週末起業と副業の違いは?成功するコツや事例が知りたい

起業をして収入を得るまでには時間がかかります。そんな中、本業を続けながら起業をする「週末起業」という方法が注目されています。ゼロから起業するにはお金、顧客の確保、市場で生き残るための経営を計画的に進める必要があります。週末起業であれば生活の安定性があり、成功すれば独立のチャンスにもつながります。

週末起業と副業の違い

本業を行いながら別の仕事をするという点では両方とも共通ですが、副業は誰かに雇用されてお金を稼ぐことです。つまり時間を対価としてお金をもらいます。一方、週末起業は自分が事業主になります。つまり自身のスキルやアイディア、能力を対価としてお金をもらいます。

週末起業の特徴はアイディアさえあれば誰にでもできること。ただし、逆に言えば思った通りの利益が出るまで続けなければ意味がないため、忍耐のない人は成功しにくいという特徴があります。週末起業に興味を持った人は、一度成功者のブログや本などを読んでどんなものか研究してみるといいですね。決して焦らず、しかも継続的に仕事をして続けることが週末起業成功の大きな鍵と言うことができます。

週末起業のメリットとデメリット


週末起業のメリットは「〜いついつまでにこれをしなければならない」「〇〇円の売り上げを達成しなければならない」という義務やノルマがないこと。自分でビジネスを起こすわけですから上司に命令されるわけでもありませんし、気の合わない同僚と職場で顔を合わせるストレスもありません。本業を続けながらできるので収入源を確保できるのも週末起業の大きなメリットです。

とはいえ、自分のアイディアが即収入につながる人はそれほど多くはありません。週末起業を始めた初日から儲けが出ることはまずないので、その辺は過剰な期待をかけない方が無難です。一度軌道に乗ってしまえば時間的余裕もできますが、最初のうちはせっかくの週末も家族と一緒に過ごす時間をビジネスに回さなければならず、憩いの時間が減ってしまうこと。平日は会社で働き、週末は別の事業をという働き方は身体を酷使することに繋がるため、無理をすると体を壊すこともデメリットに挙げられます。

週末起業で成功事例の多い業種は?

週末起業では基本的に何でも自分の好きなことができますが、闇雲に業種を選ぶと効率よく稼ぐことができません。

そもそも起業をするのであれば、自分の好きなことや夢だったことを仕事にしたい!と思う人もいるでしょう。しかし実業家の堀江貴文氏は、自分が好きなことを商売にするのではなく、確実に上手くいく商売から始めた方が良いと述べています。ポイントは「利益率が高いこと」「在庫を持たないこと」「定期的に一定額の収入が入ってくこと」「資本があるいは小資本で始められこと」の4つです。

本業の傍ら、土日や平日の空き時間で仕事を行うとなると作業ができる時間も限られますので、根気よく事業を続けるためにもこのポイントは参考にできるでしょう。

例えば、週末起業の中でも資本がほとんどいらない=リスクが最低限なのは「ブログメディアの構築」です。自分の好きなこと、興味のある事をブログに書いて商品を買ってもらうと利益が発生するというのがブログでの稼ぎ方です。これなら週末にコツコツと作業するだけなので、本業にも支障が出にくいでしょう。

文章を書くのが苦手だけど、商売のセンスがある人ならネットショップを開業するのも手です。ネットショップのメリットはお客から注文を受けてから仕入れ、販売をすれば在庫を抱えるリスクはありません。また「BASE」など無料でネットショップの開業ができるサイトもあります。初期費用もあまりかからず始めやすいです。

忘れてはいけない税金関連の手続き


週末起業を始めるにあたっては税金関連の手続きに関してもしっかりと知識を得ておきましょう。サラリーマンの場合は「給与所得」を得ているので、納税事務は会社の経理が代わりにやってくれますが、自分が起業主になると税金の手続きも自分でやらなければなりません。サラリーマンが本業以外の収入を得た場合には「雑所得」として分類されますが、この雑所得が年間にして20万円以下である場合、申告は不要ですし納税義務もありません。

所得が20万円を超える場合には個人事業主として申告しなければなりませんので、その辺りのノウハウについて勉強したい人は週末起業のセミナーに行ってみるのもいいですね。損をしない手続き方法をきちんと学んでおくと後々役に立ちます。

週末起業をするときに気を付けること


週末起業では自分の好きなことをやるわけですから、つい熱中してしまって夜遅くまで作業に没頭し、月曜の朝は疲れた顔で会社に出勤…なんていうことにもなりかねません。週末起業を上手に続ける方法は、「本業を絶対におろそかにしない」ということ。

週末起業は自分が上司ですから好き勝手ができる一方で、「固定収入の保証はどこにもない」という大きなリスクを抱えています。ですから脱サラを目的で週末起業を始めた人でも、ビジネスが軌道に乗って潰れる心配はまずないという所まで到達するまでは飽くまでも週末起業を副業と捉え、本業の方をメインに仕事をしていくべきです。

まとめ

いかがでしたか。週末起業はただ単に収入を増やしたい人はもちろん、自分の夢を実現したい人にもぴったりのビジネス手段。リスクを最低限に抑えて長期的視点で利益を出そうと考えるのが週末起業で成功するコツです。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る