【ビジネスの必需品】高機能オフィスチェア5選|快適な職場環境を

どんな仕事場にも必要不可欠な「ビジネスチェア」。デザイン性の高いものや素材、座り心地などさまざまなタイプのものが販売されています。ここでは、仕事場で快適に過ごしたい人におすすめの高機能ビジネスチェアを5つご紹介していきたいと思います。

洗練されたデザインのビジネスチェア

まず始めにご紹介するのは、仕事場にも自宅用にも使えるおしゃれなデザインのビジネスチェアです。

LOWYA「キャスター付きミドルバックのオフィスチェア」

ブラック、グリーン、レッド、ネイビーの4色のカラー展開でおしゃれさや可愛さを兼ね備えています。デザイン性重視のビジネスチェアと思われがちの見た目ですが、耐荷重90㎏と細めのスチールの脚がしっかりと安定感を保ちます。座面が360℃にスムーズに回転し、キャスター付きなので仕事場でも動きやすく、体にしっかりとフィットする背もたれも魅力的。レバーで簡単に高さ調節をすることもでき、ひじ置きはソファーのアームのようにくつろぐことができます。

LOWYAの「キャスター付きミドルバックのオフィスチェア」はデザイン性だけでなく、機能性にも優れたビジネスチェアで仕事場のインテリアの1つとして使用したい人におすすめです。

座り心地が癖になるビジネスチェア

続いて、ご紹介するのは座り心地が癖になる仕事場におすすめのビジネスチェアです。

AKRacing Nitro「ゲーミング オフィスチェア」

オレンジ、ブルー、ホワイト、レッド、グリーンの5色のカラー展開で、デスクワークにおける首や肩、腰、腕への負担を最小限にするために開発されたチェアです。普段、仕事場で作業しているかということを徹底的に研究し作られたこのビジネスチェアは、背筋を伸ばすことで負担を軽減できる構造になっています。

PUレザーを使用することで、スポーツカーのシートを思わせる上質な素材で作られており、座り心地も抜群。AKRacing Nitroの「ゲーミング オフィスチェア」は、負担軽減、デザイン性、座り心地にこだわった贅沢なビジネスチェアでオフィスワークをしたい人におすすめです。

腰痛持ちの方も安心のチェアとは?

続いて、ご紹介するのは腰痛持ちの人でも安心して仕事をすることのできるビジネスチェアです。

関家具「エルゴヒューマンプロ オットマン」

耐圧分散と通気性に優れた素材のエラストメリック・メッシュと発色良さと優しい触り心地のいい素材のファブリック・メッシュの2種類から選ぶことのできる、全12色のカラー展開のビジネスチェアです。チェア自体の高さや前後調整、ひじ置きの高さや左右、前後調整、その他ヘッドレストやバックシート、座面など細かく調整することができます。

折り畳み式のオットマンも付いているので、足を延ばしてリラックスすることができるのも魅力。関家具の「エルゴヒューマンプロ オットマン」は、さまざまな部分の調整が可能で、腰痛持ちの人でも一番自分が楽になるように体勢をに調整することができるのでおすすめです。

素材にこだわる人向けビジネスチェア

続いて、ご紹介するのは素材にこだわりたい人におすすめのビジネスチェアです。

不二貿易「エグゼクティブチェアーデクシア83739-83740」

ブラックとベージュの2色のカラー展開で、張り地にPUレザーを使用したバケットデザインのチェアです。座面下にあるレバーで、ロッキングと座面の高さの両方を調整することができます。クッション性ももあるので座り心地は抜群で、デスクワークでありがちなひじ置きがデスクにあたるといった問題点も可動式アームを採用することによって解決されている使い勝手のいいビジネスチェア。

不二貿易の「エグゼクティブチェアーデクシア83739-83740」は素材がUPレザーなので手触りも良く、お手入れも簡単なので素材にこだわりたい人におすすめです。

人間工学に基づいて作られたチェア

続いて、ご紹介するのは人間工学に基づいて作られた仕事場を快適にしてくれるビジネスチェアです。

ハーマンミラー「アーロンチェア」

1日のデスクワークを通してさまざまな姿勢をする人の動きを考え、人間工学的な新しい機能を取りいれたチェアです。一般的なビジネスチェアの背もたれに使われているウレタンフォームとファブリックを取り除き、通気性を上げることで長時間座っている時の熱のこもりや湿気などの不快感を解消してくれます。背もたれは仙骨を安定させ、腰をサポートすることのできる傾きになっているので疲れにくくなっています。デザインもシンプルなので、どんな仕事場にも合わせることが可能。

ハーマンミラーの「アーロンチェア」は人間工学に基づいてチェア作りをしているので、負担軽減やフィット感があり、長時間のデスクワークでも安心して行うことができるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?従来のビジネスチェアに比べ、使う人の負担を軽減してくれるものやデザイン性の高いもの、素材のいいものなどたくさんの種類のビジネスチェアがあります。ここで、ご紹介したビジネスチェアの詳細を自分に合ったビジネスチェア探しの参考にしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る