フロントエンドエンジニアとは?仕事内容から必要スキル、年収まで

IT化が進む中で、それに関連する職業も多様化しています。Web制作でも工程ごとに業務を区切ることが当たり前になりつつあります。「フロントエンド」とはWebサイトやアプリケーションで目に見える、触れる部分のことを指します。フロントエンドエンジニアについて具体的に理解していただくために詳しく解説していきます。

フロントエンドエンジニアの主な仕事内容

フロントエンドエンジニアの主な仕事内容は「フロントエンド」の構築、カスタマイズにあたります。Webデザイナーが作成するデザインをもとに、画面に映し出されるタイトルや画像、クリックするボタンなどをプログラミング言語を駆使して形にしていくことがフロントエンドエンジニアの仕事です。

フロンドエンドで使用するプログラミング言語は、サイトの見た目を決めるHTML、CSS。サイトの中に動きを与えるJavaSprictです。WordPressなどのCMSを拡張、カスタマイズすることもフロントエンドエンジニアの仕事になります。

パソコンと向き合うことだけでなく、プログラミングに関する高度なスキルを持っているからこその提案や、柔軟な発想がフロントエンドエンジニアには求められています。WebデザイナーやWebディレクターとの連携をうまくとりながらプロジェクトを進める必要があり、広い範囲の仕事をこなしていかなければなりません。多様な仕事をこなす立場のため、マークアップエンジニアやHTMLコーダーよりも上位の仕事として位置づけられています。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違い

エンジニアの中でもフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分かれます。フロントエンドがユーザーから直接見える部分なのに対して、バックエンドはユーザーから見えない部分を作成する仕事です。

例えばユーザーがネットで買い物をした場合、フロントエンドから商品の購入、フォームに名前や住所などの入力をします。それらのデータをもとに商品の確認、入力された情報の処理をするのがバックエンドになります。バックエンドのシステムを構築することが、バックエンドエンジニアの仕事になります。

プログラミング言語もフロントエンドエンジニアとは異なる言語を使用します。JavaやC++、PHPやPythonを使い、ユーザーから見えない部分のシステムの構築を担っています。小規模サイトではフロントエンドとバックエンドを兼任する場合もありますが、大規模サイトでは完全にフロントエンドとバックエンドを区別してプロジェクトを進めることがほとんどです。見えない部分ではありますが、大事な根幹を担っており縁の下の力持ちといえます。

フロントエンドエンジニアの年収や将来性は?

気になる年収についてですが、フロントエンドエンジニアの平均年収は約385万となっています。20代では平均313万、30代では平均457万というデータが出ています。

これらのデータはあくまでも平均であって、スキルや技術で年収も大きく左右されるケースもあります。年収1000万以上で求人を出している企業もあるので、高度なスキル、技術を習得していれば年収アップも狙える仕事です。キャリアアップとして、プロジェクト全体を管理するWebディレクターも目指す道もあります。

Webディレクターは、責任も増えることになりますが、その分平均年収も446万。20代では平均377万、30代では平均516万とのデータが出ているので、約60万の年収アップが見込めます。

Web、IT関連の仕事は年々高度化、複雑化になっており、今後もフロントエンドエンジニアの需要は増えていく見込みです。変化の流れが速いIT業界なので、常に技術を磨き、新しい知識を取り入れていくことによって、重宝される人材になれるでしょう。

フロントエンドエンジニアに求められるスキルとは

まず必須のスキルとして、HTML、CSS、JavaSprict、CMSなどのプログラミングに関する知識が必要です。これらを使いこなし、誰が見ても分かりやすい設計力、コーディングのスキルが求められます。

企業によって様々なのですが、WebデザイナーやWebディレクターからの相談を受けたり、クライアントとの打ち合わせに参加する場合もあるのでプロジェクトを円滑に回すため、コミュニケーションスキルを求めている企業が多いことも事実です。

今後もWeb業界がますます多様化していくであろうことから、フロントエンドエンジニアが受け持つ仕事も多様化していくことが予想されます。常に情報のアンテナを張り、新しい知識を吸収していかなければなりません。

フロントエンドエンジニアは、高度な技術の習得に加え、コミュニケーションスキルやマーケティング、ブランディングなど多様な知識が役に立つ場面も多いです。日ごろから多種多様な情報を仕入れ続けることで、フロントエンドエンジニアとしての評価を高めることができるでしょう。

 まとめ

フロントエンドエンジニアは、Webサイトの表の部分、看板のようなものです。専門的なスキル、技術は必要ですが、今後も成長していくであろう業界で専門的なスキルを身につけることは自分の為になるはずです。プログラミングを学べる環境は増えてきており、オンラインスクールも充実しているので隙間時間を使って新しいプログラミング言語を学ぶことも可能になっています。仕事の幅を広げるためにも、新しい言語に挑戦してみてはどうでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る