初心者必読!PHPの開発環境構築をする前に知っておきたいこと

  • 2017-11-6

PHPはWeb開発に最適なスクリプト言語です。最近とても人気が高まっていて、有名サイトでもPHPが使われるようになってきました。 そこで今回は、PHPの開発環境構築をする前に知っておきたいことについてご紹介します。

エディタを導入する

プログラミングではエディタが重要

PHPに限ったことではありませんが、プログラミングをするにはテキストエディタが非常に重要です。プログラミングの大半がテキストエディタへの打ち込みだからです。長時間のプログラミングを行う際、使いにくいテキストエディタだとストレスが非常に高くなってしまいます。逆に作業しやすいテキストエディタなら、開発効率はぐっとあがります。
テキストエディタの大半は無償で入手できますので、以下の基準を参考に複数のテキストエディタを試してみて、使いやすいものを選んでください。

①色分け表示をしてくれる

PHPの予約語や変数、文字列などを色分けして表示する機能です。この機能があると、プログラムソースが格段に見やすくなります。

②矩形選択ができる

普通のテキストエディタは行選択しかできませんが、一部のテキストエディタは矩形で選択できます。この機能があると、ブロックコピーができるので作業が捗ります。

③コード補完をしてくれる

予約語や変数を途中まで入力すると、該当する候補を表示してくれる機能です。全部タイピングしなくて済みますし、クラスメソッド名をど忘れしても候補から探せるのでとても便利です。

④静的構文チェックをしてくれる

タイプミスなどや文法誤りをチェックしてエラーを表示してくれる機能です。あるととても便利ですが、ここまで対応したテキストエディタはかなり限られます。

総合開発環境(IDE)を構築する

IDEとは

IDEは、Integrated Development Environmentの略で、プログラム開発に必要なツール一式を統合して使いやすくまとめたものです。ツールとしてはテキストエディタ、デバッガなどがあります。統合されているため、コーディングしてすぐに実行し、そのままデバッグでき、作業効率が格段にあがります。

フレームワークとは

フレームワークは、アプリケーション開発を効率よく行うための仕組みです。開発をしやすいモデルを自動的に適用したり、共通的な処理を初めから用意してくれたり、プログラムを書くためのひな形を提供してくれたりと、多彩な機能を持っています。小規模な開発ではあまり必要性を感じませんが、規模が大きくなると、フレームワークを利用したほうが開発効率が高くなります。

IDEとフレームワークの違い

IDEとフレームワークは、どちらも開発効率を高めるためのものですが、明確に異なります。IDEはプログラミングそのものを効率的に行うためのツール群であるのに対し、フレームワークは、アプリケーションの枠組みを提供してくれることによって、結果的に開発効率がよくなるというものです。フレームワークは、そのアプリケーションの骨組みになるため、一度採用すると他のフレームワークに変更することができません。対してIDEはプログラム作成のツールですので、いつでも別のIDEに変更することができます。

ミドルウェアを導入する

ミドルウェアとは

一般的には、コンピュータの基本的な制御を行うオペレーティングシステムと、各業務処理を行うアプリケーションソフトウェアとの中間に入るソフトウェアのことを指します。ただ、このあたりは曖昧で、「なにか」と「なにか」の間に入って処理を手助けするソフトウェアを広い意味でミドルウェアと呼んだりします。PHPの場合、Webサーバの処理とPHPの処理の間に入って、Webアプリ構築を手助けしてくれるソフトをミドルウェアと呼んでいます。

ミドルウェアでできること

PHPのミドルウェアの典型は、RequestとResponseのそれぞれについて、WebサーバとPHP処理の間に入って、前処理や後処理を行うものです。これを利用することで、一律同じことをRequestやResponseに対して行わなければならないときに、随分と楽ができます。例えば認証処理であったり、XSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)などの攻撃からシステムを守ったり、ということが簡単にできます。

Webサーバー

クラウドサービスとは

クラウドサービスは、インターネット上に公開されているWebを使ったサービスの一種です。サービスを提供している側の事情(どんなOSを使っているか、DBは何か、処理能力はどのくらいかなど)を気にせず、サービスだけを気軽に利用できるのが特徴です。提供側は「雲の向こう」にあるので、クラウドサービスという呼び方をします。

クラウドサービスを活用するメリット

クラウドサービスを使うと、ローカルに色々な環境を構築しなくても、サービスだけをすぐに利用できるというメリットがあります。SaaS(Software as a Service)と呼ばれる形態です。また、クラウドサービスの中には、サーバをまるごとクラウド上に構築できるものもあります。この場合、初期費用が不要、必要に応じてリソースを加減できるなど、自前でサーバを持つよりもメリットがあります。

まとめ

今回は、PHPの開発環境構築をする前に知っておきたいことについてご紹介しました。PHP言語を覚えることも大切ですが、それを取り巻く様々な環境についても知っておくことが大事です。

ページ上部へ戻る