個人事業とは?個人事業主の開業届や税金などを解説

会社をおこすのはハードルが高いと感じるのであれば、個人事業を営むという方法があります。一般的に自営業と言われる形です。実際に法人にするのと個人とではどのような違いがあるのか、個人事業における確定申告も交えて紹介します。

個人事業とは


一般的に会社というと、法人を指すことが多いです。法人とは人ではないものの、法律上人格があるもののことです。しかし、現実は、法人だけでなく個人も事業を営むことができるようになっています。法人と分けて考えるために、個人事業のことは個人と分けます。一般的に個人事業は、自営業やフリーランスと称されることが多いです。

なお、個人事業なので、ただ個人として仕事をはじめるだけでなく、事業としての実態も必要になります。事業として実態があるということは、事業が独立していて、反復、そして継続しているということ。ただ不要なものを売る、たまに株式売買をするのは事業とは考えられません。毎日でも週に何日かでも事業を行っているが必要です。たとえば、美容師や税理士、弁護士など事業として行っているものが個人事業に該当します。

そして個人事業主と言われるのは、個人事業をとりまとめている責任のある人のこと。1人で事業をおこしたのであれば、おこした本人が個人事業主となります。家族で事業をおこし法人にしない場合は、家族のうちの代表者が個人事業主です。

個人事業主と法人の違い

オフィス,kuguru,クグル,くぐる
個人が主体になるか、法人が主体になるのかで個人事業主と法人は違いますが、名称だけでなく性質も異なります。

まず、個人事業主として開業するにあたって肌で感じやすいのが個人事業主と法人の信用の高さの違いでしょう。個人事業主より法人の方が、社会的な信頼があり、取引先などからの信用を得やすいです。また取引先だけでなく、融資を受けたいと思った場合も顕著になります。一般的に、個人事業主よりも法人の方が、融資が受けやすいためです。個人事業主の場合は1人で事業を立ち上げることも多いことから、いつ事業が終わってしまってもおかしくないという判断で、融資は受けにくくなります。少なくとも3年間事業が続いていることが重要です。

また、開業をするときも個人事業主と法人とでは異なります。個人事業主の場合は、開業届を税務署に提出するだけなので、書類1枚で簡単に自営業やフリーランスになることが可能です。開業届では手数料も発生しません。一方法人はというと、法務局で登記を行う必要があります。会社のルールである定款の作成も必要です。さらには、登記にあたって手数料も必要となります。

他にも、税務上でも個人事業主と法人では異なります。たとえば税務上の手続き。個人事業主は確定申告ですが、法人の場合は法人決算書の申告が必要で、個人事業主よりも手続きが煩雑になります。複雑な手続きになることから、税理士などの専門家への依頼が必須となってくるでしょう。他にも赤字の繰越面や生命保険など、細かな部分でも個人事業主と法人には違いがあります。

個人事業の確定申告とは


会社員の場合は会社が年末調整で代わりに所得税の清算を行ってくれますが、個人事業主の場合は自分で所得税を申告しなくてはなりません。その手続きとなるのが、確定申告です。法人決算の簡易版と考えると分かりやすいでしょう。ただ、法人が決算月を決定できるのとは異なり、確定申告では事業年度が1月1日から12月31日までと定められており、原則翌年の2月16日から3月15日(土日をはさむ場合は時期がずれます。)の間に確定申告を行わなくてはなりません。

また、個人事業主の場合は白色申告と青色申告を選択できるのも特徴でしょう。すべての所得で選択が可能な訳ではありませんが、一般的な事業所得、不動産所得などで青色申告が可能です。なお、確定申告のベースとなるのは白色申告。青色申告は、青色申告承認申請書を税務署に提出することで、はじめて適用されます。最大所得からの65万円控除、赤字の3年繰越など、白色申告と異なり、さまざまな特典があるのが青色申告の特徴です。その代り、青色申告にするのであれば、より詳細な会計処理や書類の保存が必要となります。会社員から個人事業主になったばかりで、手続きのしかたが分からず、確定申告に不安がある場合は、白色申告から行う方法を検討するのも良いでしょう。

ちなみに確定申告を正しく、期限内に行わないと、税金によるペナルティが発生することがあります。確定申告は期限内にしっかりと行うようにしましょう。

まとめ

会社員をやめて事業をはじめたいのであれば、個人事業と法人と2つの選択肢が考えられます。それぞれにメリット、デメリットがありますが、はじめやすさと終わりやすさを選ぶのであれば個人事業主が選択肢となるでしょう。両方の特徴を知ったうえで、自分に合った方法で事業をはじめるようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る