充電ケーブルどれがいい?目的別におすすめの5商品をご紹介

スマートフォンを使っているなら必需品の充電ケーブル。実は色々な機能を持つものが存在します。実用性を重視したものからデザインなど見た目にこだわったものまで、ここではオススメの充電ケーブルをご紹介します。iPhone用とAndroid用それぞれをご紹介するので、お持ちのスマホに合わせてご覧ください。

仕事でもプライベートでもスマホは常に必要!読者のみなさんにも多いのではないでしょうか。 外出先でスマホを使っているとすぐ充電が無くなる…そんなときにもいつでも充電ケーブルを持っていれば安心です。

でも、普通の充電ケーブルはかさばるから持ち歩きたくない。そんなあなたにオススメなのがコンパクトな充電ケーブルです。

[iPhone用オススメケーブル] 巻き取り式 ケーブル 急速充電 ライトニング MicroUSB 2in1 150cm A RFM (1.5m, black) 持ち歩きしやすい巻き取り式+少し長めの1.5mケーブルも嬉しいです。 [Android用オススメケーブル] エレコム マイクロUSBケーブル microusb 巻き取り 1A出力 0.7m ブラック MPA-AMBIRL07BK 有名なエレコム社のケーブルで安心です。

いま注目のマグネット式ならコレ!

マグネット式とは、スマホと充電ケーブルを接続するときに向きを気にせずにくっつけるだけで充電ができるもののことです。
就寝時に電気を消してから「あっ、スマホ充電するの忘れてた!」と気付き、近くにある充電ケーブルをスマホに入れようとしたら向きがわからず入らなくてイライラ。こんなストレスを無くしてくれる優れもののケーブルはこちら。

[iPhone用オススメケーブル] ライトニング マグネット ケーブル 120cm lightning iPhone 通信 充電 (red set) [Android用オススメケーブル]

スタイリッシュなデザインが魅力

充電ケーブルの中にもおしゃれなものも存在します。パッと見ではケーブルとわからないものや、カラフルなデザインのものも。
職場でも注目されそうなデザインの充電ケーブルはこちらです。

[iPhone用オススメケーブル] このケーブルはなんと充電中に光ります。スタイリッシュで実用性もある充電ケーブルです。 [Android用オススメケーブル] 白と黒のコントラストが存在感あるデザインです。こちらはiPhoneにも対応しています。

耐久性のある充電ケーブルはこちら

充電ケーブルは何かと壊れやすいものです。線を力強く引っ張ってコードむき出しになったり、接続口にジュースなどをこぼしてしまったり、そんな経験一度はあるという方も多いのではないでしょうか。
ここでは耐久性の高い、壊れにくいケーブルをご紹介します。

[iPhone用オススメケーブル] RoFei 1.2M iPhone充電ケーブル耐久性のあるナイロン編組8ピンライトニングケーブル ためにiPhone 7,7plus,se, 6s plus, 6s, 6 plus, 6, 5s, 5c, 5, iPad Air, iPad Mini, iPod (1.2m, レッド) ナイロン編みケーブルで耐久性抜群です。 [Android用オススメケーブル] 5000回以上の曲折テストを実施しても壊れないというスグレモノです!

急速充電ができるおすすめケーブル

急速充電とは、その名の通り通常よりも素早く充電を行う機能のことです。 対応ケーブルを使用する以外にも、急速充電を行うには気を付ける点がいくつかあります。 ・スマホが急速充電に対応している ・アダプタが急速充電に対応している ・一定以上の電力が供給可能

上記の条件を全て満たしていないと急速充電は行えないのでお気を付けください。

最近では多くの充電ケーブルが急速充電対応となっています。上の方で紹介したケーブルでも急速充電対応のものもありますが、ここでは急速充電可能なシンプルなものをご紹介します。

[iPhone用オススメケーブル] ローズはちょっとかわいらしい色で女性におすすめです。 [Android用オススメケーブル] こちらはシンプルなだけでなく、iPhoneの充電も可能です。

今回はスマートフォン充電ケーブルをご紹介しました。 用途に合わせてご紹介しましたが、世の中には数多くの充電ケーブルがあります。デザインなどの好みは人によって異なると思います。他にもみなさまにマッチした充電ケーブルがあるかもしれません。 実用性、デザイン、価格。どれを優先するかはあなた次第!

ウィンドウショッピング感覚で色々なケーブルを見比べて、一番気に入ったケーブルを選んでいただければと思います。

kuguru_brb_190624_01-6344297

Copied title and URL