、webマーケッターとして働こうとしているのであれば、まずはwebマーケティングの基礎から身につけていくようにしましょう。基礎を身に付けることで新しい知識にも対応しやすくなりますので、始めは基礎の勉強に力を入れるようにしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る