個人事業主必見!業務委託の募集を探すときに知っておきたいこと

業務委託で仕事する場合のメリットやデメリット、注意点しておきたことを解説します。業務委託契約には「委任」と「請負」という2種類の業務形態があるのはご存知ですか?他にも業務委託を探すのにおすすめのサイトなど、読めば得する情報を取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

業務委託と言う契約形態を理解しよう


業務委託という契約形態には「委任」と「請負」という2つの種類があります。どちらも業務委託ではあるものの、それぞれに違った特徴があるため、ここで紹介します。

委任とは業務の遂行を目的

まずは「委任」についてですが、委任は業務の遂行自体を目的として依頼される業務委託契約です。仕事の結果に対して報酬が支払われるのではなく、業務をこなすことに対して報酬が支払われるため、請負と比べて責任が軽いのがその特徴です。

もちろん、いくら責任が軽いと言っても、業務を漫然と遂行してはいけません。業務委託の委任には「一般的にプロと言われるレベルの仕事をしなければいけない」ということを意味する「善管注意義務」が課せられているので、要求するレベルに達していないと判断されれば契約を解除されることもありえます。

請負とは仕事の完成を目的

請負は仕事の完成を目的として依頼される業務委託契約のことをいいます。仕事の完成に対して報酬が支払われることに加えて、完成した仕事に対して1年の瑕疵担保責任が課せられることから、委任と比べて責任が重いのがその特徴です。

瑕疵担保責任というのは、完成した仕事に欠陥や不備などがあった場合に修正、または損害賠償を支払うという責任のことです。完成した仕事を修正する場合も損害賠償を支払う場合も、依頼を受けた側にとってはマイナスでしかないため、細心の注意を払って仕事を行わなければいけません。

業務委託契約をするメリットとは


業務委託契約で仕事をするメリットには、雇用契約よりも自由に仕事ができるという点があげられます。業務委託契約では、作業内容についての説明以外で依頼者から指揮命令を受けないので、在宅で作業をするなど自分のやり方やタイミングで仕事を進められます。

「請負」に関していえば、納期までに仕事を完成させれば良いため、仕事のやり方や仕事をする時間など、ほとんどのことを自分の好きなように決めることが可能です。一方「委任」に関しては、依頼元に常駐して仕事をするケースが多く、依頼元の就業規則に合わせて業務を行う必要があるものの、依頼元から指揮命令を受けないことから、雇用契約よりも自由度の高い働き方ができます。

また、業務委託契約は、得意分野の仕事を専門的に行えることもメリットの一つとしてあげられます。自身のスキルを最大限に活かした働き方ができるので、新たに仕事を覚える必要もほとんどありません。

業務委託契約をするデメリットとは

会社員ではないため、「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」がありません。自分で「国民健康保険」などに加入する必要があります。

労働基準法などの法令外になるため、最低賃金や割増賃金の支払い、解雇予告などもありません。もし企業側で仕事内容が折り合わないと判断した場合は、途中で解雇ということもありえます。

業務委託で働く場合の社会保険加入義務について
会社員など雇用関係にある人は社会保険に加入することができますが、業務委託の場合は、会社に雇用されていないため加入ができません。社会保険に自分で加入する義務があるかどうか、詳しく解説します。

トラブルを防ぐ!気を付けたい点とは

契約書,ビジネス,kuguru,クグル,くぐる
業務委託契約を結ぶ際に気をつけておくべきポイントは、契約内容をしっかりと決めておくことです。業務委託契約のなかでも、特に「委任」の契約についていえることですが、仕事を進めるうちに契約にはない仕事を頼まれる場合があります。

そんなとき、契約にないことを理由に断れれば良いのですが、契約内容に含むかどうかを曖昧なままにした状態で仕事を行うと、後々報酬の面でトラブルになってしまいます。ですので、業務委託契約を結ぶ際は、契約の内容を事細かに決めてからサインすることが大切です。

また、業務請負契約では、偽装請負になってしまう点にも気をつけておかなければいけません。偽装請負というのは、業務委託契約を結んでいるのにも関わらず、依頼元から指揮命令を受けて作業している状態のことをいいます。

業務委託契約では、依頼元に指揮命令権はなく、業務の説明以外の指揮命令は受けないという決まりがあります。この決まりを無視して業務を行っていた場合、偽装請負ということで違法性を追求される可能性がありますので、業務委託で仕事を引き受ける場合には、指揮命令権がどこにあるのかということにも注意しておきましょう。

業務委託契約書の作成方法とチェックしておきたいポイント
業務委託契約書は、トラブル防止や仕事を滞りなく進めるために必要な契約書です。また業務内容に合わせた業務委託契約書を作成することが大事です。ここでは、基本的な内容とトラブルの元となりえる注意しておきたいポイントをまとめました。

業務委託を探すのにおすすめのサイト


ここでは業務委託の仕事を探すのにおすすめのサイトをご紹介します。数多くあるサイトのなかから特におすすめしたいサイトを選びましたので、仕事を探す際は、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドテック

クラウドテック
フリーランスのエンジニアやプログラマ、デザイナーを中心としたエージェントです。登録企業の数は14万社、案件全体のうち90%が非公開求人となっており、案件数の豊富さが魅力となっています。経験豊かなキャリアサポーターを通して案件を紹介してもらうことで、最短3日のスピード参画も実績があります。報酬に関しては、月額報酬制であることが特徴です。

Find job!

Find job!
こちらのサイトはwebエンジニアやwebデザイナーなど、web関連の業務委託求人を多く扱っているサイトです。自身の情報を登録しておくことで、企業からのスカウトを受けることもできるため、web関連の仕事を探すならとりあえず登録しておくのが良いといえます。

bgent.net

bgent.net
こちらのサイトは幅広い業種の業務委託求人を扱っているのが特徴です。企業に対して無料で資料請求できるので、気になる求人の比較もしやすくなっています。

クラウドワークス

クラウドワークス
こちらのサイトはクラウドソーシングのサイトであり、求人数が非常に多いのが特徴です。単価の安い仕事が多いですが、中には好条件の仕事も含まれているため、仕事を探す際にはチェックしておくことをおすすめします。

フリーランス・業務委託の求人紹介をしているエージェント・サイトまとめ
フリーランスの方にとっては、自分に合った仕事を探すのは中々大変かもしれません。案件情報サイトは簡単に案件を探すことが出来るため、利用価値が高いサービスといえます。ここでは、初心者の方からIT系フリーランスの方におすすめのサイトやエージェントを紹介します。

まとめ

業務委託契約には「委任」と「請負」という2種類の業務形態があり、それぞれには違った特徴があります。それぞれの特徴を理解することで業務委託という契約を活用できますので、これから業務委託で仕事を請けようとしている方は、よく確認しておいてください。

関連記事

ページ上部へ戻る