PHPでライブラリを使うには?おすすめのライブラリ紹介

PHPは、Webアプリ開発に最適なスクリプト言語です。とても手軽に開発できるため、様々なWebサイトの構築に利用されています。PHPの特徴のひとつに、その豊富なライブラリがあります。 今回は、PHPでライブラリを使う方法と、おすすめのライブラリをご紹介します。

PHPのライブラリとは?


「ライブラリ」とは、共通的に使用できる便利な機能をまとめたものです。この言葉自体はPHP専用ではなく、他のプログラミング言語でも同じ意味で使います。

何ができる?

ライブラリを使うと、その機能を呼び出すだけで、複雑な処理や共通的な処理を行うことができます。ライブラリが無ければ、すべてを1から作らなければなりません。ライブラリは、開発効率を大幅に高めてくれます。

ライブラリの種類

ライブラリは大きく分けて「静的ライブラリ」と「共有ライブラリ」があります。さらに、共有ライブラリの中には「動的ライブラリ」があります。

静的ライブラリ

プログラムのコンパイル時に実行ファイルに組み込まれるライブラリです。「実行速度が速い」「一度コンパイルすれば、その後の動作が変わらない」という特徴があります。その代わり、「実行ファイルのサイズが大きくなってしまう」「ライブラリが更新されたら再度コンパイルしなければならない」というデメリットがあります。

共有ライブラリ

プログラムの実行時に実行ファイルに組み込まれるライブラリです。共有ライブラリは実行ファイルとライブラリが分離されているため、ライブラリを更新したときに実行ファイルの再コンパイルは不要です。複数の実行ファイルから共有できるため、共有ライブラリと呼ばれます。

実行ファイルにライブラリを組み込むことを「リンク」と言いますが、リンクには「静的リンク」と「動的リンク」の2種類があります。静的リンクは、実行ファイルの実行開始直前にリンクされる方式です。

一方、動的リンクは、実行ファイル内で、そのライブラリが使用される直前にリンクされる方式です。動的リンク方式のライブラリを「動的ライブラリ」と呼びます。

PHPのおすすめライブラリ5選

Upload

ファイルのアップロード環境を構築できるライブラリです。ファイル形式やファイルサイズの上限指定をセットすることができる、便利なライブラリです。

SwiftMailer

手軽にメールを送信できるライブラリです。プレーンテキストのメールからHTMLメールまでサポートしています。また、添付ファイル付きのメールを送信することもできます。

Carbon

日付処理を助けてくれるライブラリです。DATETIME型の細かい処理を行うことができます。また、日付計算用の関数が数多く用意されていて、とても便利です。

sentry

Webサービスに認証機能を構築することができるライブラリです。認証機能にあると嬉しい「Remember me」機能もあり、人気があります。

Mobile Detect

サイトにアクセスしたユーザがパソコンかモバイル端末のどちらからアクセスしているのかを判断するためのライブラリです。

PHPのライブラリの作り方

ライブラリのインストール方法

PHPのライブラリは手動でもインストールできますが、「Composer」という管理ツールを使うと、手軽にインストールできるようになりますので、まずComposerをインストールしましょう。
Composerのダウンロードページからダウンロードできます。ここにある「Composer-Setup.exe」をダウンロードして、ダブルクリックしてインストールします。インストール後、下記のコマンドを実行して正常にインストールできたか確認します。

> composer -V

バージョンが表示されれば正常にインストールされています。composerを使ってライブラリをインストールするには、composer requier ベンダー名/ライブラリ名というコマンドを実行します。

ライブラリの確認方法

composer requierコマンドでライブラリをインストールすると、composer.jsonというファイルが作成されます。ライブラリが正常にインストールされていれば、このcomposer.jsonにそのライブラリ名が記載されます。

まとめ

今回は、PHPでライブラリを使う方法と、おすすめのライブラリをご紹介しました。ライブラリは自分のプログラムに組み込むだけで便利な機能をまとめて利用することができます。ライブラリのインストールにはcomposerを使うと便利です。composerにはオートローダーという機能もあって、コードへのライブラリの組み込みを自動で行ってくれます。PHPの開発には、ぜひライブラリを活用しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る