ひと目でおさらい!敬語の基本と頻出ビジネス敬語一覧

  • 2017-12-1

ビジネスの場面では、敬語を使うことは必須です。言葉遣いは大切な相手の印象を左右するものですから、ぜひ正しい使い方を覚えたいものです。そこで、敬語全体のおさらいをして、正しいビジネス敬語を再度確認してみましょう。敬語3種類の基本から、尊敬語・謙譲語の細かな違いについても紹介します。

ビジネス敬語の基本をおさえよう

尊敬語

尊敬語のポイントは、「れる」「られる」をつけること、もしくは「お(ご)…になる」をつけることです。

自分よりも目上の人や尊ぶべき相手に対して、目上の人や尊ぶべき人の動作(あるいは、目上の人や尊ぶべき人に関係する物事)を高めることによって、敬意を表す敬語です。

「社長が話された。」

「お客様がご出発になる。」

「お客様、こちらをご覧ください。」

といった使い方をします。

尊敬語の注意点としては、「れる」「られる」で尊敬を表しますが、例外もあります。

「食べられる」や「言われる」は、そのままでは尊敬の意味にならない場合もあることです。「食べられる」は「食べることができる」と可能の意味になったり、「言われる」は「言われてしまう」のように受け身の意味になったりします。

そのため、それぞれ「召し上がる」「おっしゃる」という尊敬動詞を使うほうが適切な場合があるのです。

謙譲語

謙譲語のポイントは、「お(ご)…する」をつけることです。

自分や自分の側に立つ人の動作(あるいは、自分や自分の側に立つ人に関係する物事)を「へりくだらせる」ことによって、逆に相手を敬う気持ちを表す敬語です。

「課長にご報告する」

「部下が拝見します」

「勉強いたします」

といった使い方をします。

丁寧語

丁寧語のポイントは、「〜です。〜ます。」をつけた言い方になることです。話し手(書き手)が、聞き手(読み手)に対して、改まった気持ちで丁寧な言い方をする敬語になります。

「あの人は、私の友達です。」

「それでは、またあとで連絡します。」

このように、語尾に付けることで丁寧語となります。

よく使う敬語一覧 「尊敬語」と「謙譲語」(動詞編)


尊敬語と謙譲語の一覧です。

尊敬動詞や謙譲動詞を使う方がすっきりと表現できることが多いので、この機会におさらいをしてみてください。中でも、「する」は使うことが多いです。たとえば、「勉強する」は尊敬語が「勉強なさる」、謙譲語が「勉強いたします」です。

よく使う動詞を載せていますので参考にしてください。

尊敬語 謙譲語
する なさる、される いたす
 言う おっしゃる 申す、申し上げる
 食べる 召し上がる  いただく、頂戴する
 行く いらっしゃる、行かれる  参る、伺う
 来る  見える、おいでになる、お越しになる  参る
 見る  ご覧になる  拝見する
 与える  くださる  さしあげる、あげる、お届けする
 知る  ご存じ  存じる、存じ上げる
 もらう  お受けになる  頂戴する、いただく、賜る

 

よく使う敬語一覧 「尊敬語」と「謙譲語」(名詞編)


動作だけでなく、「人」に関連する物事にも「尊敬語」「謙譲語」があります。表にして名詞編としてまとめましたので、参考にしてみてください。

たとえば「社長のご両親」と「わたくしの父母」、「御社のお品物」と「弊社の粗品」など、言いたい人やモノは同じですが、言い方を変えることによって敬う気持ちを表現します。

表の見方として、名詞→尊敬語→謙譲語となっています。

会社 御社、貴社 弊社、小社
貴店 弊店
訪問 ご来社、お立ち寄り、お越し お伺い、ご訪問、参上
文書 ご書面、貴書 書面、書中
住居 お住まい、お宅 小宅、拙宅(せったく)
家族 ご一家、ご家族の皆様、ご家族様 私ども、一家、家族一同
物品 お品物、ご厚志 粗品、寸志
両親 ご両親様 両親
新聞、雑誌 貴紙、貴誌 小紙、小誌、弊紙、弊誌
夫/妻 旦那様、ご主人様/奥様、令夫人 主人、旦那/家内、女房

よくある間違いビジネス敬語一覧


ビジネスの場面で使われる表現のなかには、敬語表現ではないもの(あるいは、間違った言い方)があります。よくある間違いビジネス敬語表現をまとめましたので、自分が普段使っていないか確認してみてください。なお、カッコ内に正しい表現を記載しています。

  1. 了解しました(承知しました)
  2. すいません(申し訳ございません・ありがとうございます)
  3. なるほどですね(おっしゃる通りです・おっしゃる通りだと思います)
  4. ~になります(~です・~でございます)
  5. ~の方です(「~の方」自体が意味をなしていないため省略する)
  6. お名前を頂戴できますか(お名前をお聞かせいただけますか・お名前を伺ってもよろしいですか)
  7. とんでもございません(とんでもないです・とんでもないことでございます)
  8. ~よろしかったでしょうか(~よろしいでしょうか)
  9. 本日はお休みをいただいております(本日は休みを取っています)
  10. ご覧になられる(ご覧になる)
  11. お越しになられました(お見えになりました)
  12. どちらにいたしますか(どちらになさいますか)

ポイントまとめ

尊敬語

尊敬語のポイントとしては、「れる」「られる」をつける・「お(ご)…になる」をつけることです。例えば、「来られる」「お書きになる」「いらっしゃる」「ご両親」「ご子息」といった使い方です。

謙譲語

謙譲語のポイントとしては、「お(ご)…する」をつけることです。主に自分を「へりくだらせる」ことで表現します。例えば、「お待ちする」「参る」「父母」「愚息・せがれ」といった使い方をします。

丁寧語

丁寧語のポイントとしては、「〜です。〜ます。」をつけることです。例えば、「私は歩きます。」「ご飯を食べます。」「駅へ行きます。」といった具合です。

まとめ

3つの敬語の中でも、特に尊敬語と謙譲語の違いについて紹介しました。言葉遣いを見直すことで、ビジネス場面でのあなたの印象が変わる可能性もあります。丁寧語は比較的わかりやすいですが、尊敬語と謙譲語の違いはいまいち分かりにくい、という人も多いのではないでしょうか。どんどん語彙を増やしていき、「お食べになってください」ではなく「召し上がってください」の方が正しい言い方であることを、感覚として身につけていくことがおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

ページ上部へ戻る