フリーランス向け案件紹介サイト・エージェント!探し方や管理方法も紹介

フリーランスになると、自分で案件を探して仕事を得る必要があります。どのようなサイトを利用すれば良いのか、どのような基準で案件を選べば良いのか不安に思う方もいるかもしれません。今回は、おすすめのエージェントサイトや初心者向けのクラウドソーシングサイトともに案件を受ける方法を紹介します。

フリーランスは案件が決まらない?

「フリーランスになったのはいいけど、案件がなかなか決まらず、生活が苦しい…」という声を聞くことがあります。一方で、「フリーランスになって、一定の収入を稼ぎながら、自由な時間が増えた」というフリーランスの声も聞こえてきます。「案件が決まる」ために必要な方法を説明していきます。

案件内容と単価が見合わない可能性

フリーランスに案件を依頼したいというクライアントが少ないかというと、そうではありません。むしろ、フリーランスのニーズの方が大きいのが現状です。

その中で仕事を見つけるのが難しいのには、案件の内容と単価が見合っていないことが原因としてあります。時給に換算するととても安く、生活が成り立たなくなるような案件もあります。「案件が決まらない」という状況は、案件がないのではなく、報酬の希望が合わないということがほとんどのようです。

フリーランスが案件を見つける方法

フリーランスが仕事を獲得するためには営業活動を行わなければならないイメージがありますが、実は「第三者からの紹介」も重要です。フリーランスの仕事の評判が良い場合、クライアントが他の仕事を紹介してくれることがあります。

例えば、フリーランスが作ったデザインがとても人気となったときには、仕事内容が評価されると同時にその作品を見たほかのクライアントから「この作品を作ったデザイナーを紹介してほしい」という声が多くなり、新たな仕事を獲得できるという仕組みです。

ただし、仕事内容が他者に評価されるレベルに達しないといけませんので、常に目の前の仕事に全力で取り組めた方がこの方法で仕事を獲得することができます。

一方、フリーランスを始めたばかりの頃は、いきなり「第三者からの紹介」をしてもらうことは難しい場合もあります。以下ではフリーランスになったばかりでも、案件を紹介してもらえる方法を紹介します。

エンジニア・デザイナー特化IT系エージェント

クラウドテック(Crowd tech)

フリーランスのエンジニアとデザイナーに力をいれたキャリア支援サービスサイトです。エンジニアの仕事の中でも、分野ごとにカテゴリが細分化されていて、数ある案件の中から自分の希望に沿った仕事をみつけられるでしょう。

「週3案件」や「リモート案件」に力を入れていることが特徴で、スキルが高い場合には、より自分の希望に合った柔軟な働き方ができる案件の紹介を受けることができます。月額報酬制なので、毎月一定の収入を得ることができ、はじめてフリーランスとして働こうとしている方にもおすすめです。

クラウドテックの評判・クチコミ
こちらでは、クラウドテックの評判やクチコミ、クラウドワークスとの違いを紹介しています。クラウドテックを利用するメリット・デメリットもお伝えしています。
クラウドテックの関西案件情報を見てみる
フリーランスの案件というと都内に寄りがちですが、クラウドテックでは関西案件も充実しています。関西にお住いのフリーランスの方は確認してみると、意外な案件が見つかるかもしれません。

ギークスジョブ(geechs job)

「geech(ギーク)」の名前にも現れているように、ITエンジニア・Webデザイナーのフリーランス向けエージェントサイトです。初心者向けのフリーランスセミナーや個別相談も受け付けてくれています。

設立から15年と、IT系エージェントサイトの中では実績のある会社となっています。15年で蓄積されたナレッジを活かしたマッチングが受けられるところが魅力です。

ギークスジョブ(geechs job)はこちら

レバテックフリーランス・レバテッククリエイター

IT系のエンジニアやデザイナーに特化したエージェントサイトです。エンジニア向けは「レバテックフリーランス」、デザイナー向けは「レバテッククリエイター」とサイトがわかれています。原則として、常駐型の案件が紹介されています。

レバテックフリーランスはこちら
レバテッククリエイターはこちら

アットエージェント(@Agent)

レバテックフリーランス・レバテッククリエイターを運営するレバテック株式会社のサービスです。案件の紹介だけではなく、今後のキャリアプランの相談に乗ってくれたり、案件と案件の間が空かないように手配をしてくれたりするのが魅力です。また、アットエージェントはクライアントから直接案件を受け、紹介してくれることがほとんどです。間に別企業が入らないため、仲介料を抜かれにくいという特徴があります。

アットエージェント(@Agent)はこちら

フォスターフリーランス(FOSTER FRELANCE)

フォスターフリーランスも、ギークスジョブ同様老舗のIT系エージェントサイトです。東証一部上場企業の子会社であるという安心感もあります。

フォスターフリーランスは、サイトの使いやすさも魅力です。エンジニアの中でも、「要件定義・設計」の段階の案件を選ぶこともできますし、「サーバーサイド」「データベース」などの専門分野から案件を探すこともできます。言語も、メジャーな「Java」「PHP」から、「VBA」などでも絞り込むことができます。勤務地としては東京とその周辺が中心になっています。地域から絞り込むだけではなく、案件の多い地域をレコメンドしてくれます。

フォスターフリーランス(FOSTER FRELANCE)

