アプリ開発は儲かる?アプリ開発で収入を得る方法とは

  • 2017-11-4

最近、IT業界は景気が良いという話をよく耳にします。AppStoreやGooglePlayを見ると、個人で開発した有料アプリがけっこう売れています。 今回は、アプリ開発でどのくらい儲かるのかについて解説していきます。

アプリ開発で収入を得る方法


アプリ開発で収入を得る一番確実な方法は、IT企業に就職してアプリ開発を行い、給料をもらうことです。つまり職業にしてしまうという方法です。
会社員になればギャンブル要素が無いので、収入は安定しています。
それ以外の方法としては、以下が考えられます。

・有料アプリを作って販売する
・アプリ内に広告を埋め込んで、広告収入を得る
・フリーランスでアプリ開発を請け負う

それでは、それぞれの概要を見ていきましょう。

有料アプリの販売


作成したアプリを販売する方法です。ダウンロード販売ができるので結構手軽な方法と言えます。PC用の場合は、こうした個人が作成して販売するアプリをシェアウェアと呼んでいます。AppStoreやGooglePlayでの販売も、基本的にこのスタイルです。
販売金額はまちまちですが、だいたい300円くらいから1,000円くらいが相場です。最近は低価格化が進み、1,000円を超えるものはほとんどありません。300円〜500円が主流です。

有料アプリの場合、売れるためには他のアプリとの差別化が絶対条件となります。似たようなアプリが無料で配布されていたら、絶対に売れないからです。
有料アプリで儲けられるかどうかはアイディア勝負です。ニッチなニーズを拾えれば、売れるかもしれません。
普段からアイディアを書き留める習慣をつけるなど、開発の技術力以外の部分でも努力が必要です。
ただ、販売すること自体の敷居は低いので、チャレンジしてみるのもおもしろい方法であると言えます。

広告収入


作成したアプリは無料で配布し、そのアプリ内でアフェリエイトの広告を表示させて、ユーザが広告をクリックすると収入が入るという仕組みです。有料アプリと比べると、無料なのでダウンロードしてもらえる可能性はかなり高くなります。アプリ内で広告を表示させるためには、アフェリエイト用のライブラリを利用するのが簡単です。

アフェリエイト用のライブラリには色々な種類があります。

AdMob

Googleが提供する広告サービスです。手軽に利用できるのが特徴です。また、Googleなので広告量も多く、クリックしてもらえるチャンスも増えます。

Nend

日本向けの広告のクリック単価が高いとの評判のライブラリです。最近はAdMobよりNendが使われるケースも増えてきました。

AdColony

スマホ向けのライブラリです。アプリ内で動画を流して、ユーザが最後まで見たら収入が得られるという方式をとっています。

広告収入でも受けるには、ユーザが広告をクリックするように、アプリ内で上手く誘導できるかどうかがポイントとなります。
無料アプリが溢れる中で有料アプリを売るためにはかなりのアイディアが必要ですが、広告収入のビジネスモデルでは、ダウンロードまでの敷居はかなり低くなりますので、こちらを検討してみるのも手かもしれません。

フリーランスで開発を請け負う


インターネット上の在宅ワーク系のサイトを使って、簡単な開発を個人で請け負い、収入を得る方法です。開発規模にもよりますが、1万円〜50万円くらいの収入になります。
ただし、同じようなことを考える人は多く、開発案件の募集が1人なのに対して、応募が30人などというケースが普通にあります。そうなると、他の開発者と比べてどれだけ売りがあるかが勝負となります。競争に勝つためには、何かの言語に秀でているとか、特定のフレームワークをよく知っている、といった、クライアントにアピールできる技術を習得しなければなりません。

これをするくらいなら、普通にIT企業に就職した方が良いのではないかとも思いますが、例えば現在大学生で、将来的にIT企業への就職を希望して勉強しているから、開発経験を積んでおきたいといった場合には良いかもしれません。
開発そのものを楽しみたい、という場合は、この方法ではなく、有料アプリの販売や、広告収入を狙ったアプリの開発をやった方が良いでしょう。

まとめ

今回は、アプリ開発でどのくらい儲かるのかについて解説してきました。
アプリで収入を得るには、IT企業に就職するか、有料アプリを売るか、無料アプリ内の広告収入を狙うか、フリーランスで開発を請け負うか、といった方法が考えられます。
いずれにせよ、アプリ開発で高額収入を得るのはなかなか難しいでしょう。
ただ、アイディア勝負なところもありますので、良い考えさえあればアルバイトするよりも高収入を得られるかもしれません。

ページ上部へ戻る