独立して仕事をしたい人必見!成功しやすい条件3つと注意点!

仕事での独立を考えている方に向けて成功しやすい基本条件3つと独立する際に注意しておきたい点を紹介します。仕事での独立を考えているのであれば、まずは成功しやすい条件を確認することから始めてみましょう。自分がどのくらいその条件に合致するか理解することで、独立に向けて準備すべき内容も変わってきます。

条件1:独立に適した仕事・職種を選ぶ

女性,ガッツポーズ,kuguru,クグル,くぐる
キャリアアップを狙いたいのであれば、勤務している企業を辞め、独立することも有効な選択肢のひとつです。ただし、自分が目指している職種が、独立しやすい仕事かどうか、しっかりと見極めた上で、必要な事前準備をしておくことも重要となります。基本的に以下の3つの要件を満たしていれば、一般的には独立しやすい仕事といえます。

要件1:初期投資がゼロまたは少額

初期投資の金額は、起業するかフリーランスとして働くか、独立した後の働き方によっても異なります。初期投資は、いずれ事業収益で回収しなければならない費用であることを念頭におき、どのくらいの期間で回収できるか、目安が立てられる規模の金額であることが大切です。

例えば、在庫を持つ必要がある職種の場合、在庫を抱えるだけで資金がかかり、且つ売れ残ってしまったら資金の回収ができなくなります。商品単価が少額なもの、在庫数も少量からスタートできるとリスクが減ります。初期費用がゼロ、または少額で済むにこしたことはありません。

要件2:安定的な顧客ニーズがある仕事

独立直後から仕事が始められるほどの十分な顧客需要があるか、具体的にイメージできれば独立しやすい仕事だといえます。自分の好きなことを仕事にして稼ぎたいと思っていても、好きな仕事は世の中にニーズがあるのか把握することも必要です。

要件3:事務所の賃料など固定費が最小限

毎月の事業収益(稼ぎ)と関係なく発生する費用を固定費といいます。この固定費の規模が小さいほど、独立しやすい仕事だと考えられます。自宅など既存のスペースで仕事ができれば、大幅に固定費の削減が可能です。

条件2:資格を生かした仕事


専門性が高い業務をおこなうことができる国家資格などを持っているのであれば、その資格を生かして独立し、キャリアアップを狙う方法もあります。実際、企業内でエンジニアとして勤めながら、培った技術やスキルを生かして、新たにIT系や情報処理系の専門資格を取得し、独立しているケースもみられます。

独立することのメリットは、自分がやりたい仕事を選ぶことができるだけでなく、働く時間についても自由にコントロールできる可能性が広がる点です。報酬や給与は、自分がどのような働き方をするかによって変動するため、厳しい面がある一方、今まで以上にやりがいが感じられるという声も聞かれます。

ライフスタイルに合わせた仕事の仕方を模索中で、十分に独立できる専門資格を有しているのであれば、力を最大限に発揮できる「独立」を思いきって選択してみませんか。独立後の仕事の進め方次第では、会社員として働く場合とは異なる次元で、自身の新たな可能性を切り拓くことができます。

独立したい方におすすめのIT関連の資格
持っていると独立しやすいIT関連の資格をいくつか紹介します。今までの経験を活かし、且つ新たに自分の能力を発見できる機会にも恵まれるかもしれません。

条件3:仕事の取り方をみつける


独立して成功するためには、どうしたら仕事が安定的に取れるか、その方法を知った上で適切な対処をしておく必要があります。

例えば、自身が独立の準備をしていることを知り、応援の声がけをしてくれた知人や友人を頼るのも良いですが、新たな顧客層の早期開拓も重要です。将来にわたって、自身の専門技術や知識に信頼を寄せてくれる安定的な顧客層へアプローチする術を早めに発見しておくことが、独立後の成功への近道となります。

携わっている業種やその業界によっても異なりますが、一般的には、以下の方法を検討することをおすすめします。

有用なWEBサイトの活用

不特定多数の人に情報が発信できるツールとしてホームページやブログなどのwebサイト活用するといいでしょう。どのような事業を行なっているか、分かりやすく解説するとともに、仕事での実績をアピールできる場としても有効です。ターゲットとしたい顧客層がネット検索をかけた際、自身のサイトが上位に表示される仕組みづくりも必要となります。

フリーランス職種別ホームページ作成ポイント
フリーランスが仕事を獲得する場合に、自分のホームページを活用する方法がありますが、どのようなページを作るとよいのでしょうか?実はデザインに凝るよりも、訪問者にとって見やすく分かりやすいデザインの方が有効です。ここでは、フリーランスの職種別に、ホームページ制作のポイントを紹介します。

企業へのアプローチ

企業との業務委託契約によって、定期的に請け負うことができる仕事があれば収入の安定につながります。ターゲットとなりそうな企業へ訪問し、挨拶をすることから始めましょう。

クラウドソーシングの活用

IT関係やクリエイティブ系の仕事で独立する場合は、クラウドソーシングサイトに登録をするという手もあります。デザイナー、エンジニア、カメラマンなど様々な職種の人に向けた案件が掲載されていて、サイト内で実績を積むことにより、仕事が受注しやすくなります。長期で安定した案件は少ないという点はありますが、職種や条件が合えば仕事を獲得することが自体はできるでしょう。

フリーランスの仕事を受注する営業方法
フリーランスで活躍する方が実践している営業方法は様々です。いざ独立したけれど仕事が見つからない人。営業活動がうまくいっていない人に向けて、仕事の受注につながる営業方法をいくつかご紹介します。

独立後に情報の取り扱いに注意する


企業に勤務していた人が独立する場合、その勤務先で扱っていた顧客情報や機密情報の取り扱いについては、独立後にも十分に注意しなければなりません。なぜならば、自分が勤めていたときに、新たに開拓した顧客であっても、独立した後にその顧客情報を持っていくことは、法律違反となる可能性があるからです。さらに、企業に勤務していたことによって知りえた企業独自のノウハウや専門スキルの扱いなども同様に法律違反になる可能性があります。

特に、勤めている企業と同じ業種・業界で独立を考えている人は、在職中に雇用契約や秘密保持契約などの内容をしっかりと確認しておきましょう。法律違反に当たるかもしれないといった不安な点があれば、独立する前に、弁護士など専門家にも照会をかけておくと安心です。

まとめ

独立して仕事での成功をおさめるためには、上記の条件や注意点を踏まえたうえで綿密な計画を立て、実行してくことが大切です。ときには、予定通りいかない場合もあります。したがって、資金や時間には、できるだけ余裕をもって、独立が実現できるよう準備することをおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る