初心者向けクラウドソーシングサイト3選

近年、クラウドソーシングの認知が拡大し、自宅で簡単に仕事を得ることが出来るようになってきました。クラウドソーシングとは、仕事の発注者がクラウドソーシングサイトに仕事内容と求める人材を掲載し、受託者はその掲載されている内容を見て自ら応募するという形が原則です。クラウドソーシングサイトに登録している方の中で特に能力や技術が優れている場合、発注者が直接仕事をオファーすることもあります。この方法であれば外に一歩も出なくても案件を見つけることができます。

クラウドワークス(Crowd works)

初心者におすすめなのが、国内最大規模のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」です。「クラウドワークス」の特徴は、様々なカテゴリの仕事が多く登録されているため、初心者でもすぐに仕事に取り掛かることができるところです。2012年にサービスが開始されてからまだ5年程度しかたっていませんが、現在会員数が180万人を超えています。

クラウドワークス(Crowd works)はこちら

ランサーズ(Lancers)

2008年サービス開始の「ランサーズ」。「クラウドワークス」と共に、総合系のクラウドソーシングサイトでは、会員登録数では国内で2トップともいわれています。幅広いお仕事が登録されているため、初心者の方でも自分に合った仕事を見つけることができます。また、依頼案件数は200万件近く、こちらも日本最大級と言えます。

ランサーズ(Lancers)はこちら

シュフティ(shufti)

フリーランスをしている主婦の方におすすめの情報サイトが「shufti」です。このサイトでも幅広い案件を取り扱っていますが、主婦の方も空いた時間に気軽にできるような案件が多いのが特徴です。主婦の方に向けて特化していますが、もちろん主婦以外の方も利用可能です。

特別なスキルや資格がなくてもできるような簡単なものから、自分の得意なことを活かせる仕事まであります。2007年から運営されている安心感のあるサイトです。

シュフティ(shufti)はこちら

(番外)ITエンジニアに人気の情報サイト

案件を探す際には、現在の社会・技術トレンドや、会社の情報を知っておくことも重要になります。フリーランスの中には、直接自分で知った会社に連絡して、案件を獲得している強者もいるようです。ここでは、ITエンジニアの方に人気がある情報サイトについてご紹介します。

TechCrunch

TechCrunch
IT関連に携わる人は皆憧れを持っているシリコンバレーを拠点としているニュースサイトです。日本だけではなく世界の情報も発信しており、常にIT業界のトレンドを見ることが出来ます。日本語サイトもあるため、英語がわからない方でも活用していただけます。

POSTD

POSTD
現在大躍進を続けている株式会社リクルートが運営しています。国内のニュースだけでなく、国外のエンジニア向けニュースを翻訳して掲載しています。世界の状況を常に把握したい方は、日本語で世界の情報がわかるこの「POSTD」をおすすめします。

ガジェット通信

ガジェット通信
IT業界のニュースはもちろんですが、そのほかのさまざまなガジェットを紹介しています。IT関連のものだけでなく、幅広い情報を見ることが出来るのが他のサイトとは違う利点です。

案件探し・案件管理の方法

男性,ポイント,kuguru,クグル,くぐる

案件探しは自分の基準をもとに

案件を探す際、なかなか希望に見合ったものが見つからないと、単価を下げたり、不安の残るものを受けたりしたくなるかもしれません。しかし、収入が不安定になりがちなフリーランスこそ、案件探しは厳しく行うのがおすすめです。

自分が案件を受ける基準を作るためには、自分の必要な収入と、案件をこなすのにかかる時間を計算しましょう。例えば、1ヶ月に30万円必要で、1ヶ月に20日、1日に8時間働く場合、時給1,900円を切ると必要な収入が得られなくなってしまいます。13,000円の案件があったとして、その案件を終わらせるのに1日かかりそうなのであれば、案件を受けないという判断ができます。

フリーランスが仕事がないときはどうする?
自分にあった仕事が見つからないとき、どうしたら良いのでしょうか?こちらの記事では、単価を下げるリスクや、仕事を取りに行く方法などを紹介しています。思うように仕事が見つからない場合は参考にしてみてください。

面談や契約書で不安を解消

案件情報サイトは簡単に案件を探すことが出来るため、フリーランスになりたての方や、営業をしたくないフリーランスの方には利用価値が高いサービスです。一方で、発注者と直接顔を合わせることがないため不安に思うこともあると思います。不安な場合は、一度オフィスで顔合わせをすることを希望したり、ビデオ通話を希望したりしてみましょう。

また、働き方や案件の進め方に不安がある場合は、契約書や覚書を活用して不安を解消しましょう。エージェントを利用している場合、契約書の業務は代行してくれることがほとんどなので、盛り込みたい内容がある場合はエージェントに相談しましょう。

フリーランスの契約書の注意点・記載すべき9項目
フリーランスとして働く際、契約書は自分を守ってくれる重要な書類です。こちらの記事では、契約書の意義や、契約書に盛り込んでおきたい9つの項目を紹介しています。

案件と案件の間に注意

フリーランスとしての契約を1ヶ月単位でおこなっている場合、来月から仕事がなくなり、無収入になるといった事態も考えられます。契約を更新するか否かを決める日は案件によってことなりますが、正社員でない限り突然の契約終了のリスクは仕方がありません。

エージェントを使っている場合は、案件と案件の間があかないように手 配をお願いしておきましょう。個人で契約を結んでいる場合は、「もし契約終了をするのであれば、○日前までには通告すること」などの決め事をしておくことをおすすめします。

まとめ

フリーランスとして案件を受けるには、さまざまな方法があります。自力で営業する方法や、クラウドソーシングサイトを活用する方法、エージェントに登録して案件紹介をしてもらう方法などです。自分にあったものを選択し、安定した収入を得られるよう工夫していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る