どんな募集が多い?3Dデザイナーの仕事内容とは

ゲーム、アプリ、テレビ、映画など、日常生活において3Dグラフィックスはとても身近な存在になりました。近年ヒットしたアニメの魅力について、3Dグラフィックスを抜きに語るのが難しいほどです。一目で印象に強く残る3Dグラフィックスを目にする機会も多く、それらを作り出す「3Dデザイナー」という職業に憧れる人も多いことでしょう。ここでは、3Dデザイナーとはどのような仕事なのか、その求人の特徴、どのようにしてなるのか、さらに年収などについて具体的に説明します。また、3Dデザイナーに必要不可欠なスキルを効率的に身に着ける方法についても解説します。

3Dデザイナーの仕事内容とは

3Dデザイナーの仕事内容や役割

3Dデザイナーは、ゲームやアプリ、映画、テレビ、アニメといった幅広い分野で使用される3Dグラフィックスを作成する仕事です。3Dグラフィックスを用いたキャラクターの制作や、モーション、モデリング、エフェクトなどの制作にも携わります。

作業は役割分担されていることが多く、2Dデザイナーが作成したデザインをもとにして3Dグラフィックスは作成されます。自分が制作を担当したグラフィックスが、制作物全体の中でどのように反映されるか、どのような効果を求められているかを想像しながら作業できる能力が3Dデザイナーには求められています。

また、クリエイティブ系の仕事に共通するのが、制作物には必ず納期が存在するということです。クライアントの希望する納期までに是が非でも完成させなければならないというプレッシャーと戦いながら、クオリティを追い求めるという厳しい仕事でもあります。

3Dデザイナーの求人の特徴

ゲーム系と映像系の求人がある

3Dデザイナーの需要は増加傾向にあり、建築業界、ゲーム業界、広告業界、映像業界といったあらゆる業界に活躍の場が広がっています。就職・転職活動には制作実績として作品(ポートフォリオ)を見せることが多いです。そのため、十分にスキルをアピールできるポートフォリオを制作することが就職・転職活動を成功に導くキーとなります。

また、3Dデザイナーの仕事は一人で完結できるものではなく、社内外問わずさまざまな職種の人と協力・連携しながら進める必要があります。よりよい制作物を完成させるためには、良好な人間関係を構築し、人と意見を交わしあうことのできる社会人としてのコミュニケーション能力が問われる仕事だということです。これは、3Dデザイナーに限った話ではなく、あらゆる種類の仕事、業界において必要な能力です。

3Dデザイナーになるには

専門学校、各種学校に通うと近道

CG業界においては、多くの制作現場で即戦力となる人材が求められています。そのため、経験者を募集する中途採用が中心となっているのが現状です。

3Dデザイナーに必要なスキルは、大きく分けて2種類あります。「デッサン力」と「3Dソフトを使いこなす力」です。平面(2D)であるデザイン画をもとにして、立体(3D)である3Dグラフィックスを作成するには、すべての作業の基本となるデザイン力やデッサン力が不可欠となっています。

これらのスキルは、専門学校で学ぶことができます。制作プロダクションと連携した授業によって、未経験者でも経験者と同等のスキルの習得を目指せる専門学校もあります。場合によっては、CG業界とのコネクションが得られることもあるでしょう。そういった意味では、専門学校をはじめとしたCG制作を学べる各種学校に通うことは、3Dデザイナーになる近道であるといえます。

なお、3Dデザイナーになるのに特別な資格は必要ありません。しかし、自身のスキルを証明するために、CGクリエイター検定や画像処理エンジニア検定を受けて資格を取得するのもよいでしょう。

ソフトを使いこなせるようになるのが必須

3Dグラフィックス制作においては、Maya、3dsMax、Softimageといったソフトを主に使用します。また、画像処理に必要となるPhotoshopやIllustratorについての知識も持っておくと心強いでしょう。それぞれのソフトの特性を生かして、現場によってソフトを使い分ける3Dデザイナーは多いです。複数のソフトを使いこなすスキルを習得しておくことで、就職・転職活動を有利に進めることができるでしょう。

また、あらゆるソフトに柔軟に対応できると、仕事の幅や活躍のチャンスが広がります。ソフトは日進月歩で更新されていくため、日々独学で新しい知識を取り込み、自身のスキルを積極的にブラッシュアップしていく姿勢が問われる職業です。

3Dデザイナーの年収

CGデザイナーの年収を参考に

CGの活用が一般的となっている現代、3Dデザイナーはこれからも一層、さまざまな業界で活躍できる職業といえるでしょう。年収は勤務先や勤務形態によって違いますが、一般的には300~500万程度が多いと考えられます。

業界の特徴としては、基本給は低めに設定されており、残業代で稼ぐという認識が多い傾向があります。もちろんのこと、自身の能力やチャンスの生かし方で、年収アップは十分にねらえます。

まとめ

3Dデザイナーという職業の将来性は無限大です。3Dグラフィックス制作のいわば職人としての道を究める人もいれば、品質管理やアートディレクターといった制作現場全体を見渡してディレクションする立場で活躍する方向にシフトする人もいます。自身が担当する業務のみならず、制作現場全体の様子に気を配りながら仕事をこなせる人が、3Dグラフィックスの制作現場において求められています。

関連記事

ページ上部へ戻る